淡如雲

淡如雲
09 /25 2016
多治見の名店、「如雲やま内」の大将、山内氏が、多治見のお店を閉めて名古屋に来られました
そのお店は、那古野エリアで、「みつ林」など数店がかたまっている一角のすぐ横にありました
マップ (3)


6時少し前には、すでに暖簾が掛かっていました
壁の上から木が顔を出しています
正面


お店の中は、カウンターが6席
店内1


オープンキッチン
外から見た木の下部が見えます
店内2


奥には、個室仕様のテーブル席
大将曰く、「あれは余分だった。お客さんが10人入ると、なかなか目が届かない。」
店内3


まずは冷酒
酒器


赤武という岩手のお酒
フルーティーで、爽やかな味でした
酒壜1


多治見時代と異なり、肉割烹というジャンルで勝負しています
基本的なコースの中で、メインの肉を、「もも」・「サーロイン」・「シャトーブリアン」の選択ができるようになっています
「もも」は好みでなく、「サーロイン」は、サシが多すぎたので、「シャトーブリアン」のコースにしました
サシの入り加減が、丁度良いですね
肉


最初に出てきたのは、「モモのたたき」
60℃、1時間調理とのこと
ソースは無花果
たたき (2)


椀物
オックステールの真丈
しっかりとした昆布出汁のなかに、ほんのりとオックステールの香りがします
鶏の出汁も入っているとのこと、見事な出汁加減です
椀


牛タンの昆布〆
水菜のソース
昆布〆


木箱の中には昆布が敷き詰められていました
昆布〆2


リブロース
上にはスライスした梨
良く合うもんです
梨


次のお酒
郷乃誉、茨木産です
赤武より、やや辛口ながら、これもフルーティーでした
酒壜2


八寸です
葉っぱの後ろに隠れている、薩摩芋とクリームチーズとカマンベールのマッシュ
これが滅茶苦茶美味しかった
相方が作り方を聞いていましたが、我が家でもできるでしょうか?
「なんちゃってマッシュ」が、関の山でしょう
八寸


牛タン厚切りの西京漬
西京味噌の香りは薄かったですね
西京漬け


メインの肉料理に備えて、グラス赤ワインを注文
赤


アルゼンチンのピノ・ノワール
赤瓶


冷たい、しゃぶしゃぶ
ソースは、胡桃と胡麻
しゃぶ


左端は里芋のコロッケ
手前の器の中には、カレー
レーズンやドライトマトが入った、煮込まないカレー
これがまた美味しい
こういうものの味付けは、天下一品です
カレー


ご飯は、多治見時代と同じように、土鍋で焚いています
土鍋


ご飯は、柔らかめ
合わせ味噌の味噌汁が滅茶苦茶美味しい
ご飯


水菓子
コーヒー羊羹と柿
柿とチーズのソース
水菓子


鉄瓶からお湯を注いで、お茶を入れている若い衆
茶葉は、一保堂
煎茶2


京都のお煎茶の色ですね
煎茶
多治見時代の京料理を引っ提げて、名古屋に進出してくれるのを期待していたのですが、肉割烹とは・・・・・
もともと魚の修行は充分してきたことでしょうから、これからは、肉を極めるということでしょうか
才気煥発な大将のことです
魚を極め、肉を極め、満を持して、次のステージに打って出るに相違ありません
その舞台は?

肉料理に合わせたソース、少しばかり薄味すぎるかな、と感じました
長年培ってきた引き算の調理が、知らず知らずの内に出てしまうのでしょうか




スポンサーサイト

ラ・モデスティ

ラ・モデスティ
09 /19 2016
壺中天のソムリエであった戸田氏が自分のお店を出されました
かつて、この場所には、キリン屋という酒屋さんがありました
大好きだったロイヤル・ハウスホールドというスコッチや、ジャン・フィーユというブランデーを、時折そのお店で購入していたので、懐かしい場所です
建物


