FC2ブログ
  • 掛け軸は、萬福寺の偉いお坊さんが書いてくれたものだそうですいつもの立山お精進特有の胡麻豆腐で、作り方が異なります枝豆の擦り流し&じゅんさい夏を感じる一品器も素晴らしい、和食器です定番の雲片例年より葛のトロミが濃いめに感じましたが、これはこれで美味しい白芋茎とオクラの鮨オクラを裏返すと・・・八寸上から、じゃが芋の揚げ饅頭、中身は生姜と葱のきざみ・胡瓜などの白和え・巨峰のきな粉まぶし・青柚子の皮の蜜煮・... 続きを読む
  • 今まで、毎年8月にお精進を食べるため、7月のお料理の機会がありませんでした。どうしても食べたくて、今年は、7月、8月と連続です。いつもの立山肉厚の蒸鮑・トロロと新茶の豆腐やや鰹が勝った出汁加減が素晴らしい。当然、飲み干しました。雲丹・車海老・鯛の松皮造り牡丹鱧・翡翠茄子・じゅんさい薄味の出汁加減、好みです。甘みたっぷりの茄子も素晴らしい。衣かつぎもしっかりと味がついていました。出てきた時は、煙が立... 続きを読む
  • 食前酒は、黒帯金沢福光屋のお酒ですここの古酒「百々登勢」は大好きで、定期的に飲んでいます食中酒は、蓬莱泉「空」「空」そのものは大変美味しいのですが、食中酒としては華やか過ぎるかもしれませんお品書きはありません雲丹・赤車海老・温泉玉子・アボガドのジュレ掛けお椀は、玉子豆腐・鱧葛打ち出汁加減は、まずまずでしたが、玉子豆腐の食感は平凡造里鰹のたたき・鱸・剣先烏賊烏賊の甘さは感じませんでした鱧です焼いた石... 続きを読む
  • 伊勢市内に新しくできた温泉宿「千の杜」という大型旅館の別邸ですこの御品書きを見た時、食べきれるんかいなと思いました食前酒は「白鷹」、神宮御料酒とのこと一見、見栄え良く作ってありますが、文字通り 「味より見栄え」この後の興味が醒めてきました選んだ酒は、「作 玄乃智」、一合1000円也伊勢志摩サミットで供された、鈴鹿の清水酒造の酒です部屋出しの欠点がモロに出て、冷めたお椀写真でも判るように、汁の部分も... 続きを読む
  • 車の買い替えの際、ディーラーから食事券を貰いましたミッドランドスクエアで映画を観た後に訪れました差額を支払って、座敷でのコースに変更掘り炬燵の個室ですお店の方から、何かの記念日かとの問い合わせ5月は誕生日の月でもあり、誕生日のお祝いと答えておきました「寿」の掛け軸嵐山の時は「目出度」の掛け軸こういう演出は、流石です窓からの眺め左側のビルは、大名古屋ビルヂング遠くには名古屋城まずは梅昆布茶お品書きは... 続きを読む
  • 第四弾このお店は、我が家からわりと近い場所にありました千種税務署のすぐ傍のマンションの一階です店内は、六席のカウンターと、二人用のテーブル席が二つ最初に口取りが出ました「豆・貝・もろきゅう」でしょうかここでも天せいろを頼みましたそばつゆは、やや辛目といったところで、好みの味でしたそばは細めですが、香りは感じました天麩羅はつゆでなく、塩で食べます石垣島の塩とのこと、華やかな味の塩です海老は、一尾味は... 続きを読む
  • 第三弾は、ここ名鉄瀬戸線の大森・金城学園前駅のすぐ近くですええっ~と思った店構えでした店内は、昔ながらの店屋物店さんといった趣ここでも、天ざるそばそばは、いたって普通そばつゆは甘目が好みの私にとっても甘すぎ天麩羅のボルームは生半可ではありません一番下に、海老天がいました天麩羅の味も、ごく普通そば湯は、かなり薄め... 続きを読む
  • 第二弾は、ここ出来町通引山交差点のすぐそばですかなり昔に来て、がっかりした記憶があるのですが、定かではありません開店時間ちょうどに入店したのですが、数組のお客が来ていましたそば茶は、美味しかったですここでも「天せいろ(天然車海老)」を注文そばつゆは辛目コシもあり、香りも、しっかりとしていました天麩羅は残念だったですね衣がカラっとしていなくて、ベトベトでしたここでは天麩羅は避けた方が良いかもしれませ... 続きを読む
