招福楼本店

招福楼本店(八日市)
10 /24 2010
毎年恒例の、仕事仲間の食べ歩きです。
今年は、日本料理の聖地のひとつと言っても良いと思われる、八日市の「招福楼本店」です。
表の道路から石が敷き詰められたアプローチがあります。
招福1


いかにも格式がありそうな門。
招福」門


庭も素晴らしいものでした
招福庭


玄米茶でしょうか
招福お茶1


食前酒 菊の花びらが風情です。
秋田の「高清水」というお酒。なかなか美味しいお酒でした。
招福食前酒


口取り
残念ながら、お品書きがありませんでした。
菊・海老・雲丹・山芋。
酢味噌に海老の味噌を和えてあるようで少し生臭さを感じました。
招福口取り


お酒は八日市の地酒の「大治郎」。
少し酒臭かったですが、食事の邪魔をせず飲みやすいお酒でした。
招福酒1


椀物
松茸・鱧・湯葉・柚子
昆布と鰹が半々と思われる加減でした。
鱧が焼いてあり、その香ばしさが抜群でした。松茸の香りはいまいちでした。
招福お椀


とても素敵なお椀でした。
招福お椀1


造り
鯛・烏賊
造りは残念でした。烏賊に甘さを感じませんでした。
招福造り


魳の西京焼
焼き魚で魳が出ると、少しばかりがっかりするのですが。
しかし焼き加減は素晴らしかったです。
招福焼き魚


八寸
フォアグラにトンブリ。醤油味でした。
揚げ銀杏・蝦夷鮑・イクラの柚子釜。イクラの下にはアボガドが入っていました。
柿膾。
楽しい八寸でした。
招福八寸


近江牛に柴漬。
辛子醤油で食べるのですが、無くても良いと思いました。
招福肉


酢の物
ワタリガニ・なめたけ・根三つ葉
三杯酢の味が濃すぎました。
招福酢の物


炊き合せ
蕪・鶉丸
これは美味しい炊き合せでした。鴨も癖が無く、出汁も飲み干しました。
招福炊き合せ


菊雑炊
鯛が入っていました。
梅干しの味が少し効きすぎていましたが、なかなか美味しかったです。
招福雑炊


香の物
自家製とのこと。
たくあんが素晴らしく美味しかったです。
招福香の物


最後になって、「白いご飯は?」と聞いてきました。
少しだけ味みをしました。
かなり柔らかく炊き上げていました。べちゃっとしていると言っても良いくらい。
招福御飯


お菓子
栗きんとん。中に粒餡が入っていましたが甘さを抑えてあり、美味しかったです。
招福菓子


薄茶は、薄すぎでした。
招福薄茶


これで終わりかと思っていたら、薄茶のあとから果物とシャーベットが出てきました。
薄茶が最後のお店が多かったものですから少しばかりびっくりしました。
シャーベットは洋梨。
招福果物


そして最後は、ほうじ茶。
招福ほうじ茶 (2)

椀物・八寸・炊き合せは、さすが! と思わせるものでしたが、最初の口取り・造り・酢の物は好みではありませんでした。
しかし、とても格調高い料理だったと思います。
仲居さんのレベルにばらつきがあったのは残念でした。
所作にも格調の高さが伺えませんでした。この点が、嵐山吉兆や俵屋との差でしょうか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あびたろうさん、こんばんは♪

まずはお庭の素晴らしさに目を奪われました!
主に平屋なのでしょうか?敷地も相当広そうですね。

基本をしっかりしつつ、創意工夫もありで楽しそうな料理ですね。
八寸や「近江牛に柴漬けを辛子醤油で」など、ありそうで食べた事がない料理の数々、大変興味深いです。

栗きんとんからデザートまで出たりと、全体に多彩でどのような方でも好みの料理がありそうですね@^^@
私も行った気持ちになって楽しめました♪
ごちそうさまでした♪♪♪



みみんさん、こんばんは!

基本はしっかりしていたと思います。
出汁もある意味完璧だったと思いますし、鱧も見事でした。
魳の焼き方も素晴らしいですね。
良い料理人が育っていくことでしょう。

イクラにアボガド、焼き肉に柴漬け、フォアグラにとんぶり醤油、と、面白い挑戦でした。

私としては、もう少しすっきりとまとめて欲しかったな。
あれもこれもは、多すぎる年齢となりました(笑)

今週末は八泉なので、良い話題ができました。

ご無沙汰でございます。
こんばんは。
「招福楼本店」来ましたね!
「吉兆」と並んでここ出身者も多いアレですが、アレですねw
もう10年は行ってないので、そろそろ行きたいなぁと思ってたんですが…もろことか食えるなら行きたいなぁ。
今年の秋はどこでご飯食べようか悩んでるですよ。
つってもあび財閥と違うので、せいぜい昼飯ですがw

ちゃろさん、こんばんは!
お久し振りで。

招福楼出は駄目ですか?
私の尊敬する師匠は「桜田」を勧めていましたが・・・
吉兆は変な弟子がいますね。
古今青柳はがっかりだったし、加瀬はお話にならないし。
吉兆3兄弟はお笑いだなあ~
青柳出の「龍吟」や「小十」が評判というのもどうなんでしょうね?
吉兆出でも多治見の「如雲やま内」はなかなの店だと思うし、要は出身より「本人の才能」なのかな


そういえば名古屋に「名古屋の老舗料亭か茂免で15歳から15年間修業後、金沢で250年の歴史を誇る老舗つば甚で料理長を6年間務めた」という料理屋があるけど、さっぱりだったな。

ところで「あび財閥」ですが、お目出度いことやお目出度くないことが一挙に押し寄せてきまして、財政負担が不健全化している状態になりつつありますww
来年は債務超過なんてことにwww
ということで、11月の怒涛の外出を最後に来年のGWまで温泉旅館は無しですわ。
来年は、赤観連泊(スキー)・俵屋(桜)・GWの万平連泊のみ。
それも、いつキャンセルになることやら?

あびたろう

FC2ブログへようこそ!