ダイニングルーム 2017 (上高地帝国)

上高地帝国ホテル (2017)
09 /16 2017
ここのお目当てはローストビーフなのですが、四日に一度のメニューになってしましました。
夜2-店内


という訳で、ローストビーフの日を予約。
夜2-献立


まずは、泡
夜2-1


テタンジェのハーフボトル
夜2-2


中身のタラバ蟹が絶品
リンゴのピューレも爽やかでした。
夜2-3


パンの皮がとても香ばしく、気を付けないと食べ過ぎてしまいます。
夜2-4



夜2-5


素晴らしい味なのですが、ブールノワゼット、フォワグラと、後から腹にこたえてきました。
夜2-6


これは、風通の味
夜2-7


赤ワイン
夜2-8


ヴォーヌ・ロマネ
ドメーヌ・ジェラール・ミュニュレ
ハーフボトルを注文
夜2-9


さあ、シェフ自らのカットです。
夜2-10


肉質といい、ソースといい、まさに絶品
ホースラディッシュの香りも素晴らしい。
お代わりを勧められましたが、残念ながら腹具合が許してくれませんでした。
夜2-11


洋梨づくしです
帝国ホテルの洋菓子のレベルはとても高いと思います。
夜2-12


ブラックで飲んでも美味しいコーヒー
夜2-13
オーソドックスな、そして極めてレベルの高いフレンチでした。
村上氏の系統かと思ったのですが、あとから聞いたところでは、シェフは、レ・セゾンのティエリー・ヴォワザンの下にいる方とのことでした。
二晩とも、大満足の夜でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰しております。

あびたろうさん

ご無沙汰しております。しんのすけです。

いつも旅行記、食べある記、どちらも楽しく拝見しております。

また上高地帝国ホテルに行かれたんですね。
私はバーであびたろうさんにお会いした年と、たしかその翌年に、義父母に連れて行って貰って以来行けていません(+_+)
「最近上高地に行ってないなあ」と義父母とも話題にはなるんですが。

初めて上高地帝国に行ったとき、まだ小さかった長男が夕食中に寝てしまいました。それを一目見ただけで、こちらが何も言わなくても、ホテルの方があっという間にイスで簡易ベッドを作ってくれたことを覚えています。
今流行りの「神対応」というやつでしょうか(笑)
「さすが帝国」と、とても感激したのを覚えています。

それにしてもローストビーフ、美味しそうですね!また食べたい・・・


「気をつけないとパンを食べすぎてしまう」というコメント、激しく同意です(笑)
本当にパンが美味しいレストランだと、ついついパンに手がのびてしまいます。個人的には、かつてはそれほどパンに関心がなかったのですが、今ではレストランに行く前から、コース料理だけでなく「あのパンも楽しみ」と思うようになりました。
私も妻も少食なので、最近の重要テーマは「ワインとコース料理をデザートまでしっかり楽しみつつ、パンも存分に味わえるペース配分」です(^_^)/

RE:ご無沙汰しております。

しんのすけさん、こんにちは!

お久しぶりです。
お子様は、大きくなられたことでしょうね。

日本のリゾートホテルもあちこち伺いましたが、やはり上高地帝国が一番素晴らしいと思います。
建物も、食事も、サービスも、満足できますね。

ローストビーフは頻度がだんだん少なくなり、四日に一度となり、選択するのが困難になりました。
ここの良いところは、シャンパーニュ・ボルドー・ブルゴーニュ、それなりのものがハーフボトルで揃っていることです。
夫婦二人では、ハーフボトル2本が限度なので。

私ども夫婦も小食なので、大好きなパンは、食べたくても我慢です(笑)

これからも宜しくお願いします  m(__)m

No title

あびたろうさん、こんばんは。

息子は大きくなりました。
いつの間にやら11歳の5年生。
靴のサイズは私とほとんど変わりません(笑)

上高地に行った後に生まれた次男も、既に6歳の1年生。

二人とも小学生になると、旅行代が一気に高くなって大変です(^_^;)

こちらこそ、これからもよろしくお願い致します<(_ _)>

No title

しんのすけさん

月日のたつのは早いものですね。
家族連れは大変ですが、リゾート地のホームグランドホテルを持つということはいいことですよ。
我が家は、赤倉観光ホテルでした。(スキーで)
先の冬、孫を連れて行ったのですが、私の子供時代、私の子供の幼小児時代、そして孫と、三代の写真を並べると、家宝です(笑)

あびたろう

FC2ブログへようこそ!