京大和

京大和
12 /04 2007
伊豆高原に「お宿うち山」という旅館があります。そこを訪れた時、夕食の美味しさに感激しました。その旅館の料理長が京都の「京大和」という料亭の出身と聞き、いつかそこへ行ってみたいものだと思っていました。

いかにも歴史を感じる表門には数人の男衆が待ち構えていました。名前を告げると、そのなかの一人が中へ案内してくれました。
京大和正門ブログ

右端に見えるのは「八坂の五重塔」です。
京大和正門2ブログ

和室に、やや低めの椅子席です。足元はホットカーペットが敷いてあり、とても気持ちが良かった。
京大和部屋2ブログ

酒はオリジナル「京大和」。やや辛口でさっぱりとし味でした。
京大和酒ブログ

 先付: 南京の冬至和え
 碗森: 蟹真蒸
 造り: 伊勢海老・鯛・赤貝
 蒸物: すっぽんの玉〆
 八寸: もろこの甘露煮・いちょう形厚焼・鯛・くわい・数の子の蕪寿司
 焼物: 鰤西京焼・青味大根唐墨まぶし・白髪葱
 焚合: 聖護院大根・鶉つくね・三つ葉・柚子
 御飯: 牡蠣御飯出汁茶漬け・香の物
 果物: 三宝柑ゼリー
 菓子: 小豆餡

京大和先附ブログ

先付を食べ終わったあたりでとんでもないハプニングが起こりました。
停電です。京大和周辺の一画数軒が停電したとのことでした。
最初は非常灯と蝋燭の明かりでしたが、そのうちに非常灯も切れてしまい蝋燭の明かりだけの食事となりました。
料亭の男衆や仲居さんが「前代未聞、初めての経験で」と平謝り恐縮していましたが、これはこれで楽しかったです。
京大和ていでん2ブログ

蝋燭の明かりだけの夕食、どこか面白いではありませんか、そう経験できる事ではありません。ただ暖房が切れたのは少しばかり寒かったですが。
京大和停電ブログ

蟹真蒸の蟹はとても甘く、出汁もまったりしていて絶品。
京大和お椀ブログ

伊勢海老も甘く、赤貝も包丁が入れてありとても美味しかったです。指月で出た赤貝より数段美味しかった。
京大和造りブログ

すっぽんも、これぞすっぽんという、しっかりした味がしていました。
京大和玉〆ブログ


京大和八寸ブログ


特筆すべきは鰤と白髪葱の相性。これほど美味しい鰤の焼物は初めてです。
京大和焼き魚ブログ

焚合の出汁もまずまずの味。
京大和炊き合わせブログ

牡蠣御飯も生臭さは微塵も感じず、浅葱を入れて食べたらお代わりをしたいくらいでした。
京大和ご飯ブログ


京大和水菓子ブログ

全体的に少し味が濃いかなとも思いましたが、とても美味しい料理でした。


帰り際、玄関から中庭を通しての 「八坂の五重塔」 の夜景は見事でした。
男衆に見送られて門を後にしました。
京大和夜景ブログ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!