八泉 6月(2018)

八泉 6月(2018)
06 /21 2018
正面


女将自ら摘んできた、「ホタルブクロ」・「オダマキ」・「ササユリ」等々
風情がありますねえ~
この日は、大将一人で、二人×四組、計八人のお客。
大変です。
花


酒は、定番「立山」
酒


水無月豆腐と蒸鮑
水無月は無病息災を祈願する神事で用いられる京都の6月の代表的な和菓子で、それを料理に転用したのが水無月豆腐とこと。
蒸鮑は、最高の味でした。
出し汁も、当然、飲み干して空に。
鮑


バフンウニ・本鮪・トリ貝・平目
どれも文句なしに美味しい。
刺身


左側は、自家製ポン酢。
これも飲み干しました。
醤油


茄子を形どった容器、蓋は本物の賀茂茄子。
茄子1


中は、揚げ茄子・針生姜・鼈甲餡
揚げ茄子の風味が素晴らしい。
茄子2


焼鮎を取り分ける大将
大将


客が多いため、まずは、一人一尾ずつです。
頭の部分が、とても美味しい。
岐阜産の鮎とのこと。
鮎1


口直し
白芋茎の甘酢漬け
芋茎


二尾目の鮎
鮎2


八泉、十八番の八寸
上から時計回りに、ポン酢くらげ・白和え・出汁巻玉子・キス鮨・きぬかつぎ、
中の二つは、八幡巻・海老黄身焼
八寸


辻利の薫り高い、ほうじ茶
ほうじ茶


炙った平貝酢味噌・酢ばす
平貝がまた素晴らしい味
平貝


椀物
焼鱧・冬瓜・じゅんさい
焼鱧の香ばしい香りが素晴らしい
まったく手抜きがありません。
椀


香の物
右端は蒟蒻
香の物


鮎ご飯
御飯1


いつもながら、お焦げが絶品
御飯2


無花果と宮崎マンゴーのジュレ寄せ
水菓子


最後は、お煎茶
煎茶
時間はかかったけど、いつものように大満足のお料理でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!