FC2ブログ

八泉 12月(2018)

12月の訪れは、本当に久しぶりです。
今まで、12月は、お節料理で忙しいだろうと遠慮していました。
しかし、大将の「いいよ」の一言で、師走の料理を楽しむことにしました。
正面



花


お酒の種類が増えていました。
まずは、黒龍。「純米吟醸」
酒器は江戸切子。カガミクリスタル。
酒1


玉〆
これほど滑らかな玉〆は、指月とお宿うち山(中田料理長時代)以外には思い出せません。
上に乗っているのは、スッポン
玉〆


河豚の焼霜造り
造り1


甘い河豚でした
ポン酢も最高
造り2


バフンウニ
果物を彷彿させる、爽やかさと口当たり
雲丹


二種類めの、お酒
酒2


「超」(こゆる)
半田、中埜酒造です。
酒2瓶


百合根団子(中に小豆)・銀餡
本物の葛の香り一杯
銀餡


三種類目の、お酒
田酒・山廃純米酒
酒3



鮨


柴山蟹です
反対側で見えませんが、身がふっくらとはみ出し、甘さも充分。
三国や橋立などの現地以外で、これほど美味しい蟹は、指月と高台寺和久傳くらいしか記憶にありません。
菜の花・酢味噌、柿の白和え・エゴマ、蟹身の蟹味噌和え
蟹


最後は、慣れた、立山
酒4


河豚の唐揚は、絶品
とりわけ、皮の美味しさは比類ないものでした。
蕗の薹の香り、白葱の甘さも素晴らしい。
唐揚げ


辻利の、ほうじ茶
ほうじ茶


蕪・菊菜・鮑の椀物
鮑の甘さと食感は最高
出汁加減は、いつもより、ややはっきりとした味。
碗


蟹御飯
おこげが抜群に美味しい
御飯


香の物
香の物


ラ・フランスのコンポートと黒豆
水菓子


静岡の、お煎茶
煎茶
美味しいものを食べる幸せを、じゅうにぶんに味わえました。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