ガッルーラ八事本店

ガッルーラ八事本店
09 /20 2017
お酒は、グラスで注文
まずは、泡
泡


クアランタトレ メトド クラッシコ スプマンテ ブリュット フランコ マルティネッティ
イタリア・ピエモンテ・トリノ    ピノネロ55%、シャルドネ45%
泡壜


グリッシーニとオリーブオイル
グリ


フラントイオ種のオリーブを使ったリグーリア産
リグーリアで有名なタジャスカ種のまったり感は無かったですね。
オイル壜


パルマ産生ハムと黄桃
パルマの生ハムと熟していない赤肉メロンの組み合わせの方がほうが、相性は良いと思います。
ガ1


ストゥッツィキーニ
冷製カッペリーニ
軽く燻した秋刀魚・松茸・唐墨
とても食べやすい味で、なかなか美味しい
ガ2


パンの味は普通
パン


グラス白ワイン
白


イミール  ロベルト・チェラウド
カラブリア州のシャルドネ100%
白壜


アンティパスト①
三河産赤座海老と柿のサラダ  柿酢のサルサ
ガ3


アンティパスト②は選択
私の選択は、真鯛と雲丹のカルパッチョ 美浜の塩のパンナコッタ  
青い色は、お皿の色です。非常に違和感を感じますね。
洋食に青い色のお皿を合わせるのは、とても難しいと言います。
これは、いかにも不味そうです。
ガ4


相方の選択は、師崎産コチ・冬瓜・渡り蟹のスープ
スープは、キチンキトサンの味ですが、高橋忠之シェフの味を知ると、物足りないです。
スープ


フォカッチャは、ペチャペチャしすぎ。
フォカ


グラス赤ワイン
赤


プリモピアットは選択
私の選択
アルタ シラー プーリア テアヌム
プーリア州のシラー100%
赤瓶


相方の選択
パッパルデッレ
イタリア産フレッシュポルチーニ茸と秋茸  クレーマのサルサ
とても食べやすく、美味しくいただけました。
ガ6


イカ墨のタリオリーニ
ダルマ烏賊・白ミル貝・祖父江の銀杏・唐墨
アーリオオーリオ
これも同じく、とても食べやすく、美味しくいただけました。
ただ、お皿の色が。
ガ5


二杯目のグラス赤ワイン
赤2


モンテファルコ サグランティーノ コルペトローネ
ウンブリア州のサグランティーノ100%
赤瓶2


セコンドピアット(2名様より)
赤身肉
グリーンオリーブのタップナード・タスマニア産マスタード・藻塩
ガ7


ドルチェ
沖縄ティーファクトリーの「琉球紅茶」のパンナコッタ
キャラメルのジェラート
これまでの料理と打って変わって、濃厚な味でした。
ドル


カプチーノ
カプ


プチフール
プチ


オープンキッチンの中は、とても忙しそうでした。
満席のため休みなしに働いていても、料理の出は遅く、3時間近くかかりました。
キッチン
格調が高いとは言えませんが、万人受けする、とても美味しい味付けです。
グラスワインも、吟味されていると思います。
ただ、お皿の色使いが、我々夫婦の感性とかなり違っていて、不満が残りました。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!