お店は二階にあり、階段を昇ります
昇って右側にエントランス
階段


とても上品で、落ち着いた感じの店内です
奥に、個室にもなるテーブル席があるそうです
店内1 (2)



店内2


戸田氏らしいネーミング
ロゴ (2)


この日のメニュー
これって、フルコース!
予想外でした
メニュー (2)


お酒は、お任せ
まずは、泡
泡


ミシェル・チュルジ
ブリュット・ブラン・ド・ブラン・ レゼルヴ・セレクション
泡壜


アミューズ
アフタヌーン・ティー風
アミューズ


豚のリエット&ケーク・サレ
アミューズ1


牡蠣のムース&生ハム・カナッペ?
アミューズ2


自家製パン
パン1


前菜一皿目
飛騨サーモン・フヌイユソース
サーモン


それに合わせた白ワイン
白1


プイィ・フュメ・ シャトー・ド・トラシー
ロワールの ソーヴィニヨン・ブラン
白1瓶


前菜二皿目
オマール海老のロティ
オマール


それに合わせた白ワイン
白2


ムルソー・ プルミエ・クリュ・ ペリエール
ドメーヌ・アルベール・グリヴォー
シャルドネ 100%
白2瓶


魚料理
甘鯛のポアレ
甘鯛


それに合わせた白ワイン
白3


モレ・サン・ドニ・アン・ラ・リュ・ド・ヴェルジィブラン
ドメーヌ・ブリュノ・クレール
シャルドネ 100%
白3壜


パンのお代わり
パン2


肉料理
鴨胸肉のロースト
肉


それに合わせた赤ワイン
赤


北イタリア帰りということで出してくれたのは
バルベーラ・ダルバ・エレーナ・ラ・ルーナ 
ロベルト・サロット
ピエモンテのバルベーラ
ネッビオーロと異なり、土着の味という感じでした
赤1瓶


デセール
ヨーグルトのソルベ
ソルベ


コーヒー
カフェ


プチフール
プチ
予想と異なり、しっかりとしたコース料理が出てきました
それも、かなりレベルが高く、なかなか美味しいものでした
グラスワインも素晴らしい
このまま行けば、きっと人気を呼ぶお店となるでしょう
ただ、最初から頑張りすぎかな?
杞憂かもしれませんが
「小さく産んで、大きく育てよ」という言葉もあります
順調に発展して欲しいお店です


フォーシーズンズ・ミラノ

フォーシーズンズ・ミラノ
09 /14 2016
朝食は、室内の席に案内されました
朝席 (2)


ハーフビュッフェ・スタイルです
朝セット


パン類は豊富
朝パン


チーズ・ハム類
朝チーズ


果物類
朝果物


フレッシュスクイーズド・オレンジジュースは持ってきてくれます
朝ジュース


ラテ・マキアートも
朝ラテ


このパンはヨーロッパ中、どこでも美味しい
朝パン2


取ってきた、ハム類
朝ハム2


取ってきた果物類
朝果物2


卵料理の注文はやめ、パンケk-キを選択
ブルーベリージャムでしたが、バター&メープルシロップのほうが好みかな
パンケーキ


相方は、相変わらずエッグベネディクト
卵とパンの間を、サーモンにしたのが失敗だったとのこと
ベネ
食材の質感はとても高いです


ラ・ヴェランダ (フォーシーズンズ・ミラノ)