  • 知人からお勧めの蕎麦屋さんを何軒か教えてもらいましたまずは、第一弾お店は、都通りにあります「天ざる(活車海老付き)」です(更級そば)蕎麦の味は、あまりしませんでしたそばつゆは、辛目天麩羅が美味しいとのことでしたが、本当に美味しかったですそば湯は、薄口... 続きを読む
  • 出来上がったばかりの暖簾だそうです茶花の大山蓮華珍しい酒が入ったとのことで華やかな香りで、とても美味しいのですが、料理とは喧嘩するかもしれません丁度、鄙願(越後流)と大吟醸大洋盛の関係のように肉厚の素晴らしい鮑勿論、出汁汁は飲み干しました赤貝・雲丹・じんめ鰈(星鰈)とても甘い鰈でした鰈も、ものによっては平目より美味しいですねポン酢は飲み干しました次は、いつもの立山鯛と木の芽餡銀餡の品の良さは、他の... 続きを読む
  • 花は、梅に椿掛け軸の書は、「鄙願」のラベルを書いた陶芸家・書家・漢詩人・篆刻家である小林東五氏のもの。いつもの立山蒸鮑・蕪の炊合せ薄味の汁を飲み干しました。河豚の焼き霜・ポン酢炙ることによって、甘みがしっかりと出ていました。河豚の白子の塩焼き・うるいの酢味噌かけ白子の塩加減が絶妙。絶妙な塩加減を楽しませてくれるお店は、今は亡き「蓬莱」と、ここだけです。百合根饅頭・きくらげ・鼈甲餡百合根饅頭の皮の食... 続きを読む
  • 今年も、お精進の季節がやってきました。ベネチアングラスの器を、花器に使っています。日本酒は立山梅の蜜煮絶妙な甘さ胡麻豆腐香り、食感、何も言うことなし。定番の雲片野菜の滋養たっぷり、優しい味です。牛蒡の飛龍頭と冬瓜昆布と野菜の出汁です。氷をかきわけると、翡翠茄子・酢蓮根・吉野の極細素麺・穂紫蘇茄子の翠が綺麗です。八寸無花果の胡瓜掛け・・・胡瓜の青臭さを取るのに膨大な手間暇がかかっています。じゃが芋の揚... 続きを読む
  • ミッドランドスクエアへ映画を観に行ったついでの昼食です。まずは、あられ茶秋の彩り御膳~名物湯葉桶付き~先附豆腐です。ここは湯葉の専門店。造り鮪・湯葉湯葉は、さすがに美味しい。椀物卵豆腐と素麺昆布・鰹、中途半端な出汁加減でした。八寸ほおずきの中は薩摩芋切子のグラスの中は無花果白身魚の押し寿司煮物炊合せは、優しい味付け。名物湯葉桶たっぷりと湯葉が入っていました。これだけでかなり腹一杯に。御飯・止椀・香... 続きを読む
  • 久しぶりの訪問ですガラスの向こうで、鰻を焼いていますまずは生ビール、骨煎餅も付いています刺身は、鮑・鮪・平目まずまずの刺身でしたただ山葵は、本生本わさびと思える味私は、特上丼身の厚さもしっかりあり、なかなかの味でしたしかし残念なのは、ご飯芯があるような硬さで、甘みもなしタレご飯を楽しむことはできませんでした。肝吸いの出汁は、しっかりしていました漬物お茶しっかりと香りは出ていました相方は、特まぶしや... 続きを読む
  • 花屏風あざみは、女将が岐阜で摘んできたものだそうです。掛け軸お客さんが書き残していったのものを、装丁したしたとのこと。大好きな酒器蒸し鮑・玉〆・じゅんさい素晴らしい出汁加減、すべて飲み干しました。車海老・鳥貝・星鰈歯応え、甘みとも文句なし。特に星鰈には感激。醤油とポン酢相変わらず美味しい。すっぽん鍋:蓬麩・冬瓜臭みも無く、とろみも丁度の加減。まさに本物の味です。鮨赤身は、好みからいくと、少しばかり... 続きを読む
