トゥ・ラ・ジョア

トゥ・ラ・ジョア
11 /29 2015
このお店、一見さんお断りなので、今まで訪問する機会がありませんでした。
宮崎の先輩から参加のお誘いがあり、初めて訪問することができました。
繁華街とは無縁の場所にあり、タクシーの運転手さんも地図や住所を見ても不案内、違った場所で降ろされてしまいました。
地図を見ながら探していくと、お店の前でスタッフが待ち構えていました。
外観


いたってあっさりした玄関です。
玄関


この日のテーブルセッティング。
この道の先輩方ばかりです。
錚々たるメンバーの中で、末席を汚させてもらいました。
部屋


まずは、シャンパーニュ
ジュール・ラサール・プレフェランス・ブリュット
泡



メニュー


真ん中の白い球体は、鶉の卵です。中にウンブリア地方の白トリュフを液体にして注入してあるそうです。
生雲丹は、厚岸の馬糞雲丹
思っていたよりも、あっさりとした味でした。
鶉


器が面白いですね。
スープ1


上に乗っているのは、アルザスの黒トリュフ
中には牛蒡と和牛
トリュフも牛蒡も赤土で育つから、合わないわけがないとの話。
言われてみれば、成程と納得。
滋味溢れた味でした。
スープ2


擦りおろしの蓮根・アオサ・鮑・伝助穴子が一体となったスープは、とても美味しいのものでした。
至福の味と言っても良いと思います。
ただ、中に入っていた伝助穴子自体の脂と食感が、スープの美味しさを邪魔している感がありました。
伝助


口直し
ガリを固めて擦りおろして炭酸水を加えたもの。
自家製ジンジャーエールです。
銀座ウエストで飲んだ自家製ジンジャーエールと同じ味でした。
ジンジャー


リトライ・シャルドネ・ティエリオ・ヴィンヤード・ソノマコースト
白


烏賊の一皿
上は、五島のアオリイカを熟成させ、自家製胡麻油で和え上にキャビアを乗せたもの。
下は、剣先烏賊のムース
スルメイカのソースとイカ墨のソース
穂紫蘇が添えてあります。
烏賊の香りと穂紫蘇の香り、和ですね。
烏賊


焦がしたライスペーパーで覆ってあります。
ライスペーパー


それを破ると、中から、ずわい・鱈場・毛蟹、それらの味噌・香茸・真鱈の白子のスープ
本当に、凝った料理です。
カニ


カベルネ・ソーヴィニヨン・シダーヴィル・ヴィンヤード・エルドラド
当地のオーガニック栽培のパイオニアとのことです。
赤1


58℃のオイルバスにで加熱、今流行の熟成肉の調理方法ですが、初めて食べました。
これも、肉の美味しい食べ方のひとつだと思いました。
肉


SODAROCK、ソノマカウンティのメルロー
赤2


Mのサラダ
私には酸味が強すぎました。
M1


クコの美・レーズン・ブルーベリーなどのドライフルーツを、サラドのトッピングにします。
M2


御飯
伊勢海老の甲殻の出汁がよく効いていました。
御飯


山水仙のお茶
究極の烏龍茶と言われています。
茶


棗の中身の写真を撮り忘れましたが、抹茶のアイスだったと思います。
まさに和の水菓子
水菓子


この日空けたワイン
諸先輩方は、「凄いワインだ」の声でしたが、初心者の私には、ただ美味しいとしかわかりませんでした。
修行は、これからです。
壜

全体を通して、洋食というよりは洋風和食のような感じを持ちました。
シェフの強烈な個性と、食材に対する拘りは、感嘆するほかはありません。
しかし、それよりも、同席した先輩方の食に対する探究心の迫力には、ただただ圧倒されたというのが、この日の感想でした。

追記
私の隣の先輩、正面の先輩、そして私の3人が同じカメラを使用(離れた席の先輩方は不明)していたのには驚きました。
一人の先輩曰く 「現在のところは究極のカメラだね」と
意を強くしました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: カメラ

○○○さん、こんばんは!

私が料理ブログ用に使っているのは、ソニーRX100Ⅲです。
F1.8&1.0型センサーなので、腕の不足をカバーしてくれています。
同席した先輩方の多くも、同じカメラでした。

ZEISSのレンズが好きで、そのことからもソニーのカメラを多く使っています。

これからも宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あびたろう

FC2ブログへようこそ!