八泉2月(2012)

八泉2月(2012)
02 /05 2012
今回は、八泉と美山荘をこよなく愛する、私の旅の師匠御夫妻との会食です。
今月の室礼
室礼

玉〆・このわた
いつもより少し、このわたの香りが強いように感じました。
玉〆

平目の薄造り・赤貝・筍・うるい
生臭さが全く無く、甘みのある赤貝。仄かなで上品な甘みのある筍。
春ですねえ~
造り

平目の皮の湯引き
平目があまりにキレイだったので、作ったとのことでした。
皮

ポン酢と酢味噌
醤油

すっぽん鍋
生姜の加減が絶妙で滋養たっぷりでした。
すっぽんの肉も今まで食べた最高の味。
噛めば噛むほど美味しい肉の香りが口の中に広がり、秋田で比内地鶏を初めて食べた時と同じような感激でした。
葱のみならず、お餅も素晴らしく美味しい。
鍋

鮪の赤身のづけ・甘鯛・平目
鮪はいつもより若い感じがしました。小型の鮪なのでしょうか。
甘鯛は柚子の香りを効かせてあり、びっくりするような美味しさでした。
鮨

上から時計回りに黒豆・魚の卵・蓬麩・海老の足の天麩羅・鰯・数の子の一夜干し・高野豆腐・すっぽんの煮こごり
いつもながら手の込んだ八寸です。
八寸

素敵な器。
器

甘鯛の蕪蒸し
きくらげの食感がアクセントとなり、甘鯛の柔らかさと良く調和していました。
蕪蒸し

白魚・タラの芽・蕗の薹の天麩羅
これも春いっぱいの香りが溢れています。
天麩羅

筍ご飯
結構塩味が効いていました。
ご飯

すぐきが絶品
手前はおまけの鰯
香の物

これもおまけの、きくらげ。
きくらげ

マンゴーと日向夏のジュレ
ジュースのようでした。
水菓子

この日は新しいスタッフのお披露目もあり、最後はスタッフ4人客4人の総勢8人で大歓談。
5時間半にも及ぶ滞在でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!