円相 (小田原)

円相 (小田原)
11 /16 2015
今年の7月にオープンした、あの中田貞年氏のお店です。
小田原城のすぐ傍にあります。
外観


店内です。
この他に、2~3席の個室様カウンターやテーブル仕様の個室もありました。
席


頼んだお酒は、「黒龍・雫」。
とても美味しいお酒です。
酒


まずは玉〆。
「うち山」で初めて食べて感激した玉〆です。
今回は、生雲丹・蒸し鮑・蕪の霙あんかけ。
玉〆


これは二人分
貝


芹・赤貝・生椎茸の胡麻酢和え
何とも言えぬ味わいでした。
貝2


手前は、ワカサギと胡桃の甘露煮。
向こうは、枝豆山椒風味。山椒の風味がとても合っていました。
ワカサギ


自家製唐墨&大根
唐墨は当然のこととして、大根の味が素晴らしく、出合い物との感を強くしました。
唐墨


茸のお椀
擦りおろし生姜・晒し葱
幸せ一杯のまったり感は、まさに京料理の出汁加減です。
椀


鰤・鮪のトロ・鯛
どれも品の良い味でした。
造里


醤油とポン酢
これも、文句なし。
醤油


お煎茶
これは、いただけなかった。
お煎茶にも拘って欲しいものです。
煎茶


魳の幽庵焼き・松茸・赤蕪の漬物
脂の乗った魳は絶品・赤蕪も素晴らしく美味しかった。
香り付けはシークァーサー。爽やかです。
カマス


鰊・聖護院蕪・隠元の炊合せ
薄味の出汁加減は素晴らしかった。飲み干しました。
鰊


エボダイ・シシトウ・海老芋・銀杏の天麩羅
味は良いのですが、少し腹に堪えました。
海老芋


高野豆腐・なめ茸・法漣巣の酢の物
お酢と出汁の合せ加減が絶妙。これも飲み干しました。
口直し


御飯です
釜


鯛栗ご飯
今までは、別々の御飯でしたが、意外と合うものですね。
御飯


味噌味控えめで、出汁味の勝った赤出汁。
赤だし


爽やかな味の漬物
香の物


焦がした香り豊かな、焦がし茶。
こちらのお茶は、美味しかった。
焦がし茶


水菓子
青無花果・葡萄・無花果のゼリー
柿のソースかけ
最後は、もう少しさっぱりとした物のほうが好みなのですが。
水菓子
一つ二つ小さな不満がありましたが、全体的には大満足でした。来た甲斐がありました。
例年、年初めに上京するのですが、来年は帰り道に再び立ち寄ることにしました。

我が家の近くに「八泉」という類い稀な名店があることを幸せなことだと思っているのですが、「円相」というお店を持つことができた小田原の人々も幸せだと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あびさん、こんにちは!

円相に行ってらしたのですね!!!
どのお料理も美味しそうです。
いつにも増して写真が美しいので、見いってしまいました。
品数が多いように思いますが、
これはコース料理に一品料理が混ざっているのですか?

中田料理長が独立されたのは、私にとっては嬉しいことです。
それも小田原で比較的近いですし。
来月にでも行ってみよう思います。
あびさんの感想を読んでいるので、いまからすごーーーく楽しみです。
お昼はどんなコースがあるのでしょうね。

No title

みくさん、こんばんは!

円相、良かったですよ。
さすが、中田氏です。お店では「親方」と呼ばれていましたが。

隣のお客は初めてのようでしたが、「美味しい!美味しい!」の連続でした。
そのお客に円相のことを教えた人が、偶然、個室仕様のカウンターに来ていて、隣のお客に中田氏のことを教えていました。石葉時代からのお客のようでした。

ただ、お煎茶の入れ方、最後の方で揚げ物は苦しかったこと、水菓子は八泉のようにさっぱりと爽やかなのが好み。
この三点だけが不満でした。

あとは、文句なしでした。関東の味でなく、京都の味でした。
是非、行ってみてください。

みくさんの写真の上達は素晴らしいです。
でこさんちにいるお師匠さんも、太鼓判を押すのでは・・・・

あびたろう

FC2ブログへようこそ!