八泉 2月(2016)

八泉 2月(2016)
02 /14 2016
花は、梅に椿
掛け軸の書は、「鄙願」のラベルを書いた陶芸家・書家・漢詩人・篆刻家である小林東五氏のもの。
花


いつもの立山
酒


蒸鮑・蕪の炊合せ
薄味の汁を飲み干しました。
鮑


河豚の焼き霜・ポン酢
炙ることによって、甘みがしっかりと出ていました。
河豚


河豚の白子の塩焼き・うるいの酢味噌かけ
白子の塩加減が絶妙。
絶妙な塩加減を楽しませてくれるお店は、今は亡き「蓬莱」と、ここだけです。
白子


百合根饅頭・きくらげ・鼈甲餡
百合根饅頭の皮の食感が絶妙
葛の香りも素晴らしい
塩加減、皮の食感、吉野葛の香りの抑え具合、こういった塩梅が、この店の凄さだと思います。
百合根


鮪のづけ・白身
二個では物足りません。もっと食べたい。
鮨


八寸
鯛の照焼・白和え・蓬麩・桑名産筍・鯛の卵・錦玉子、真ん中が焼蟹
筍の香りが素晴らしく、蟹肉も、とても甘かった。
八寸


河豚の唐揚げ・防風の天麩羅
防風の甘さには、びっくり。
唐揚げ


蛤の潮汁
薄味の昆布出汁が、蛤の出汁の引き立て役になっていました。
まさに京料理。
京都でも、こういった薄味のお店が少ないのは悲しい限りです。
椀


蟹御飯
しっかり、お代わりをしました。
御飯


香の物
四角いのは蒟蒻
香の物


お煎茶
煎茶 (2)


日向夏のゼリー寄せ
水菓子1


蓋の部分を絞って、ゼリーにかけます。
そのまま啜っても、素晴らしい甘さでした。
水菓子2 (2)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!