神田きくかわ(鰻)

神田きくかわ(鰻)
01 /18 2012
これも久し振りの東京のうなぎです。
名古屋の多くの鰻屋さんは関西風の焼きうなぎなので、関東風の蒸しうなぎを食べる機会がありません。
両国の江戸東京博物館を訪れた際、立ち寄ってきました。
きくかわ全景

高めの値段にも拘わらず、店内は混み合っていました。
たまたま隣の席の客が退席した瞬間にシャッターチャンスがありました。
きくかわ店内

「キャベシン」という別注の漬物。
きゃべつの浅漬けです。
きくかわキャベシン

「うな重」は鰻の量によってランクがあります。
(イ)一尾、(ロ)一尾と半尾の小、(ハ)一尾と半尾の大。(二)二尾。
これは(ロ)です。
吸物は、かなり辛口でした。
丸いのは、ライチ。最後に食べると、後口がさっぱりします。
きくかわうな重1

このように折りたたんであるのが特徴です。
きくかわ折り返し

味そのものとしては皮をカリっと焼いてある関西風の方が好みなのですが、後から鰻の脂の生臭さが鼻に付きます。
関東風は蒸して脂を落としてあるため、とてもさっぱりしています。後の生臭さもありません。
どちらを好むかは、人それぞれなんでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびさん、こんばんは!
神田のきくかわ、数年前まで取引先のおじさんに良く昼にごちそうになってました!懐かしい~。
平日昼もいつも12時前から行列が出来る繁盛店で、2階のせまい座敷に押し込められて食べてましたが、良くごちそうになったおかげで僕の中でうなぎの美味しさを図る基準の味になってますw

ボリュームは圧巻ですよね。

ハマーさん、こんばんは!

きくかわ、ボリューム満点と聞いて、ホテルの朝御飯を控えめにして出かけたのですよ。
でも「蒸しうなぎ」のためでしょうか、1.5尾をペロって食べてしまいました。
「焼きうなぎ&こってりタレ」の関西風うなぎでこの量は、きっと苦しかったでしょう。

うどんや汁物、うなぎなど、関東と関西の違いって面白いですね。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!