蓬 (夕食)

蓬 (夕食)
09 /17 2013
おまかせコースです。
値段に関係なく、その日のお薦め食材を使って美味しいものを食べさせて欲しいとリクエストしました。

最初に先附としてでしょうか、さざえまで四品一緒に出てきました。
翡翠茄子
薄味ながら、しっかりとした味。
ほのかに鰹出汁の利いた上品な出汁加減、飲み干しました。
なす

銀餡
銀杏1 (2)

塩が添えられてありましたが、付けなくても充分美味しい。
銀杏2

白和え
これも薄味ながら、しっかりとした味。
薄味になると腑抜けた味になることが多いのに・・・・
白和え

サザエの壺焼き
塩味抜群
さざえ2

酒は、左から喜久酔大吟醸、真ん中は失念、右は八海山純米。
酒

椀物
無花果が丸ごと。
菊の花。
昆布出汁が勝った、マッタリ感溢れた好みの味。
無花果が不自然なく、存在していました。
椀1

造り
炙った魳・鯵・鱸・鯛、菊の花
どれも美味しかったのですが、鯵は乗りすぎというくらい脂が乗っていました。
造り

鮑・胡瓜・梨、を塩水?に浸けたもの。
口がとても爽やかになりました。
鮑

「あしたか牛」のしゃぶしゃぶ・胡麻ダレで
サシの量が絶妙で、爽やかに味わえました。
牛

鯵の鮨・茗荷の中に金山時味噌
鮨もさることながら、茗荷の美味しさは絶妙。
鮨

焼き魚 小型の甘鯛
これには驚き。甘鯛特有の癖が無く、極めて上品な味。
最高に美味しかった。
昆布の佃煮も絶品。
魚

飛龍頭と辛味大根
飛龍頭は、しっかりとした濃いめの味。でも美味しい。
飛龍頭

じゃこご飯
お代わりを、したかった。
ご飯

上品な京風赤出汁。
赤出汁

水菓子
小豆の水羊羹・葡萄
品の良い味でした。
水菓子

まごうことなき「蓬莱旅館」の味でした。
煌びやかさは微塵もありませんが、しみじみ美味しい。
すべての料理が美味しかった。家族四人、全員が大満足でした。
大好きだった「蓬莱旅館」が無くなってしまったこと、今更ながら残念でたまりません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お礼

このたびは、ご利用いただき、ありがとうございます!
おいしい物を、、、とのことでございましたが、今、ちょうど、夏から秋への変わりで、もう少し後ですと、又、いろいろおいしい食材もでてくるのですが、、、。
きっと主人も、その辺は、残念に思っていたと思うのですが、見栄を張ることもなく、できることを、いとも通りにさせていただいたと思います。
皆様が、どれも残さず、きれいに召し上がってらしたのが、とても嬉しく思います。
本当に、有難うございました。

Re:お礼

塚さん、こんばんは!

確かに9月は食材が中途半端かもしれませんね。
でも、とても美味しい料理、若夫婦たちも後から 「本当に美味しかったね」 と言い合っておりました。

また違った季節に、お伺いしたいと思います。

眼福です

初めから終わりまでの流れ、見て想像するだけで幸せ感が伝わってきます。
無花果を丸ごと使った椀は季節感といい、存在感といい、素晴らしいですね。

どのお皿も至極に達していますが、私が特にピンときたのは
鯵鮨に添えられた『金山寺味噌入りの茗荷』です。
ここが頂上、折り返し地点に光る一品のように思えました。
ここでキリッと気持ちを入れ替えて次に向かえる小ぶりの甘鯛、
下山しながら山の余韻に浸るような最高の一品。

本当にスタートから終わりまで素晴らしい物語ですね。
(あくまでも貧困な私の勝手な想像ですけど、笑)
私も蓬の山を登りに行きたいです(^0^)

Re:眼福です

みみんさん、こんばんは!

どれも美味しかったですよ。
「蓬莱旅館」の味そのもので・・・・

しかし 「ハレの料理」 を好む向きには、物足りない料理かもしれません。
例えて言えば、「くどい料理が続いてウンザリしていた時に、美味しいお茶漬けに出会った喜び」 といった感じでしょうか。

私ども夫婦にとっては、「あさば」・「蓬莱旅館」、日本の旅館料理の二大巨峰でした。
楽しみが増えました。
カミさんと 「次は、ホテル・ミクラスに泊まって、夕食を食べに行こうか」 ・・・・

絶品!

