あさば

あさば
11 /01 2011
修善寺にある名旅館「あさば」
暖簾は4種類あります。
これは「三日月と満月」、秋の模様です。
春は「水玉」、夏は「波」、冬は「市松模様」です。
あさば玄関

定番の穴子の黒米寿しは、腹にこたえるため断っています。
あさば山吹献立 (2)

頼んだお酒は「鄙願」。
山吹酒器1 (2)


山吹お猪口 (2)

食前酒は「萬燿」、修善寺の地酒。
華やかな味でした。
山吹食前酒 (2)

塩加減抜群の銀杏。
山吹銀杏 (2)

ゆばむし
薄味で品が良く、心の安らぐ味でした。
山吹ゆばむし (2)

左上から時計回りに、「ハタの昆布締め」・「くらげ・胡瓜・椎茸の胡麻酢和え」・「栗きんとん」・「無花果」・「子持ち鮎」、真ん中は「穴子真丈」・「才巻き海老」 。
どれも優しい味で、とても美味しい。
山吹盛肴 (2)

沢煮椀
これも優しくまったりする椀物。
薄味ながら、食材から出る出汁はしっかりとしています。
山吹沢煮椀 (2)

鮪・烏賊・ハタ
新鮮さ、甘さ、申し分のない造り。
山吹造り (2)

鰆の炭火焼
ここで焼くのではなく、焼き上がったものを七輪ごとそのまま持ってきます。
山吹鰆1 (2)

ここの鰆はいつも分厚い。
脂の乗りも素晴らしく、皮の部分が格別美味しい。
山吹鰆2 (2)

蕪のあちゃら漬け
山吹鰆3 (2)

菊菜の香りが強すぎて、松茸の香りが負けていたのが残念。
すだち醤油そのものは薄味で美味しいので飲み干しました。
山吹お浸し (2)

本来は唐揚げなのでしょうが、酒蒸しに替えてくれました。
山吹酒蒸し (2)

蒸鮑も満足。
山吹鮑 (2)

ここまでなんとか軍鶏鍋を楽しむ余力を残しました。
山吹鍋1 (2)

白葱は充分甘く、軍鶏のつみれの脂も素晴らしい。
山吹鍋2 (2)

玉丼は軍鶏鍋の汁が煮詰まっているため、ややからい。
山吹玉丼 (2)


山吹香の物 (2)

デザートはもちろんブラマンジェ。
そんじょそこらのスイーツショップより遥かに美味しい。
山吹ブラ (2)

アイスクリームは「しょうが」と「焼き茄子」。
焼き茄子の発想がでるのが驚き。
確かに焼き茄子の香りがしました。
山吹アイス (2)

「あさば」の夕食は、私が経験した宿の中では文句なしの一番だと思います。
選び抜かれた食材を、素材の味を生かしながら丁寧に料理してあります。
素材の味をいかした薄味、まさに薄味好みの料理です。
季節の定番ばかりで変化に乏しいとの声もありますが、それが逆に、ひと品ひと品を完成の域に押し上げているのだと思います。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おかえりなさい。

あびさん、こんばんは!

あさばに行っていらしたのですね!!
HPの訪問記も見させていただきました。
2年ぶりというのはちょっと意外です。
電話係の女性との諍い(?)とありますが、滞在中に不快なことはありませんでしたか?

私はそんなに数多くの宿に行っていませんが、「あさば」だけが独特の空気を感じられる宿でした。
その空気は玄関を入った時から肌に伝わってくるものです。
(なんか上手く表現できませんが)

そしてやはり訪れた宿の中ではあさばの夕食があびさんにとって、文句なしの一番なんですね!!
二番、三番はどこだろう?(想像はできるのですが笑)
「八泉」「河文」「あさば」と素晴らしい料理を堪能されて、本当に羨ましい限りです。

Re:おかえりなさい

みくさん、こんばんは!

あさばとの電話は鬼門なのでしょうか(笑)
初めての電話の時から問題ありで。

滞在中は特に問題はありませんでした。
何人かの部屋係の女性が東北出身者で、その多くが震災後地元に帰って行かれたそうです。
私どもについてくれた女性は、とても素晴らしい女性でした。立ち居振る舞い、知識も素晴らしく、一年前から「あさば」にいるそうです。控えめに(笑)以前はどこにいたのか聞いたところ、某有名ホテルに勤務していたそうです。

「あさば」の空気ですが、私も最初の訪れの時、玄関に入ったとたんに感じました。
後から、どこが違うのだろうと相方と言い合ったのですが、「埃ひとつない清潔な空気が醸しだしているのでは」という結論になっています。

「あさば」以外の夕食ですが、二番、三番と序列を付けるのは難しいですが私好みの宿を数軒挙げるとすれば
「半水盧」・「美山荘」・「柊家」・「石葉」・「かつての?蓬莱」でしょうか。それに次ぐのが「海石榴」。
それから最近は「俵屋」も好きですが、少しばらつきがあるのが残念です。
「海石榴」については、ここにも載せましたから、みくさんの感想と比べてみてください。
http://puiko2000.blog27.fc2.com/blog-category-233.html

あびたろう

FC2ブログへようこそ!