喜むら庭 11月

喜むら庭 11月
11 /24 2014
食前酒
ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ
泡


椎茸の茶碗蒸
牛筋の出汁
玉〆


白ワイン
ピュリニー・モンラッシェ
白


牛ヒレ肉のたたき
スコッチサーモンの燻製
前菜


利休栗のポタージュ
この季節の定番
スープ


ニース風サラダ
サラダ


赤ワイン
ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・ドメーヌ・キヴィ
赤1


今回は、ヒレ肉のステーキ
とても美味しい肉でした。
肉


赤ワイン
ケイマス・カベルネソーヴィニヨン・ナパバレー
赤2


チーズ
モンドールAOP・アルノー
チーズ1


ウォッシュタイプですが、とてもまろやかで美味しいチーズでした。
チーズ2


デザート
ケーキ



コーヒー


最後は梨
果物


この日空けたワイン
ボトル


今回は、映画鑑賞でなく、バレエ
久しぶりの、ボリショイバレエ。
ドン1


とてもポピュラーなドン・キホーテは振付師やカンパニーで、かなり異なります。
ボリショイのなかでも、今回のファジェーチェフ改訂版は初めてでした。
クラシック音楽やクラシックバレエは、最初に聴いた(観た)指揮者や振付家の印象が強く残り、後からの公演には違和感を感じることが多いように思います。
ドン・キホーテもスピーディーな展開のABTバリシニコフ版の思いが強く、今回、二幕のロマ(ジプシー)の踊りが延々と続くと冗長感を覚えざるをえませんでした。

また、どのカンパニーも主役のバジルとキトリにはスターダンサーを配するので、差を感じません。
ドン・キホーテを強く印象つけるのは、エスパーダのキザっぽさとガマーシュの天然ボケさ加減だと思います。
この点で、ABTのパトリック・ビッセルとヴィクター・バービーは出色でしたが、今回のデニス・ロヂキンは、まさにエスパーダにうってつけのダンサーでした。
しかし残念なことは、エスパーダの踊りがとても少なかったことでした。
下の写真の、デニス・ロヂキン演じるエスパーダ、かっこいいですねえ~
ドン2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!