いやいや、この自然にながれるように素材吟味が流れ出てくるところを見るとすばらいしい!先般もあさばに行った折に寄れなかったのが残念で、ぜひリベンジしたいところです。こういう見栄え重視でないところに良さを感じます。

私たちが好む「磐梯熱海温泉 熱海荘」にちょっと似たところを感じました。

Re:絶品!

Pockieさん、こんばんは!

今回の「蓬」行、最後まで「熱海荘」と迷ったのですよ。
ちょうどこの時期は、一昨年は「かわせみ」、昨年は「よもぎ埜」と、福島の温泉旅行のつもりでした。
「蓬」に決めたのは、「名古屋から東京に出て、そこから東北新幹線に乗って、郡山から在来線に乗り換える」、この往復旅程をシンドイと思うようになったからでした。
モチベーションが低下していたのでしょう。

Pockieさんのところの「八甲田ホテル」、懐かしく拝見していました。
「辞める、辞める、詐欺」で謹慎中なので(笑)、コメントは差し支えていましたが、謹慎が解ければ、またお邪魔しますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ずっと拝見させていただいていました。
旅館ホテル編が終了とかかれていたので、大変残念に思っていました

今日、たまたま旅館ホテル編をあけてみたら、再開ということで大変喜んでいます

あびたろうさんのような素敵な食事や旅館の宿泊記を、拝見させていただけることは
本当に楽しみなので、これからもお願いします


pinokoさん、こんばんは!

心温まる励ましのお言葉、本当にありがとうございます m(__)m

「食べある記」・「憧れの旅館・ホテル」 ともども、もう一度頑張ってみます。
これからも宜しくお願いしますね。

はじめまして

お写真のお造りの褄を見て、蓬莱の料理を懐かしく思い出しました。
いつも蓬莱に行く度に、刺し身に負けないくらい美味しい大根の褄が楽しみでした。
蓬莱のガラス細工のように美しく切られた大根は、歯応えが心地よくて大好きでした。

蓬莱が界 熱海になってしまって以降、あまり良い評判を聴かないので、もう蓬莱のご馳走が食べられないと思い、行こうとは思いませんでした。
でも、こちらで夕食を食べて、界 熱海は食事無し素泊まりで泊まるなら行ってもよいかもしれないと思いました。

yoshi さん、こんばんは!
はじめまして。

蓬莱の刺身のツマは素晴らしかったですね。
経営権が移ってから訪れた時、ツマも貧弱になっていました。
http://abitaro.com/houraisaisin/houraisaisin.htm

界グループは食材の集中管理になっているので、どこも金太郎飴のような食事になってしまったようです。
それなりのレベルはあるのですが、旧蓬莱の、あの食事が大好きだった客には満足できません。

界 熱海に素泊まりして蓬さんに食事に行くことは大賛成です。
ただ、換気が良くないので、服に揚げ物の匂いが付くことは覚悟してください。

蓬の夕食

あびたろうさん、

こんにちは。古い投稿にコメントつけて申し訳ありません。
こちらで知ったこのお店、昨年11月になりますが夕食でいただいてきました。
ブログにようやく載せることができました。遅々とカメの歩みで・・・^^。

http://pockie74.exblog.jp/21668452/

私たちはおまかせでお願いしましたが、一元さんでしたので、かなり素材に気を取られたメニューになってしまったと思います(つまり豪華な素材を使わねば・・・という気遣いで(笑))。好みや意図をもう少しお伝えすべきでしたね。それでも十分に素晴らしさを堪能することができました。小さな一品がとてもすばらしい!しらすのごはんがおいしかったのは私たちの時も同じです。また是非行ってみたいです。

食事が楽しみの私たちにはとても合うところです。
素泊まりOr片泊まりの宿をどちらにするかが課題ですね。

情報をいただいたことにとても感謝です。ありがとうございました。

Re:蓬の夕食

Pockieさん、こんばんは!

大好きだった「蓬莱旅館」、ここは毎晩の贅沢料理に食べ飽きた面々が、「美味しいお茶漬けを食べたい」 といった気分の時に、俗世間を離れて訪れる宿でした。
従って、お料理も 「ハレの料理」 でなく、ちょっとした一品に心の安らぎを覚える料理でした。

「蓬」さんは、そういう期待感で訪れる料理屋さんだと思います。
定番のコースが一番かもしれませんね。

「蓬」さんで「蓬莱旅館」の料理を思い出すことができるのですが、私の中で日本三大旅館の一つであった「蓬莱旅館」がなくなったことは、本当に寂しい限りです。
「あさば」も若女将の代になって変質してきたような感があります。
訪れるモチベーションも下がってきました。

本当の、「日本文化」を具現した旅館が無くなっていくのは寂しい限りです。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!