FC2ブログ

グランド ダイア

グランド ダイア
06 /15 2018
知人夫妻と4人で訪問
お店の方で、個室を用意していてくれました。
個室


料理は、おまかせ
メニュー1



メニュー2


まずは、泡
ワインも、おまかせ
泡


ヴーヴ・オリヴィエ・エ・フィス カルト・ドール
泡壜


前菜
本物の宝石箱が出てきました。
蓋を開けてみると
白いのは自家製モッツァレラチーズ、トマトと合せてカプレーゼ風に
箱1


下の段には、鮎の最中?
箱2


中身は、鮎のすり身
確かに、鮎の香りがしました
箱3


ムール貝から出た出汁を集めて、注射器で身の中へ再注入するよう指示がありました。
帆立の貝柱とミネストローネスープ
ここまでは、味というよりも演出に驚愕。
貝


白ワイン
白1


ペーター&パウル グリューナー ヴェルトリーナー
オーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナー100%
白1瓶


これは昆布です
昆布1


中から昆布〆された、トリ貝・金目鯛
昆布2


こんなものが出てきました
色とりどりのソース類
ドレ1


大きなマットも敷かれました。
マット


グラスに入った、野菜やオマール海老
サラダ1


逆さにして
サラダ2


マットの上に、拡げます
サラダ3


ソムリエ達が、絵を描いていきます。
サラダ4



最後に、液体窒素をかけます。
サラダ6


出来上がりの作品です。
サラダ7


相方は、別のデザイン
サラダ8


半分くらい食べたら、残りは真ん中に寄せてかき混ぜます。
かき混ぜた、「サラダ」が殊の外美味しく、、感心しきりです。
サラダ9


ソムリエを含めたホールスタッフが、各テーブルでパフォーマンスをするものですから、ワインの出が遅れ気味。
白2


ヴィラ・ベレール ブラン
グラーヴのソーヴィニョン・ブラン、セミヨン
白2瓶


上に乗っているのは、パン
茸1


トリュフ味の洋風茶碗蒸し
茸2


丸木、の中には、苔を模したもの。トリュフの香りが満ちていました。
茸3


三杯目の白ワイン
白3


リチャード・カーショウ・ワインズ
エルギン・シャルドネ クローナル・セレクション
南アフリカのシャルドネ100%
白3壜


魚料理
赤車海老のソースはブイヤベース風
魚


肉料理
私の選択は、鴨
あっさりとした味
鴨


同伴者の選択は、仔羊
癖が無く、とても美味しかったそうです。
仔羊


お肉に合わせて出された赤ワイン
サン・スペリー、ナパ・ヴァレー  カベルネ・ソーヴィニヨン    (エステイト・ボトル)
赤瓶


手の込んだ口直し
姿同様、メロン味です。
グラスの中は、メロン味のジュレ
メロン


デザートは、いろんな風味のアイスやババロア
アイス


香り豊かなカプチーノ
カプ


演出効果抜群のプチフール
プチ


食後酒は、グラッパ
ブラ


ベルタ マジア アクアヴィッテ・ディ・ウーヴァ
ブラ壜
驚きの演出が続々でしたが、演出に拘りすぎて、味が二の次になった料理も少しばかり見受けられました。
それにしても、楽しい夜でした。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!