FC2ブログ

アンティカ・オステリア・バーチョ

アンティカ・オステリア・バーチョ
10 /04 2018
車道にトスカーナの郷土料理を食べさせてくれるお店があると聞きました。
昨年訪れたフィレンツェのトラットリアを思い浮かべ、行ってみることにしました。
正面


店内は、まさにフィレンツェのトラットリアと同じ雰囲気です。
店内


グラス白ワイン
白1


セッラ・フィオレーゼ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ガロフォリ
マルケ州のヴェルディッキオという葡萄品種
白1瓶


お勧めの前菜
下から、牛肉のタリアータ・豚のプロシュート・焼き茄子のパルマハム巻・ツナと白隠元トスカーナ風・カンパチのタリアータ、ラビゴットソース・ブッラータのカプレーゼ・真ん中にオリーブ
想像していたものより、上品な味付けでした。
前菜


パン
パン (2)


オリーブオイル
オイル (2)


ポルチーニ茸
ポルチーニ (2)


ポルチーニのピーチ
饂飩のような食感でした
一人分を二人でシェア
パスタ (2)


二杯目のグラス白ワイン
白2


ファネッティ・ビアンコ・ サンタニェーゼ
トスカーナの、トレッビアーノ・トスカーノ・ マルヴァージア・ビアンカという品種
コクがあって、なかなか美味しい白ワインでした
白2瓶


愛知県産ハッピーポーク・アリスタ
塩漬けにしたロース肉を、ローズマリーやニンニクとともにステーキしたもの
これも一人分を二人でシェア
とても美味しかったです。
肉 (3)


グラス赤ワイン
赤


ダリア・レオポルド・プリモ・ ディ・トスカーナ
ボルゲリの、カベルネフラン50%、メルロー40%、プティヴェルドー10%です
赤瓶 (2)


とても薫り高い、カプチーノ
カプ


ビスコッティは、まさに向こうの味
プチ
オステリアといっても、トラットリアからリストランテを思わせる、格調高い味と値段でした。
次回は仲間を増やして、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食べてみたいものです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!