神谷 名古屋

神谷 名古屋
04 /26 2017
セントラルガーデンの成城石井には良く行くのですが、最近まで気が付きませんでした。
昨年の秋にオープンしたとのこと。
建物


「すし そば」と書いてありますから、文字通り、「懐石くずし料理」のようです。
正面


中庭の右側が、カウンター・テーブル席。左側が個室仕様となっています。
中庭


カウンター席
オープン


個室側から中庭越しにテーブル席を見ます。
店内


酒は、オリジナル吟醸酒「神谷」
すっきりとして飲みやすい酒でした。
酒


お品書きは無いとのこと
先附
貝の煮凝り・梅風味、雲丹・湯葉
印象のない品々
先附


八寸
右から、お多福・蛸の柔か煮・稚鮎・合わせ味噌田楽・姫さざえ
八寸


粽の中は鯛の押し寿司・容器の中は和え物
取り柄が無いというか、平均的な八寸の印象。
粽


帆立とすり身の真丈、もずくの擦り流し
上の野菜は、とり菜とのこと
椀


野菜の裏側に、真丈が塗り付けてあります。
このほうが食べやすくなるようです。
懐石(会席)料理のメインとも言える、お椀。
出汁加減にそれなりの力の入れ方を感じますが、残念ながら、深みや余韻と言ったものを感じませんでした。
椀1


寿司
真ん中右から、初鰹・ヒラマサ
味は普通
鮨


焼物
アイナメ・トリ貝・車海老の酒盗漬け
こういうものは、はっきりといって手抜きとしか思えません。
焼物


蓮根饅頭・焼き穴子
穴子


天麩羅蕎麦
天麩羅はとくに印象は無かったのですが、蕎麦は、まずまず。
この日の料理で、一番美味しかったかな。
蕎麦


そば湯、はトロンとした感じ。
そば湯


水菓子
右から二つ目は、蜜柑のシャーベット
右端は、神谷定番の水羊羹とのことでしたが、誇れる味とは思えませんでした。
水菓子


最後は、お煎茶
煎茶
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!