  • 千種区の末盛交差点の近く、大通りを少し中に入ったところにあります。食前酒は、「黒帯」頼んだお酒は、「空」先附は、桜海老の天麩羅・蓬胡麻豆腐・たいらき・お多福・ポン酢のジュレ桜海老は美味しかったのですが、胡麻豆腐は香り不足。椀物蛤の海苔巻・卵葛豆腐・ぜんまい鰹の香りが無く、昆布出汁かと思ったのですが、どちらかというと腑抜けな出汁加減でした。蛤の身はとても小さい。造里鰹・平目・烏賊新鮮さも甘さも不足気... 続きを読む
  • ネコヤナギと寒椿酒は立山大好きなグラスで金柑の蜜煮とても上品な甘さ蒸し鮑・菜の花・山芋薄味ながら、しっかりと出汁が効いています。鰹・河豚厚身の河豚は焼き霜にいつもながら美味しいポン酢素晴らしく美味しいツマお代わりを貰えました。ツマの良し悪しは、お店の格を表しますね。焼湯葉・蕪・すっぽんすっぽん独特の臭みをしっかり取り除いていながら、身の美味しさは充分残っています。絶妙の調理ではないでしょうか。蕪も... 続きを読む
  • 国際センタービル東側の裏道、円頓寺商店街に至るまで所々に食べ処があり、単なる裏道とは思えません。以前、見かけなかったこんな建物がありました。ここから入ります。中には、数軒の食べ物屋さんがありました。その中の一軒です。7席ほどのカウンター席。奥には、5人程度の半個室がありました。8月に開店した、ほやほやのお店です。大将は、柊家さんや祇園の割烹など京都で12年間修行され、今年、郷里の名古屋に帰ってこら... 続きを読む
  • 見た瞬間、「秋ですねえ~」今年は松茸が早く、「ひょっとして、もう駄目か」と思っていたのですが・・・大好きな酒器。ばちこの玉〆仄かな香りが、何とも言えません。一見、八寸ですが、先附です。素晴らしい、お皿。いくら・白子・鯛鮨・無花果のゴマだれ・八幡巻・銀杏見ているだけでも楽しいですね。味は、もちろん文句無し。鮪の中トロ、下には赤身・蛸の湯引き、菊菜と白きくらげのお浸し。品の良い鮪。吉乃で食べた大間の鮪よ... 続きを読む
  • ひっそりと目立たない店構えでした。少し早すぎたのでしょうか、ガラガラでしたが、すぐ満席になりました。一番辛口のあ酒とのこと。確かに切れ味のあるお酒でした。揚げ茄子を真鯛でくるんで、上の丸いのはオリーブオイル。とてもセンスの良い味。鶉の半熟玉子の燻製を、中トロで巻いたもの。上にはキャビア。キャビアの生臭さが、後味を壊していました。山葵なら、後味がすっきりとすると思うのですが。イクラの醤油漬、上は大根... 続きを読む
  • 一年半ぶりの訪問です。多治見駅に降り立った時、綺麗な夕焼けを見ることができました。掛け軸は「月」に「ススキ」でしょうか。お花はコスモスいつもながら、吉田蔵大吟醸老茸(黒皮茸)、美山荘で出たことがあります。ほろ苦い味。下には毛蟹の和え物。上には春菊を煮詰めたもの。流石に美味しい。焼茄子・地元の松茸・占茸と銀杏の真丈ほんの少し、昆布出汁が足りないような感じがしました。鯛の造り・雲丹を忍ばせた利休餡胡麻... 続きを読む
  • ヨーロパから帰ってすぐに、真っ当な日本料理を食べたいと思い訪問しました。酒は、賀茂鶴純米吟醸胡瓜の白和え癖のない美味しさです。鯖の押寿司・出汁巻きこれは美味しかった。変な生臭さは、まったくありません。鮪・キジハタまずまずといったところでしょうか。茄子と渡り蟹の吉野煮薄めの葛ですが、渡り蟹の香りがホッとさせます。鰆寒鰆にしては早いでしょうが、なかなか美味しい味でした。冬瓜のお浸し上品な出汁加減脂の乗... 続きを読む
  • ベネチアン・グラス昨年の精進の「花火」と同じ工房とのこと床の間に、お花清課堂の錫器まずは、蓮の葉に包まれて。白芋茎・山芋の摺り下ろしを寒天で・茗荷の甘酢漬出汁の味といい、えもいわれぬ味わい。ほのかな胡麻油の余韻が口の中に拡がります。野菜の慈養たっぷりの雲片ご飯にかけても、さぞ美味しいことでしょう。隠元・南瓜・海老芋南瓜の味付けは最高ひろうすは、出来立ての味。葡萄とオロシ大根の味わいは絶妙梅・青柚子... 続きを読む
