ラ・グランターブル・ド・キタムラ再訪

ラ・グランターブル・ド・キタムラ再訪
07 /22 2014
前回と違って、広々とした部屋でした。
最後は満席となっていました。
室内


2014 夏の特別コース
メニュー


まずはシャンパン
ちょっとロゼを思わせる色です。
泡


ウイユ・ド・ペルドリとは、ラベルの絵の如く鶉の眼という意味だそうです。
ロゼ風の色合いは、ピノ・ノワールの果皮の色とのこと。
泡壜


まずはキッシュ
品の良い、あっさりとした味。
玉子豆腐の味わい。
キッシュ


ここのパンは、とても美味しい。
パン


残念ながら、バターの香りはイマイチ。
バター


別注の、スペイン産イベリコ豚の生ハム
脂のクドさを感じたのが、やや不満。
生ハム


鮪のタルタル・アボガド・いくら、オリーブオイルで
アミューズ


桃の冷製ポタージュは、確かに桃の香り。
底の方に雲丹とコンソメのジュレ。半分ほど残ったポタージュとかき混ぜて食べます。
なかなかの味でした。
スープ


白ワインのお薦めはソーヴィニヨン・ブラン
白


サンセールです。
味の表現は、まだまだできないのですが、ミネラル感溢れたとは、こういう味なのでしょうか。
白壜


全体的に魚料理は食べやすい味でした。
海老


伊佐木のグリルは品良く仕上げてありました。
魚


お代わりのパン
パン2


赤は好みで、ナパのカベルネ。
赤


スタッグス・リープを選択
しっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンでした。
赤壜


肉は残念でした。
フォアグラはトロトロ、肉の香りはまったく無し。
ここでテンションは急降下。
肉


キャラメルのアイスクリーム
濃いめの味でしたが、なかなかのもの。
アイス


すべて異なったケーキ類
小皿は、フレッシュフルーツやドライフルーツ
デザート


黒糖の生地は、思ったよりあっさりめ。
ベリー


プチフールもまずまず
プチ


香りの良いコーヒー
デザートでテンションは再び上がりました。
コーヒー
個性的な味という訳ではなく、万人好みと言えるでしょうか。
味に深みやコクがないので、料理を楽しむには不満が残るかもしれません。
しかし、お酒やデザートや雰囲気など、トータルで楽しむには良いお店だと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!