八泉6月(2017)

八泉6月(2017)
06 /16 2017
今月の暖簾
暖簾


お花
御夫婦で岐阜まで行って摘んできたものとのこと。
花


いつもの立山
酒


蒸鮑・山芋豆腐小豆
出し汁は、飲み干しました。
鮑


鮪のトロ・アオリイカ・トリ貝、ツマはラディッシュと茗荷
どれも品の良い味です。
造り


冬は蕪ですが、この時期は新蓮根でした。
中身は甘鯛
蓮根蒸し


今年は琵琶湖の鮎が超不漁。
琵琶湖の稚鮎を放流している保津川はどうかと心配していましたが、今年は岐阜の鮎とのことでした。
鮎の香り・味は、しっかりとしていました。
一人当たり、2尾です。
鮎


酢新蓮根
蓮根


八寸
ゼンマイの白和え・海老の揚げ物・茄子の田楽・赤身のづけ鮨・鱧の骨煎餅
八寸


お椀は、鴨・麩・芽葱
椀


薫り高い、ほうじ茶
ほうじ茶


香の物
手前は、鮑の肝
香の物


うすい豆御飯
御飯


無花果・太陽の卵・コアントローを加えたカキ氷
水菓子


お煎茶は、いつもより薄め。
煎茶
次男さんが違うジャンルの道を探求したいと旅立たれました。
この日は、カップルが4組で計八人の客。
大将も大忙しでした。
看板の八寸も、いつもより品数が少なめ。
無理して、お身体を壊さないように。

若いカップルが2組、初夏のせいか、少しばかり塩味が効いていました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!