あさば 3月

あさば 3月
04 /04 2014
献立


食前酒は「菊姫にごり酒」
食前酒


黒龍純米吟醸
少し甘いが、上品な美味しさです。
黒龍


竹の子煮
鰹節の香りが少しばかりきつく感じました。
竹


左から、蕗味噌・竹の子木の芽和え・卵焼き・アスパラベーコン巻・鮑・そら豆甘煮
どれも、手抜きの無いしっかりした味がついています。
盛


やや強めの鰹出汁が、太刀魚にぴったりと合っていました。
あさばらしい、素晴らしい椀物。
椀


アオリ烏賊に山椒の実を包んで食べるのもなかなかの味。
平目は、とても甘い。
造り


焼き魚も美味しい。
ここまでは良かったのですが。
むつ


飯蛸もジュレも、平凡な味。
蛸


これは鄙願、やはりこちらのほうが美味しい。
酒2


大中寺芋が甘く、煮汁も甘すぎました。
貝柱の味は普通。
芋


定番の穴子黒米ずし
すし


鍋物は、新作と言っていました。
鍋


海老の殻でしょうか、甲殻類の味が強すぎです。
驚くほど大きい蛤。
せっかくの蛤の優しい味に、甲殻類の出し汁は合わないと感じました。
足し算の味の欠点だと思います。
蛤


伊勢えび酒盗あえ
無くもがなの一品。
えび


鍋の汁をご飯にかけるとのこと。
飯蛸からここまでは、期待外れでした。
新しい挑戦は難しいですね。
ご飯


蕪・茎若布の漬物
漬物


香りの良い、ほうじ茶
お茶


これは、いつ食べても感激の味。
ブラ


桜と南瓜のアイスクリーム
アイス
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして、宿のほうも含めていつも楽しく拝見しております。

あさばは長年勤めた料理長さんが定年で若い方へ代わられたとうかがいました。
お写真を拝見してても思いましたが、あの素晴らしいお料理が変わって行くのかと思うと寂しくもあります。

十六夜さん、こんばんは!
初めまして。

料理長さんが交代されたのですか・・・・
道理で今までとは違ったテイストの料理が出てきたと感じたのですね。

昔の蓬莱旅館のように、代々受け継がれていく料理の方針で行くのか、
それとも、料理長の個性を活かした料理となっていくのか・・・・

これまでの「あさばの料理」が大好きだったリピーターにとっては、一大事ですね。
感動させることのできる料理人は、ほんの一握りの天才だけだと思います。
変わらないことを祈りましょう。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!