ラ・ヴェランダ (フォーシーズンズ・ミラノ)
09 /14 2016
ミラノのフォーシーズンズ・ホテルのメインダイニング
ホテル


テラス席です
テラス席


ディナーの客は、まずここに案内されていました
着飾った客というより、連泊の気楽な客が多い雰囲気でした
テーブル


グラス・スプマンテは、ここでも、カ・デル・ボスコのサテン
たっぷりと注いでくれました
泡


パン
真ん中に見える、クラッカーのようなものがとても美味しかった
パン


スタッフにそのことを話したら、見本を持ってきて見せてくれました
これは売り物ではないとの答えに、少しがっかり
マルコ


料理は、ここもア・ラ・カルトで注文
アミューズ
紫芋のピューレという感じでした
アミューズ


カナッペ風
どれも美味しかったです
アミューズ2


アンティパスト
私は、生ハムメロン
驚きました
日本のレストランのイメージと全然違います
でも、美味しかった
全部、ぺろっとたいらげました
生ハム


相方は、カプレーゼ
あっさりとしたモッツァレラだったそうです
それにもまして、トマトの美味しさは特筆ものと
カプレーゼ


グラス白ワイン
白ワイン


ピノ・ビアンコ
白壜


テラス席が満席になると、室内にも客がチラホラ
ドレスアップしていないですね
室内


プリモ・ピアット
二人とも、トマトクリームのパスタ
日本のレストランのパスタの3倍以上の量があります
ふたりとも、余力が減ってきました
パスタ


赤ワイン
赤1


ルチアーノ・サンドローネ ネッビオーロ・ダルバ ヴァルマッジョーレ 
バローロ・パオロ・スカヴィーノ
この二つを飲み比べてみました
赤1瓶


牛フィレのグリル、赤ワインソース
前日の量の多さに懲りたので、二人でシェアしたのは正解
肉


私は、チーズの盛り合わせ
スタッフ曰く、「カウ、カウ、カウ、カウ、シープ」
チーズ


実際には、色も違っていました
赤2 (2)


バローロ・パオロ・スカヴィーノ
味や香りの違いは、明らかでした
赤2瓶


夜の雰囲気
隣の空いた席では、若そうな男性二人が、美味しそうなサンドイッチでワインを楽しんでいました
連泊なら、それもいいですね
夜景


カプチーノ
ラテ


小菓子は、やはり美味しい
プチ
感激したのは、ワインの値付け
日本の半額くらいでしょうか
料理とワインの総額は、二人で180ユーロ


ガストロノミック・レストラン (パラッツォ・パリジ・ミラノ)

ガストロノミック・レストラン (パラッツォ・パリジ・ミラノ)
09 /09 2016
ミラノのパラッツォ・パリジというホウテルのメインダイニングです
ホテル


席数は、それほど多くはありませんでした。
ダイニング


テラス席もあります
キッチン


グラス・スプマンテ
カ・デル・ボスコのサテン
日本で良く供されるのは「ブリュット キュヴェ・ プレステージ」ですが、比較できない美味しさでした
白ワインをやめて、二杯目をお代わりしました
泡


パン
パン


オリーブオイルはボトルで出してくれます
まだ若いウエイターが、自分の地元のプーリア産で、とても美味しいと、嬉しそうに話していました
オイル


唐辛子オイル、これもプーリア産
唐辛子


料理は、ア・ラ・カルトメニューから選択しました
プリモ・ピアット
私は、ロブスターと果物
とても美味しい一品
ロブスター


相方は、鮪のタルタル
これも、とても美味しかったとのことでした
タルタル

セコンド・ピアット
ミラノと言えば、まずはこれ
リゾット・ミラネーゼ
芯の感触は、日本以上に強いものでした
サフランやチーズの効きが半端ではなく、好みなのですが、量が多すぎでした
リゾット


相方は、トマトの入っていないミネストローネ
塩辛く、ブロッコリーの味が強く、不満な味だったそうです
スープ


メイン料理
二人とも、子牛のカツ・ミラノ風
骨の近くはジューシーで、とても美味しいのですが、なにさま量が多い
リゾットでかなり腹が膨れていたので、少し残してしまいました
私としては、叩いて平たく伸ばしたウィーン風の方が好みです
カツ


赤ワイン
赤


若い彼のお勧め
プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア
これもプーリア産です
とてもイタリア的と思える赤ワインでした
赤瓶


ドルチェ
イタリアンジェラート
美味しいですね
アイス


ラテ・マキアート
あっさりとした味です
コーヒー



シュガー


小菓子
こういうものは、本当に美味しいですね
プチ

あびたろう

FC2ブログへようこそ!