半兵衛麩(ランチ)

半兵衛麩(ランチ)
03 /27 2013
生麩が大好物の相方からせがまれていたお店です。
正面

販売店舗の入口。
売り場


storemap[1]

暖簾の奥が茶房。
右奥が販売店舗。
暖簾

右側におくどさん。
今は使っていないそうです。
ここで靴を脱ぎます。
中

左側の茶房。
店内

「むし養い(やしない)」という、湯葉・麩づくしのコース。
最初の御膳
左下はやき麩と湯葉の炊き合せ
左上は、生麩をそぼろ風にしたもの
乾燥麩

汲み上げ湯葉
汲み上げ湯葉

湯葉の唐揚(揚げ出し風)、やき麩のあられ風
あられ

生麩の揚物と蓬麩のみぞれ椀
揚げ物

蓬麩の白味噌仕立て
ここまで湯葉・麩づくしだと普通ではさすがにうんざりします。
白味噌蓬麩

お土産に買い求めた「笹巻麩」
饅頭

中は、こし餡。
あっさりとした味。
私としては「麩嘉の麩まんじゅう」のほうが好みです。
饅頭1

麩嘉の麩まんじゅう
麩1

もっちりとした食感、青海苔の独特の風味です。
麩2



新幹線京都駅での定番のお土産。
出来立てなのか、箱がホカホカでした。
餅

出来立ては抜群に美味しい。
名古屋駅のJR高島屋で売っているのは前日製なのか、味がずいぶん落ちます。
餅1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろうさん、こんにちは♪

奥様も生麩がお好きでいらっしゃるのですね!私も同じくです!
生麩好きとしては、半兵衛麩のむし養い料理は一度食べてみたいと思い続けているコースです。
でもいざ京都へ行くと、何故か(笑)つい他のお店に行ってしまい、
未だ口に出来ずにいます^^;

今回こうして詳しく見ることが出来て嬉しいです!
やはりそそられました〜。
今度、京都へ行ったら絶対に行くぞ♪と心に決めました^^

近所のお店で半兵衛麩の生麩が売っているので、時々蓬麩を買います。
フライパンで両面ちょっと焼いて、味噌を乗せて食べる時の幸せったらもう格別です♪

そして阿闇梨餅の出来立てに巡り会えたとは羨ましいです!
いつもよりも絶対にもっちもちですよね(^0^)
こればかりは運が良くないと手に出来ないですから♪

出来立てで思い出しましたが、
長島のホテル『花水木』に行った時、館内で買い求めた『安永餅』が出来立てて、
それはもう美味しくて感激したことが今でも強く心に残っています。
賞味期限は2日間でしたが、買った次の日には固くなり、初日の味とは程遠くなりました。
また長島へ行ったら絶対に買いたいと思っている一品です(^-^)

みみんさん、こんばんは!

女性は、どうしてこうも生麩が好きなのでしょうか?(笑)

>フライパンで両面ちょっと焼いて、味噌を乗せて食べる時の幸せったらもう格別です♪

うちのカミさんも、まったく同じです(笑)

阿闇梨餅は刻々と味が落ちていきます。
安永餅も、そうですね。
三重県では「なが餅」といって、四日市の笹井屋の「なが餅」、金城軒の「太白永餅」、そして桑名の「安永餅」が有名です。
「安永餅」は他の二つと違って焦げ目が無いのでとても柔らかいですね。
そのため、日持ちがしません。
他の二つは、翌日にはオーブンで焼くと、違った美味しさになるのですが・・・

「安永餅」は実家へ帰る時の定番のお土産です。
両親も、妹も、甥っ子達も大好物なのですよ(笑)

4月中に、多治見のお店を予約しました。電車に乗って行ってきますね。
久し振りで、楽しみです。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!