ラ・ティーナ岡崎(ランチ)

ラ・ティーナ岡崎(ランチ)
03 /23 2014
私用で当地へ行った際に立ち寄りました。
郊外の一軒家です。
全景


普通の家の玄関です。
玄関


二階にも席があります。
右側のドアを開けるとテーブル席。
階段


家庭の食堂といった雰囲気。
店内


ホウレン草のオムレツ・お米のサラダ・鰯のコンフィ
正直言って、不満足。
前菜


自家製パン
グリッシーニは噛むとあじがありましたが、それ以外は不満足。
パン


鶉豆のスープ
優しい味で、ほのぼのする味。
これは、なかなかの味でした。
スープ


パスタは、三種類の中から選択。
二人分の量を二種類、という選択もできます。
浅利と水菜のスパゲッティーニ(二人分)
かんり、優しいい味。
オリーブオイルやニンニクをもっと利かせた方がほうが好み。
パスタ1


岡崎産ひら茸のトマトソース・フジッリ(二人分)
トマトソースの味はなかなかなのですが、これもパンチ不足。
オリーブオイルをもっと。
パスタ2


メイン料理
私の選択は肉。
おいくん豚ロース・ソテー
かりッとした焼き加減で、とても美味しいものでした。
肉


相方の選択
カジキマグロのパン粉焼き
これも、優しすぎる味で、パンチ不足。
魚


プリン・レモン味のスポンジケーキ・苺のソース
ドルチェは満足できました。
ドル


コーヒーは、まずまずの味。
コーヒー


シュガーの心遣いが嬉しいですね。
砂糖

全体的に、薄味というか優しい味付けでした。
イタリアンは、ニンニクやオリーブオイルをたっぷり利かした、ガツンとした味の方が好みです。
場所柄、あまり個性的にはできないのでしょうか。
値段の割には頑張っていると思います。
シェフとマダム?の接客は、とても心地良いものでした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!