ラ・メール ベイスイート (2017)

ラ・メール ベイスイート (2017)
01 /08 2018
ラメールメニュー (2)



グラスの泡は、テタンジェ
泡 (2)


アミューズ
ガスエビと人参のムース
品の良い味付けです
アミューズ (3)


鮑と白身魚のすり身
ちょっと気の抜けた味
ガトー (3)


定番のアオサパン
あおさパン (3)


茸のポタージュ
これも、パンチ不足
ポタージュ (2)


白ワイン
白 (2)


ボトルで注文
シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム ドメーヌ・ド・シャントメルル フランシス・ブダン
白壜 (2)


白身魚の蕪し
品が良すぎ
白身魚 (2)


ライムのグラニテ
かなり甘口
グラニテ (2)



これも定番の、くるみパン
クルミパン (2)


黑鮑のブールブランソース
バター系のソースが一番ですね
鮑 (2)



ラメールデザート (2)


相方の選択
洋梨と栗のマリアージュ
美味しいとの評価
デザート1 (3)


私の選択
甘酸っぱいリンゴ
酸味が強過ぎの感あり
デザート2 (3)



コーヒー (2)


プチフール
プチフール (2)
以前に比べて、優しい味付けになってきているように感じました。
高橋忠之氏の伝説のレシピの、あのガツンとくる甲殻類の香りと味から脱却し、自らの味を追及しているのでしょうか。
私はそれを物足りなく感じたのですが、相方は女性の感性というのでしょうか、以前より好みの味だと言います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!