レイラ再訪 (富良野リゾート・オリカ)

レイラ再訪(富良野オリカ)
08 /12 2010
「レイラ」でのグレードアッププランです。
5組用のテーブルしかないので、とても静かです。
オリカ店内

夏でも暖炉に火を入れていました。
薪が弾ける音や、燃える匂いは心地よいものです。
しかし、エコには反しているのでしょうが。
オリカ暖炉

10階なので眺めがとても素晴らしい。
しかし街の灯が少ないので暗くなると寂しい。
オリカ眺め

グラスのスパークリングワイン。
味は普通。
オリカ食前酒


オリカメニューブログ

ピュアホワイトコーンはイエローコーンに比べて味が優しくパンチに欠けます。
付き合わせのミニトマトの酸味が口直しとなっていました。
ピュアホワイトコーンとインカのめざめ(ジャガイモ)が最近のはやりのようで、あちこちで使われています。
オリカアミューズ

カレーオイルが味を引き立てていました。
オリカオードブル

パンはまずまずといったところ。
オリカパン

バターはさすがに美味しい。
オリーブオイルは普通。
オリカバター

コンソメが素晴らしい。
それに野菜の出汁が出ていて感激の味でした。
サホーク羊は思いのほかあっさりとしていました。
オリカポトフ

ワインは地のものを注文。
「シャトー・フラノ」。
熟成は感じますが、かなりあっさりとしていた。
オリカ白ワイン

たらば蟹は充分甘いのですが、蟹の臭みがわずかに感じられたことが残念でした。
オリカ魚

ブルーベリーのグラニテ。
かなり酸っぱかった。
オリカグラニテ

赤ワインは「ツバイゲルトレーベ」。
富良野の熟成ワイン。
開けたばかりよりも、空気をよく含ませると優しい味に変わりました。
オリカ赤ワイン

肉は蝦夷鹿を選びました。
思いのほかあっさりとしていました。
もう少し鹿肉らしくても良いと思ったのですが。
オリカ肉

チーズは新得の個人のチーズ工房で作ったものとのこと。
コクに欠けていました。
オリカチーズ

アスパラガスのケーキ
アスパラガスのクレームブリュレ
アスパアラガスのティラミス
甘さ控えめですが、そこにやや物足りない面も。
オリカデザート

コーヒーと小菓子は席を移して暖炉へ。
マカロンやチョコレート菓子はとても美味しかった。
オリカコーヒー

シェフが挨拶に来られました。
相方とツーショット。
オリカシェフ

「素晴らしい北海道の食材を上手に調理したら、本当に美味しいものができる」と思います。
そういう意味で、ここはまた来てもいいなと思える味でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!