八泉3月

八泉3月
03 /05 2011
3月の八泉です。
月次の活け花・掛け軸。
八泉月次

お祝い事も兼ねているで、大将からのプレゼントのシャンパン。
八泉大将 (2)

アンティークのグラスとのこと、グラスのシャンパンゴールドの色合いが見事でした。
八泉グラス (2)

うすい豆の葛寄せ・ゼンマイ
まさに春の色。品の良い薄味でした。
出汁は飲み干しました。
器も春ですね~。
八泉先付け

この段階での八寸は珍しい。
蒸し鮑から時計回りに、菜の花胡麻和え・蕗の薹、たらの芽、海老の天ぷら・お多福の百合根和え・蕗と南瓜の煮物・鮪ズケの鮨・そして真ん中が錦玉子
いつものように充実した八寸です。
八泉八寸

鯛の薄造り・ばちこ
相変わらず美味しいポン酢。
八泉造り

小鯛の道明寺蒸し・筍・木の芽餡
これは感激の味でした。道明寺・筍・木の芽餡が絶妙のハーモニーを奏でていました。
八泉魚

真名鰹柚庵焼き・骨煎餅・金時草の白和え・独活・きぬかつぎ
きぬかつぎは皮も美味しい。
八泉焼き魚

炙り烏賊・赤貝、酢味噌和え
烏賊や赤貝の素材の良さを充分感じました。
八泉口直し

卵豆腐、すっぽん入り出汁
すっぽんが名脇役の出汁加減、卵豆腐と葱だけの具材、余計なものは一切ありません。究極のお椀と言っても良いのでは。
こんな美味しいお椀は初めてと言っても過言ではありません。
本当に感激の味でした。
八泉椀物

木の芽・筍ご飯、香の物
これも感激の味。
塩加減が絶妙で、この炊き方が好みでない私ですが、初めてお代わりをしました。
八泉ご飯

日向夏ジュレ寄せ
こういうデザートは口がさっぱりします。
八泉果物

今日の料理は本当に美味しかった。
食材が互いに邪魔をしない味、それでいて素晴らしいハーモニー。
記憶にある限り、最高に美味しい料理でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!