  • 映画鑑賞のついでの昼食です。まずは、定番の香煎茶。食前酒は「吉兆貞翁」この後は映画なので、少しばかり日本酒を。これも「吉兆貞翁」。松花堂弁当です。先附は、鱧・オクラ・若布・ジュレ海老真丈と胡麻豆腐かなり濃い味の出汁でした。京都の中でも濃い味の嵐山よりも更に濃い、名古屋味にしているのでしょうか。胡麻豆腐のもっちり感は素晴らしい。蓋を取ると、焼き魚から湯気が立ち上ります。太刀魚の炙り・帆立・鮪・ちり醤... 続きを読む
  • 酒は、賀茂鶴純米吟醸冷酒は、これ一種類だけです。雲丹とズッキーニ、ジュレかけしっかりとした出汁が利いています。トウモロコシ・空豆の天麩羅とても甘いトウモロコシ、空豆の香りも面白い。イサキの押し寿し・出汁巻き・鮪の中トロ・カマスの炙り炙った香ばしさは大好きです。出汁巻きは、流石に美味しい。鱧・牛蒡牛蒡の香りが面白い。時鮭・新生姜・青梅の蜜煮時鮭は、あっさりとした味。長崎牛のタタキ・新じゃがの素揚げ・... 続きを読む
  • 掛け軸は鯉、花は泰山木。この時点では、花は開いていません。この日は、江戸切り子。蛸とだついもの炊き合せ蛸は、とても柔らかく煮てあり、煮汁も飲み干しました。鰹・紫雲丹・炙った鰹の皮鰹の皮は絶品でした。紫雲丹は、先日の浜源と同じ味。下は平目の薄造り相変わらず抜群のポン酢。銀餡に木の芽を散らすと、木の芽餡。鯛の下には道明寺。これも、いつもながら絶品の味。上から時計回りに、湯葉・槍烏賊の卯の花和え・衣かつ... 続きを読む
  • ランチが大幅値上げになりました。槍烏賊まあ、普通でしょうか。真子鰈甘さ、まずまずです。熟成も、ちょうどといったところ。鮪のづけ鮪はづけが一番好きです。八泉のづけのほうが好みかな。赤貝素材の良さは充分感じます。鳥貝甘さはまずまずですが、身の厚みがいまいちでした。鰹今年は不漁ですが、味は良かったです。鮪のトロ品の良い味で、くどくなく美味しかった。こういうトロなら味わう価値があります。雲丹紫雲丹でしょう... 続きを読む
  • 表通りから少し入ったところにあるマンションの一階です。ここが正面玄関。店内は、カウンターのみ。雲丹と菜の花の辛子和え。雲丹に新鮮さが無く、スタートとしては少しがっかり。酒は、賀茂鶴純米吟醸。すっきりとしていて料理の邪魔をせず、飲み進んでいっても後を引くこともなく美味しい酒でした。きんきと春大根の煮付け出汁の加減がとても良く、飲み干しました。鮪の中トロ・たいら貝・マコガレイ鯵の棒鮨どれも品の良い味で... 続きを読む
  • 椿二種右に張り出した枝は黒椿とのこと。このグラスは最高。酒が一段と美味しく感じます。聖護院大根・海鼠子海鼠子は柔らかくしてありました。出汁は飲み干してしまいました。河豚の白子「うまいんだよなぁ。困ったことに。」河豚刺しポン酢が入っている容器。素晴らしいものでした。身は厚く、かるく炙ってあります。お椀白味噌仕立て。人参・ゼンマイ・小芋・南瓜の生麩鰹出汁が利いた、すっきりとした味。京都の味ですねえ~い... 続きを読む
  • 加賀屋というイメージで、これまで訪れることは無かったのですが、「期間限定懐石・松茸尽くし懐石 4500円」に釣られて入ってみました。堀炬燵の席と、仕切られたテーブル席があります。酒は、「手取川」。先附胡麻豆腐・松茸水煮・剥き胡桃前菜毬栗・柴海老・チー玉・丸十・鶏の松風・花豆・白身の昆布〆土瓶蒸しは目の前で温めます。松茸は、アメリカ産。上高地の「あずさ庵」の松茸とまったく同じ香り、味でした。出汁は、... 続きを読む

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