トゥ・ラ・ジョア

トゥ・ラ・ジョア
11 /29 2015
このお店、一見さんお断りなので、今まで訪問する機会がありませんでした。
宮崎の先輩から参加のお誘いがあり、初めて訪問することができました。
繁華街とは無縁の場所にあり、タクシーの運転手さんも地図や住所を見ても不案内、違った場所で降ろされてしまいました。
地図を見ながら探していくと、お店の前でスタッフが待ち構えていました。
外観


いたってあっさりした玄関です。
玄関


この日のテーブルセッティング。
この道の先輩方ばかりです。
錚々たるメンバーの中で、末席を汚させてもらいました。
部屋


まずは、シャンパーニュ
ジュール・ラサール・プレフェランス・ブリュット
泡



メニュー


真ん中の白い球体は、鶉の卵です。中にウンブリア地方の白トリュフを液体にして注入してあるそうです。
生雲丹は、厚岸の馬糞雲丹
思っていたよりも、あっさりとした味でした。
鶉


器が面白いですね。
スープ1


上に乗っているのは、アルザスの黒トリュフ
中には牛蒡と和牛
トリュフも牛蒡も赤土で育つから、合わないわけがないとの話。
言われてみれば、成程と納得。
滋味溢れた味でした。
スープ2


擦りおろしの蓮根・アオサ・鮑・伝助穴子が一体となったスープは、とても美味しいのものでした。
至福の味と言っても良いと思います。
ただ、中に入っていた伝助穴子自体の脂と食感が、スープの美味しさを邪魔している感がありました。
伝助


口直し
ガリを固めて擦りおろして炭酸水を加えたもの。
自家製ジンジャーエールです。
銀座ウエストで飲んだ自家製ジンジャーエールと同じ味でした。
ジンジャー


リトライ・シャルドネ・ティエリオ・ヴィンヤード・ソノマコースト
白


烏賊の一皿
上は、五島のアオリイカを熟成させ、自家製胡麻油で和え上にキャビアを乗せたもの。
下は、剣先烏賊のムース
スルメイカのソースとイカ墨のソース
穂紫蘇が添えてあります。
烏賊の香りと穂紫蘇の香り、和ですね。
烏賊


焦がしたライスペーパーで覆ってあります。
ライスペーパー


それを破ると、中から、ずわい・鱈場・毛蟹、それらの味噌・香茸・真鱈の白子のスープ
本当に、凝った料理です。
カニ


カベルネ・ソーヴィニヨン・シダーヴィル・ヴィンヤード・エルドラド
当地のオーガニック栽培のパイオニアとのことです。
赤1


58℃のオイルバスにで加熱、今流行の熟成肉の調理方法ですが、初めて食べました。
これも、肉の美味しい食べ方のひとつだと思いました。
肉


SODAROCK、ソノマカウンティのメルロー
赤2


Mのサラダ
私には酸味が強すぎました。
M1


クコの美・レーズン・ブルーベリーなどのドライフルーツを、サラドのトッピングにします。
M2


御飯
伊勢海老の甲殻の出汁がよく効いていました。
御飯


山水仙のお茶
究極の烏龍茶と言われています。
茶


棗の中身の写真を撮り忘れましたが、抹茶のアイスだったと思います。
まさに和の水菓子
水菓子


この日空けたワイン
諸先輩方は、「凄いワインだ」の声でしたが、初心者の私には、ただ美味しいとしかわかりませんでした。
修行は、これからです。
壜

全体を通して、洋食というよりは洋風和食のような感じを持ちました。
シェフの強烈な個性と、食材に対する拘りは、感嘆するほかはありません。
しかし、それよりも、同席した先輩方の食に対する探究心の迫力には、ただただ圧倒されたというのが、この日の感想でした。

追記
私の隣の先輩、正面の先輩、そして私の3人が同じカメラを使用(離れた席の先輩方は不明)していたのには驚きました。
一人の先輩曰く 「現在のところは究極のカメラだね」と
意を強くしました。


スポンサーサイト

ラ・ロカンダ  ランチ(リッツ・カールトン京都)

ラ・ロカンダ  ランチ(リッツ・カールトン京都)
11 /21 2015
京都へ日帰りで紅葉狩りに行ってきました。
昼食を、ここで楽しみました。
以前宿泊した時には、朝食の会場となっていた場所です。
正面


グラスのお酒が、とても充実していました。
まずは、泡。
泡


大好きな泡です。
フランチャコルタのスパークリングは、とても美味しい。
泡壜


どのパンも美味しかったのですが、特に、グリッシーニの塩加減は抜群でした。
パン


とても美味しいオリーブオイルでした。
香りが豊かで、ソフトな感じ。リグーリア産とのこと。
大好きなトスカーナの「イ・モーリ・ラウデミオ」とは違った美味しさでした。
オイル1


バルサミコを加えると、違った美味しさになると相方のオリーブオイルに加えてくれましたが、バルサミコの香りが強すぎ、それだけの味になってしまいました。
そのことを伝えると、新しいオリーブオイルだけのものを持ってきてくれました。
オイル2


