レストラン サンパウ

レストラン サンパウ
11 /19 2016
東京でスペイン料理を食べようと思い選んだお店でしたが、驚天動地の世界でした
日本橋の「コレド日本橋 ANNEX 」にお店はあります
茶色のドアを入ると、ロビーです
サ・正面


1階は、ロビーとワインセラー
サ・ロビー


2階に上がると、バーコーナー
サ・バー


その奥に、レストランがあります
サ・店内


ガストロミックというコースを選択
今回の料理のテーマは絵画と関連しているとのこと。
世界各国、様々な時代の絵画の様式から受けるインスピレーションから、ひと皿ひと皿の料理を創造していると。
めにゅー1



サ・メニュー


アミューズ
カリカリのパンに生ハムを巻いたもの
サ・アミューズ


お酒は、「ガストロミックコース」のお料理に合わせたワインコースを選択
まずは、カヴァ
サ・カバ



カヴァ・ブリュット・レセルバ[2012]パルシェット
カタルーニャ州です
サ・カバ壜


マヨルカ島フィギュラティブアート
ベースがマヨルカ島名物ソブラサーダ
サ・マヨルカ


カタルーニャの抽象主義
コカというパンの上に、鶉の卵や、ピーマン・茄子・玉葱などのピューレをのせたもの
サ・カタ


ベルギー現実主義
シェフの自画像ですね
CRはシェフのサイン
名前は、Carme Ruscalleda(カルメ・ルスカイェーダ)
サ・ベルギー


メレンゲの下には、フォアグラのパテ
サ・パテ


マンザナベルデ、青リンゴのリキュール
甘口ですが、フォアグラのパテには良く合っていました
サ・リカー



サ・リカー瓶


無重力な絵、ユダヤとロシア
下から出ているのは、ヨーグルトと豚の喉肉
サ・ユダヤ


ロゼワイン
サ・ロゼ


パゴス デ アライス・ガルナッチャ
スペイン北東部ピレネー山脈のふもとに位置するナバラはロゼワインの産地
サ・ロゼ壜


パン
バターやオリーブオイルは、ありません
サ・パン


メキシコ写実主義
車海老のソテーでしょうか
サ・メキシコ


白ワイン
サ・白1


ホセ・パリエンテ
スペインの白ワインを代表する産地のひとつルエダのヴェルデホ100%
サ・白1瓶


アメリカ合衆国 ポップアート
上にのっているのは、バナナチップ
深海魚のクエは脂ぎっていました
サ・アメリカ


2杯目の白ワイン
サ・白2


カン・フェイセス
カタルーニャ州ペネディスのシャルドネ100%
サ・白壜2


カタルーニャ 機械的な詩
闘牛を表現しているのでしょうか?
角は、ゴボウチップ
サ・カタル


赤ワイン
サ・赤1


ペシコ・ニコラス・マルコス
アストゥリアス州のメンシア&ベルデホ・ティント
サ・赤瓶1


エムポルダ 超現実主義
時計を模しているのは、チーズです
サ・エムポ


ポップオタク
デザートです
サ・ポップ


キュビズム、サンジョアン湿地、パリ
チョコレートでギターを模しています
サ・キュビ


小菓子
折って食べます
これは東京ですね
サ・東京
めにゅー2


コーヒー、紅茶、ハーブティーから選択
サ・カプ


食後酒に別注でシェリー
サ・シェリー


ヒメネス・スピノーラ
アンダルシア州ヘレスのペドロ・ヒメネス100%
ミディアム・ドライといっても、やはりペドロ・ヒメネス、クリームに近い甘さでした
サ・シェリー壜
味は、まずまずでしたが、それにしても楽しいお店でした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

懐かしいです。

あびたろうさん、こんにちは。

東京にいらっしゃっていたのですね。
サンパウ、私も行ったなあと自分のブログを見返したら、もう4年も前でした。
http://paochin.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
(↑写真と感想が全くダメですが。苦笑)

相変わらず、革新的なお料理の数々ですね。
4年前と少し変わったように感じますがシェフが変わられたのかしら。

>味は、まずまずでしたが

当時の私もそう思いました。
面白かったのですが、一度でいいかなと。
あの時は他にお客さんもいなく空いていて、心配になりましたが
今回はどうでしたか?
きっとランチは混むのでしょうね。

RE:懐かしいです。

みみんさん、こんばんは!

今回は、日展を見に行っていました。
身内が入選したので。

サンパウのブログ、感慨深く拝見いたしました。
私のコメントがあったのには・・・・
歳取ると、物忘れが激しいなあ (-_-;)
呑兵衛4人分、しっかりと支払ってきました(笑)

イラストが、とても面白いですね。
サンパウのHPによると、シェフは少なくとも2008年以来続いていますから、そのまま継続しているのではないでしょうか。

今回は、私どもの他に5組くらいのお客がいました。
ああいった個性的なお店ならば、まずまずの入りでしょう。
東京は面白いですねえ~
名古屋と違って個性的なお店がたくさん。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!