カフェ・カメリア (東京ステーションホテル)

カフェ・カメリア (東京ステーションホテル)
06 /11 2017
ホテルでゆっくりと朝食を摂り、昼前から今回の上京の目的である、バレエ公演観賞に出かけてきました。
観賞後、荷物を預けていた関係、またホテルへ戻り、ティータイムを持ちました。
1階にメインのラウンジがあるのですが、行列であり、席のお客も至極のんびりモードなので、2階のカフェへ向かいました。

ホテルの2階から見た東京駅南口
同じ2階の向かい側真正面が、メインダイニングやカフェへの入り口
カメ1


右端が通路
カメ2


バー&カフェ カメリア
カメ2-2


カウンター席
カメ3


テーブル席
カメ3-2


ミックスサンドイッチ&ポテトフライ
これは、さすがにホテルメイド。
カメ4


ダークチェリーのタルト
カメ5


コーヒー
どれも、まずまずの味でした。
カメ6


今回のバレエ公演
ロシアのボリショイ・バレエのジゼル
グリゴロヴィッチ版です。
カメ表紙


ジゼルのオブラスツォーワ、1幕の狂死する場面の表情は特筆もの
ジゼル1


ウィリ達のアラベスク横断もバッチリ揃っていました。
ザッ・ザッと横一文字にコールドが交差するシーン、一糸乱れず見応えがありました。

同じくコールドバレエの見せ場として、ラ・バヤデール~「影の王国」 バヤデールの精霊たちの踊り、があります。
それはマリインスキー・バレエの十八番なのですが、
https://www.youtube.com/watch?v=zR4rSE1PEM0
(2分くらいから始まります)

レベルの高いコールドが揃ったカンパニーは、さすがに見応えがあります。
ジゼル3


ツヴィルコの驚異的な跳躍力、とりわけ32回のアントルシャ・シスは満場の拍手を受けていました。
ジゼル2
カーテンコールではスタンディングオベーション、拍手が鳴りやまず。
充分満足した公演でした。
興奮冷めやらぬ観客たちと文化会館のロビーに出た時、ふと、ロンドンにおけるアリアナ・グランデさんのコンサートでの自爆テロを思い出してしまいました。
思わず緊張して、周りを見回してしまいました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!