俵屋 6月 (2017)

俵屋 6月 (2017)
07 /07 2017
俵屋さんの6月の料理は初めてです。
俵夕献立 (2)


お酒は、いつもの「俵屋」
俵夕1 (2)


左下の食前酒は、パッションフルーツとのこと。
左上は、新茶豆腐。確かにお茶の香りがしました。
右側の先附は、どれも品の良い味。
俵夕2 (2)


小吸物の出汁加減は、かなりの薄味。
中の鱧は、しっかりとした味でした。
俵夕3 (2)


造りは、どれも美味しい。
俵夕4 (2)


鰻を茄子でくるんであります。
美味しかったですね。
俵夕5 (2)


琵琶湖の鮎。これで4人前。
俵夕6 (2)


今年の琵琶湖の鮎は遅れていると聞き及んでいますが、そのせいか小ぶりでした。
しかし、香りの良い鮎でした。
蓼酢も付いていたのですが、使うことはありませんでした。
俵夕7 (2)


鮎の付き合せの夏野菜。
夏らしく、冷たくしてありました。
俵夕8 (2)


「生酒」ですが、名前は忘れました。
俵夕9 (2)


梅の蜜煮
あまり甘くありませんでした。
俵夕10 (2)


鱸の潮煮
これも薄味。
俵夕11 (2)


鱧の湯引きは上品な味でしたが、上品すぎて梅肉が恋しく感じました。
俵夕12 (2)


さすがに赤出汁は美味しい。
俵夕13 (2)


漬物も吟味されています。
俵夕14 (2)


水物は、マンゴジュレ。
絶品の味
俵夕15 (2)
この日の味付けは、全体的に、かなりの薄味でした。
薄味好きの私でさえ薄く感じたので、相方は、パンチが効いていないと、やや不満げでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!