美山荘 昼食

美山荘昼食
10 /15 2008
美山荘母屋の玄関、左手の建物は新しくできた食事棟です。

美山荘本館ブログ


美山荘昼食献立(ブログ


定番の「あけび茶」から始まります。独特の香ばしさ、悪く言えば少しばかりいぶり臭いかも。
美山荘昼お茶ブログ

(一献)
食前酒は、「弥栄鶴(やさかづる)」、丹後の酒です。やや甘口ながら、さらりとしていて後口の良い酒でした。食中酒もこれで通しました。
美山荘昼豆ブログ

銀杏みそ朴葉焼き、大ぶりの銀杏で香りも良く、なかなかの味でした。みそは濃い味でしたが、銀杏と良く合っていました。
美山荘昼一献ブログ

栗の木を削った手作りの箸ですが、食べるのにちょっと苦労します。削った時は真直ぐだと言っていましたが
美山荘箸ブログ

(向付)
岩魚造り、癖が無くあっさりとした味でした。わさびが美味しい。
美山荘造りブログ

(汁)
白味噌仕立の椀物。一般的な京風の白味噌仕立よりも出汁(昆布味の勝った)をしっかり利かせていて、はっきりした味でした。とても美味しかった。
美山荘昼汁ブログ

(八寸)
ちょっと寂しい八寸でしたが、月見芋の胡麻団子揚や川海老は、なかなかの味でした。地玉子みそ漬や丹波黒枝豆は、味よりも話の種というところでしょうか。
美山荘昼八寸ブログ

(進肴)
焼松茸、丹波産の松茸とのこと、確かに香りも素晴らしく楽しめました。かぼすというところが、またいいですね。
美山荘昼松茸ブログ

(口取)
くるみ豆腐、もっちりとした食感は素晴らしいのですが、くるみ豆腐そのものが好みではありませんでした。
美山荘昼豆腐ブログ

(お凌ぎ)
鯖すし、酢の効かせ具合が素晴らしく、最高に美味しかった。もっと食べたいくらいでした。鯖街道の一翼を担っていただけの歴史があるのか、感激の味でしたた。
美山荘昼鮨ブログ

(土瓶蒸し)
これも丹波の松茸。中に鰻の白焼きが入っていましたが、あっさりとした臭みのない味は鱧と見まがうほど。適当に鰻の脂も出ていて、とても美味しい汁でした。これは柚子で。
美山荘昼土瓶蒸しブログ

(焼物)
子持鮎の杉板やき、杉板の香りが強すぎて鮎の美味しさを殺し気味でした。香りが付きすぎるものもどうでしょうか。これはすだち。香酸柑橘類に対するこだわりも面白い。
美山荘昼焼き魚

(箸休)
黒川茸菊菜和え、味が余りなく、ただ口をさっぱりさせるだけの品でした。
美山荘昼小鉢ブログ

(炊合)
煮物というよりも、揚物。茸類の天麩羅のあんかけでした。ここまでくると、さすがにくどいと感じました。
美山荘昼揚げ物ブログ

(御飯)
栗ごはん、これも好みでないので少し残念。
美山荘昼ご飯ブログ

(水物)
梨コンポート、洋ナシでした。和食に洋ナシは合わないような気がしました。ぼやけた味よりも、はっきりとした味のほうが、すっきりすると思うのですが。
美山荘昼果物ブログ

(菓子)
栃もち、皮の食感が素晴らしい。大量生産では絶対に味わえない美味しさです。腹が膨らんだ後でも美味しかった。
美山荘昼菓子ブログ


美山荘昼薄茶ブログ

(感想)
前回(3年4ヶ月前)とは味のベースが違っているように感じました。前回は味がとても濃く田舎風という雰囲気を強く感じたのですが、今回は少しばかり濃い味ながらも京風の雰囲気を感じました。料理人の意図の違いでしょうか。
私としては今回の方が口に合います。


美人で評判の、女将と大女将。
美山荘昼女将ブログ






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!