八泉 お精進 (2017)

八泉 お精進 (2017)
08 /13 2017
ベネチアングラス
花火ですね
8-1.jpg


初めての酒器
素敵です
8-2.jpg


枝豆の擦り流し・じゅんさい
上品な枝豆の香り、食感ともども完璧な味でした。もっとお代わりしたかった。
8-3.jpg


胡麻豆腐
お精進独特の味です。甘みも感じられ、至福の一品。
8-4.jpg


定番の、雲片。
素材それぞれの味を充分残し、それを見事に調和させています。
下拵えの凄味、才能の閃きです。
近年になく、素晴らしい料理。
こんな料理、他で食べることはできるでしょうか。
8-5 (2)


これも定番の、鰻の蒲焼もどき。
私にはタレの味付けが濃いのですが、相方は、それが好みのようです。
8-6.jpg


皮が湯葉・真ん中に海苔、身は山芋です。
8-7.jpg


白舞茸・カイワレのお浸し
8-8.jpg


オクラの食感が抜群。
寿司ネタは白芋茎。
8-9.jpg


目の前で、氷を削る音が心地よい。
8-10.jpg


白髪素麺
出汁が素晴らしい。
8-11.jpg


八寸
じゃが芋饅頭・味噌豆・青柚子の皮の天麩羅・蒟蒻&万願寺唐辛子・高野豆腐・胡瓜と荏胡麻の白和え・梅蜜煮の天麩羅
白和えは驚きの味
8-12.jpg


辻利のほうじ茶
焦がした香りが何とも言えません。
8-13.jpg


椀物
ひろうすの皮の香ばしさ。下味をつけた浜防風の豊かな香り。
細部まで手を抜いていません。
8-14.jpg


香の物
右端は、きくらげ
8-15.jpg


萩ご飯
小豆と新銀杏
塩味が抜群
8-16.jpg


静岡のお煎茶の香りです。
8-17.jpg


白桃のジュレ
酸化し変色する時間との争いです。
こだわりが無ければ、とてもやっておれません。
8-18 (2)
我々夫婦の経験した日本料理のお店の中で、間違いなくダントツの一番のお店です。
行く度に「日本人に生まれてきて本当に良かった」と思えるお店、「八泉」です。
この天才料理人と同時代を過ごせて本当に幸せだと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!