吉泉 お昼 (京都)

吉泉 お昼 (京都)
12 /20 2014
念願かなって修学院離宮の参観に行ってきました。
離宮から近い場所でお昼を食べようと思い、八泉の大将が修行されたお店であり、近年☆☆☆となったことから、ここを選びました。
あまり目立たない玄関です。
正面2


案内されたのは個室。
部屋


などの向こうは、下賀茂神社の糺の森。
窓


かりん風味の、柚子湯
ゆず


選んだ酒は、黒龍八十八号
酒


かなり華やかな味でした。
酒器


先附
先附1


中からは、茹で蟹
右下の器の中は、蟹味噌を固めたもの。上に山葵。
蟹味噌を崩し、蟹の身を入れてかき回して食べます。
左下の器の中には、蟹のせせり身と三杯酢。
かなりきつい味でした。
先附2


柘榴のゼリーと、もずくの酢の物。上には浜防風。
これも酢の味がきつめ。
ゼリー


椀物
椀1


蟹真丈・どんこ椎茸・針柚子
昆布出しですが、蟹真丈の甘さなのか、かなり甘めでした。
椀2


五島列島の剣先烏賊・温泉玉子・山かけ・山葵
山掛け


温泉玉子は固めの黄身
かき混ぜて食べろということでしたが、なんだかねえ~
山掛け2 (2)


メバチのカマの炙り
下に敷いてあるのは、かき氷。
脂の乗ったカマでした。
炙り


ちり酢
これもキツイ味。
ちり酢


なぜかここで赤飯。
これは上手に蒸し上げてありました。
上は栗
赤飯


炊合せでしょうか
蕪器


ふろふき蕪
八丁味噌が、やたらクドイ。
蕪


安曇川産子持ち鮎の鞍馬煮
これも、かなりの濃い味。
鮎


ほうじ茶
ほうじ茶


上に乗っていつのは白髪葱
雑炊1


すっぽん雑炊でした。
お餅も入っていました。
雑炊2


香の物
胡瓜と思いきや、ズッキーニの漬物。
香の物


水物
水物1


オレンジのゼリー
これが一番美味しかった。
水物2


ゼリーにコワントローを入れます。
容器はベネチアン
リカー


苺は、「さがほのか」
甘いぜりーの後からでは、酸っぱく感じます。
順番を考えて欲しいですね。
苺


自家製洋館
これは、甘さ控えめで美味しかった。
羊羹


お薄
抹茶


最後は、焦がし茶
良い香りでした。
焦がし
京都の☆☆☆、この程度なのでしょうか。
「青は藍より出でて、藍より青し」
八泉の大将、青の二乗くらい青いですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。お久しぶりです。

吉泉さんですね。写真からもう~んって感じです。(^_^;)

昨日まで修善寺温泉の柳生の庄に行ってました。修善寺ではあさばさんと双璧です。
京都だと俵屋と柊屋の関係みたいなものですかな。
あさばより予約が取りやすいことと、大浴場の露天風呂があちらより良いです。
他はすべての面であさばが上ですね。

下り藤さん、こんばんは!
お久しぶりです。

吉泉さんですが、☆☆☆の価値ってなんなんだろう?
って感じです(笑)

>あさばより予約が取りやすいことと、大浴場の露天風呂があちらより良いです。
>他はすべての面であさばが上ですね。

本当に、その通りですね。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!