名古屋吉兆ランチ再訪

名古屋吉兆ランチ再訪
01 /04 2011
明けまして、おめでとうございます。
今年は良い年でありますように。

新年最初の食べ歩き、おめでたい所でということで・・・
湯飲み茶碗が素敵です。
吉兆看板吉兆湯飲み


吉兆席 (2)

冬らしく澄みきった眺めです。
吉兆眺め

香煎茶
吉兆香煎茶

食前酒
大吟醸「貞翁」
吉兆食前酒 (2)

先附
菜の花胡麻クリーム・田作り・金柑甘煮・ちょろぎ・子持ち昆布・土筆入り揚物
お正月の雰囲気です。
吉兆先附

お椀
吉兆合わん器

京風白味噌仕立てのお雑煮
蕗の薹・里芋・京人参大根・自家製餅
鰹出汁のかなりきつい味付けでした。瓢亭や美山荘のそれとはまったく異なる味です。
吉兆お椀

焼き魚からは湯気が立っていました。
吉兆松花堂

内訳は
造り
メバチ・鯛・金目鯛の炙り
造りとしてはいまいちですが、松花堂弁当としては仕方がないかもしれません。
吉兆造り

炊き合わせ
ひろうす・鶉丸・椎茸など、とても美味しい味付けでした。
吉兆炊き合わせ

とても美味しい和えものが揃っていましたが、茶碗蒸しは濃い味でした。
吉兆和えもの (2)

鯛の塩焼き・柚子皮の蜜煮・焼き葱
吉兆焼き魚

定番のアルデンテの切りご飯
吉兆御飯

香の物
出来合いの味ではありません。
吉兆香の物

水菓子
これは前回と同じでした。
吉兆水菓子

最後のお茶
吉兆お茶


前回同様、出汁は鰹優位で物によっては濃い味でした。
味付けを変えているのかと聞いてみましたが、水の違いでこういう味になってしまうという答えでした。

名古屋吉兆開店早々の味は、もっと京風だったように記憶しています。
「八泉」や「やま内」では薄味をとおしているのですから、単に水の違いだけとは思えません。
「八泉」や「やま内」では多くの名古屋人の支持を得ることは困難でしょう。
やはりここ「名古屋吉兆」は、名古屋人好みの味に変えていると思います。

それでもCPの素晴らしいお弁当でしょう。
時々は食べに来たいものです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろう

FC2ブログへようこそ!