八泉 7月(2016)

八泉 7月(2016)
07 /25 2016
今まで、毎年8月にお精進を食べるため、7月のお料理の機会がありませんでした。
どうしても食べたくて、今年は、7月、8月と連続です。
花


いつもの立山
酒


肉厚の蒸鮑・トロロと新茶の豆腐
やや鰹が勝った出汁加減が素晴らしい。当然、飲み干しました。
鮑


雲丹・車海老・鯛の松皮造り
造里


牡丹鱧・翡翠茄子・じゅんさい
薄味の出汁加減、好みです。
甘みたっぷりの茄子も素晴らしい。
椀


衣かつぎもしっかりと味がついていました。
衣担ぎ


出てきた時は、煙が立ち上っていました。
籠


保津川の鮎
香り充分、頭から全部OKです。
蓼酢は、まったく必要ありません。
鮎


白芋茎の酢の物は、やや甘酢。
ずいき


八寸
牛肉・蛤と潮汁のジュレ・鮨はシンコと茗荷・鯛の骨煎餅・蛸・南瓜・マスカットに大根おろし(マスカットは果物でなく料理の一品になっていました。)
中に、海老の頭の天麩羅・鱧の蒲焼・蘇?
これを作るのに、どれだけの手間暇が掛かっているのでしょうか。
お椀と八寸は、日本料理の醍醐味・真骨頂です。
日本料理のお店の格は、この二品で決まると言っても過言ではないと思います。
八寸


冬瓜のみぞれ・甘鯛・銀餡
相変わらず、品の良い銀餡です。
みぞれの緑色は、冬瓜の皮から出ているとのこと。
銀餡


下から、甘鯛
甘鯛


焦がした香りの素晴らしい、ほうじ茶
ほうじ茶


鯛ご飯
大なべ


鯛をほぐす大将
大将


おこげの部分と、ご飯が、全く別物の美味しさでした。
御飯


左端は、鮑の肝
香の物


太陽の卵と無花果のジュレがけ
豊満とも言える甘さのマンゴーでした。
水菓子


最後は、お煎茶で
煎茶








スポンサーサイト

ラ・メール ザ クラシック(志摩観)

ラ・メール ザ クラシック(志摩観)
07 /16 2016
志摩観 ザ クラシックの一階にあります
正面


パンフレットより借用
クラ席1


ここもサミットの会場になりました
サミット


サミットの写真より
サミット1


リニューアルの際に、かなりの耐震補強をしたとのこと
柱をかなり増やしたそうです
真ん中にある細めの柱が、その一例
補強


ここは夕日が、もろに差し込みます
レースカーテンを閉めているため、眺めは楽しめません
逆光


プランに含まれたメニュー
メニュー


まずは、グラスの泡
ボランジェ スペシャル キュベ
泡


牛肉の煮込み、みぞれソース
スネ肉っぽい肉でした
アミューズ



パン



バター


鮑の香り溢れたジュレ
冷製ヴルーテは、優しい味のヴィシソワーズ
ジュレ


定番のスープ
これは、絶品の味です
スープ


グラス白ワイン
ルバイヤート甲州 シュール・リー
甲州100%
白


鮑はブール・ノワゼが、一番の出合い物ですね
ブール・ノワゼ中心のソースで、幸せたっぷりの味でした
鮑


これは残念な味
コストを抑えたためなのでしょうか
これまでの料理から、2~3段階くらいレベルダウン
普通のレストラン並みの肉料理でした
肉


グラス赤ワイン
赤


カテナ マルベック アルゼンチン
マルベック100%
地酒、という味でした
赤壜


上から、木苺とマスカルポーネのムース
ピスタチオのムースとグリオットチェリーのビスキュイ
フランボワーズのソルベ
デザート


コーヒー
コーヒー


隣の席に7~8人の男性の団体がいましたが、五月蠅いのなんのって
「先生!  先生! 」 という声が良く聞こえてきましたが、どういう団体なのでしょうか?
騒音
ザ ベイスイートのラ・メールのほうが、ずっと落ち着いた雰囲気があります
ワインの品揃えも豊富だった記憶があります
静かに料理と雰囲気を楽しむならば、断然、ベイスイートの方だと思います


志摩観ザ・クラシック

志摩観ザ・クラシック
07 /16 2016
メインダイニング、「ラ・メール ザ クラシック」で食べます
正面


ホテルのパンフレットから借用
クラ席1


この席で食べている客もいました
クラテー


サミットの写真より
サミット1


朝は窓際の席に案内してもらえました
逆光でないので、良い眺めでした
クラ眺


玉子料理選択のハーフビュッフェスタイルです
左側はチーズ類、右側はジュース類
クラ飲


右側は、茸類
クラソー



クラハム


左側はハシュドポテト、右側はひじきのガレット
クラポテ


パンは美味しかったです
クラパン


スープは優しい味
クラスー



クラフル


私は、プレーンオムレツ
まずまずの味でした
クラオム


相方は、例によってエッグベネディクト
バイスイートと同じ味で、満足とのこと
クラベネ


ジュースは野菜ジュース
美味しかったですね
クラセット

桃花林名古屋 7月(2016)

桃花林名古屋 7月(2016)
07 /12 2016
身内のお誕生日会です
紹興酒が苦手というのが多数だったため、葡萄酒系で
まずは泡
モエ・シャンドン
泡


7月おすすめコースです
焼き物入り4種冷菜
冷菜 (2)


車海老の湯引き 醤油だれ
車海老


白ワイン
ドメーヌ・ルフレーヴのピュリニー・モンラッシェ 
白


鮑と冬瓜の細切り入りふかひれの醤油煮込み
鮑の香り充分
ふかひれ


ミル貝と百合根の雪菜炒め
桃花林の炒め物の味です
炒め


牛サーロインの湯葉巻揚げ ココナッツ風味のカレーソース
ココナッツ風味のカレーソース、病みつきになりそうな味でした
湯葉巻


赤ワイン
ルー・デュモンのジュヴレ・シャンベルタン プルミエクリュ レ・グーロ
赤


この日のお酒
壜


サラダ冷麺or蟹肉入り炒飯
炒飯はお持ち帰りにして、冷麺を選択
冷麺


ウーロン茶
茶


桃プリン
プリン


お祝いに出てきた、桃饅頭
桃


別注で、大好きな胡麻団子
これを食べると、ホッとします
胡麻

カーサ・デッラマンテ  ランチ

カーサ・デッラマンテ  ランチ
07 /05 2016
Pranzo B というコースです
メニュー


泡はグラスで、カ・デル・ボスコ
泡


稚鮎は、苦みが強く感じました
口取り (2)


自家製パン
オリーブオイルがついています
パン



カルパッチョ
前菜1 (2)


メジマグロ
ガルムという魚醤が良く合っていました
前菜2


白ワイン
白


ヴィエ・ディ・ロマンス・シャルドネ
イタリア・フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのシャルドネ100%
白壜


枝豆の香りが爽やかでした
パスタ (2)


お肉料理
とても美味しい豚肉でした
肉 (2)


赤ワイン
赤


ピエモンテのネッビオーロ80% バルベーラ ダルバ20%
赤壜


まさに、お茶のジェラートドル (2)


カフェ・ルンゴとプチフール
カフェ
とてもコストパフォーマンスの良いランチでした




あびたろう

FC2ブログへようこそ!