和幸

和幸
12 /27 2007
有楽町からタクシーに乗り目白へ向かいました。
目的地の少し手前で降りて歩いてみましたが、目指す店はなかなか見つかりませんでした。
運転手に指示された裏道を通り過ぎたらしく、電信柱に「和幸」が手前にあることを示す矢印が貼り付けてありました。もと来た裏道を戻ると、さらなる裏道にそれらしき灯りが見えました。近づいてみるとごく普通の一軒家にしか見えない建物でした。
玄関の戸を開け大きな声で「こんばんは」というと若い女性が現れました。
和光門

和光玄関

(酒)
お勧めは「賀茂鶴」でした。
和光酒

(献立)
和幸献立 ブログ

(向附)
造りは言うに及ばず、つけ醤油の旨さが素晴らしい。
薄口白醤油にカボスと出汁を合わせたものを明石鯛につけるのですが、まさに絶品でした。本当に美味しい店は醤油の旨さが際立っています。
和光向付け2

(椀盛)
椀盛の出汁も素晴らしいものでした。それほど強い昆布出汁は感じませんでしたが、まったり感は充分に溢れていました。この2品で、この店の素晴らしさを充分感じました。
和光お椀

(口取り)
意外と平凡でした。
和光八寸

(焼肴)
まずまずの味というところでした。
和光焼き魚

(焚合)
焚合も素晴らしく感じました。鶉丸の味もしっかりしていましたし、海老芋も湯葉も京人参も味に濁りが無く、しっかりと出汁味が効いていました。
そのことを仲居さんに告げると「焚き合せを誉めてくださるお客は少ないので、煮方が喜びます」と笑っておられました。
和光炊き合わせ

(温椀)
胡麻豆腐も素晴らしい味でした。
和光豆腐

(蒸し物)
吉野葛の味や香りはあっさりしていて葛とは思えませんでした。出汁が効きすぎていたのかもしれません。
和光雲丹

(酢の物)
これは期待はずれでした。海松貝が少し生臭かったのが残念でした。
和光和光ぬた

越前蟹
いかに料理しようとも産地で食べるものには敵いません。
和光かに

(止椀)
京白味噌汁も素晴らしく美味しかった。
(御飯)茶懐石風のアルデンテでした。
和光ご飯

(水菓子)
ラ・フランスは美味しかったのですが、メロンと苺の味はイマイチでした。本当に美味しい果物一品で充分だと思うのですが。
和光果物

(御菓子)
甘さを抑えてあり菓子というよりも料理の一品という雰囲気でした。
和光お菓子

薄茶
和光薄茶

全体を通して出汁を使う料理が本当に美味しいと思いました。
量が多すぎると思い、そのことを仲居さんに告げたところ「主人は、量が物足りないと思われると申し訳ないと言って、いっぱい出してしまうのです」と笑って言っておられました。


最初の予約の電話で、値段の違いは品数の違いだと言っておられたので、我々にとってはもっと安い値段のコースでも良かったのだろうと思います。

仲居さんはまだ若そうな女性でしたが受け答えがしっかりしており、知識も生半可なものではありませんでした。従業員というよりは身内ではないかと思わせるほどでした。
最後に玄関で店のご主人が挨拶に出てこられましたが(仲居さんが板場へ大きな声で「親っさん、お客様がお帰りですよ!」と呼んだ),サービス精神に溢れた物腰で素晴らしい御方でした。一緒に写真に入ってくださいましたが、宝物となるでしょう。
小雨降る中、タクシーが出るまで玄関先で見送ってくださいました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!