FC2ブログ

ナチュレフレンチ菜 (明神館) 

洋食のメインダイニングのエントランス
ダイ1


窓際のテーブル
中にも、かなりの数のテーブル席があります。
席


グラス・ドリンクは、長野産 or 外国産の泡・白・赤から、3種・4種・5種のセレクトです。
外国産4種を注文
まずは泡、テタンジュです
泡


ふわふわのスポンジの上に、鯖のパテ
鯖というのはとても個性の強い味や匂いなので、相方を瞬殺してしまいます。
とても口当たりがよく美味しいスポンジなので、相性を考えたほうが良かったのでは。
鯖


帆立貝・雲丹、下に人参のピューレ
かき混ぜて食べるのですが、味は、まずまずといったところでした。
雲丹


ライ麦のパン
バターやオリーブオイル無しだったのですが、それだけでもとても美味しいパンでした。
パン


鯛・水蛸・パプリカ・メイヤーレモンのセヴィーチェ
スポイトの中身は、ドレッシング
素材の美味しさを充分感じました。
セヴィ


白ワイン
ドメーヌ・ルフレーヴのシャルドネ
といっても、深みはありませんでした。
白


玉蜀黍のスープ、上にパルメジャーノ
玉蜀黍の自然な甘さが素晴らしい
満足の一皿
スープ


アイナメのフリット、下に古代米のリゾット
ベアルネーズソースとマッシュポテト
マッシュポテトが、なかなかの味
魚


信州牛サーロイン・赤ワインソース
脂くどくなく、とても美味しい肉料理でした。
付け合わせの蕪も秀逸の味
肉


一杯目の赤ワイン
ベツォーレ・ロッソ・ロベルトサロット
ピエモンテのネッビオーロ
赤1


チーズ
チーズ1


この二種類を選択
しっかりとした味と香りで、とても美味しいチーズでした。
チーズ2


二杯目の赤ワイン
クロ・レ・ランバール
グラーヴのメルロー100%
赤2


デザート
桃のコンポート・クレームブリュレ・ソルベ
アングレーズソース
やっつけ仕事のデザートではなく、パティシエが作ったと思えるレベルでした。
デザート


コーヒーor紅茶の選択
コーヒー


プチフール
一個欠けていますが、相方が食べた後です。
プチ
驚くようなフレンチではなかったのですが、信州の美味しい食材を、その良さを生かして丁寧に作った料理でした。
とても好感が持てるコースでした。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