ローズマグロのタルタル
ヨーグルトスプーマ・ラズベリー・赤玉葱ジャム
少し酸味の強い味付けでした。
タルタル


白ワイン
白


フリウリのピノ・グリージョ 
イエルマンのワインです。
白壜


カッチョッタチーズとマジョラムの自家製ラビオリ、フレッシュトマトソース
小龍包のような水餃子のような食感。
とても美味しい一品でした。
ラビオリ (2)


鰆のソテーとホワイトオニオンソース、モロッコインゲンとグアンチャーレ
和食の鰆のような上質感がありました。
鰆


赤ワイン
赤


プルノットのバローロです。 
赤壜


アメリカ産ショートリブの赤ワイン煮込み、赤人参ピューレ
これが抜群に美味しかった。感激の一品。
肉


別注のチーズ
アカシアの蜂蜜が抜群に美味しく、チーズに良く合いました。
ブルーベーリーのジャムも、さっぱりとしていて美味しかった。
チーズ


デセールはピエール・エルメの担当です。
ババ・イスパハン
かなり香料がきつく、好みではなかったです。
ドル


カプチーノの香りは充分
カプ


プチフール
これも、香料が強すぎ。
デセールからが、残念でした。それまでは、素晴らしく美味しかったのに。
スタッフの話では、客の反応に賛否両論あるとのこと。
プチ


この日は雨模様。予定していた場所はあきらめ、昼食のホテルの近場を散策しました。
傘をさしての写真撮影でした。
(天授庵)
天授庵 (2)


(無鄰菴)
紅葉

円相 (小田原)

円相 (小田原)
11 /16 2015
今年の7月にオープンした、あの中田貞年氏のお店です。
小田原城のすぐ傍にあります。
外観


店内です。
この他に、2~3席の個室様カウンターやテーブル仕様の個室もありました。
席


頼んだお酒は、「黒龍・雫」。
とても美味しいお酒です。
酒


まずは玉〆。
「うち山」で初めて食べて感激した玉〆です。
今回は、生雲丹・蒸し鮑・蕪の霙あんかけ。
玉〆


これは二人分
貝


芹・赤貝・生椎茸の胡麻酢和え
何とも言えぬ味わいでした。
貝2


手前は、ワカサギと胡桃の甘露煮。
向こうは、枝豆山椒風味。山椒の風味がとても合っていました。
ワカサギ


自家製唐墨&大根
唐墨は当然のこととして、大根の味が素晴らしく、出合い物との感を強くしました。
唐墨


茸のお椀
擦りおろし生姜・晒し葱
幸せ一杯のまったり感は、まさに京料理の出汁加減です。
椀


鰤・鮪のトロ・鯛
どれも品の良い味でした。
造里


醤油とポン酢
これも、文句なし。
醤油


お煎茶
これは、いただけなかった。
お煎茶にも拘って欲しいものです。
煎茶


魳の幽庵焼き・松茸・赤蕪の漬物
脂の乗った魳は絶品・赤蕪も素晴らしく美味しかった。
香り付けはシークァーサー。爽やかです。
カマス


鰊・聖護院蕪・隠元の炊合せ
薄味の出汁加減は素晴らしかった。飲み干しました。
鰊


エボダイ・シシトウ・海老芋・銀杏の天麩羅
味は良いのですが、少し腹に堪えました。
海老芋


高野豆腐・なめ茸・法漣巣の酢の物
お酢と出汁の合せ加減が絶妙。これも飲み干しました。
口直し


御飯です
釜


鯛栗ご飯
今までは、別々の御飯でしたが、意外と合うものですね。
御飯


味噌味控えめで、出汁味の勝った赤出汁。
赤だし


爽やかな味の漬物
香の物


焦がした香り豊かな、焦がし茶。
こちらのお茶は、美味しかった。
焦がし茶


水菓子
青無花果・葡萄・無花果のゼリー
柿のソースかけ
最後は、もう少しさっぱりとした物のほうが好みなのですが。
水菓子
一つ二つ小さな不満がありましたが、全体的には大満足でした。来た甲斐がありました。
例年、年初めに上京するのですが、来年は帰り道に再び立ち寄ることにしました。

我が家の近くに「八泉」という類い稀な名店があることを幸せなことだと思っているのですが、「円相」というお店を持つことができた小田原の人々も幸せだと思います。


銀座ウエスト・青山ガーデン

̾��̤����_0
11 /16 2015
国立新美術館のすぐ近くにあります。
銀外観


店内はクラシカルな雰囲気です。(お店のHPより)
店内


木立に囲まれたテラス席もありました。
テラス


ケーキセット
四人で好きなものを選んで、シェアしました。
銀セット


マロン
バターケーキの中にマロンが丸ごと入っています。
バターの味が利いていました。
銀ケーキ1


かぼちゃのモンブラン
クドくなく、美味しかったですね。
銀ケーキ2


玉子サンド
京都のイノダや遊形のほうが好み。
銀サンド


ホットケーキ
これは美味しかった。
銀ホット


カフェオーレ(お代わりOKです)
銀オーレ


自家製ジンジャーエール
銀ジンジャー
名古屋に、こういう雰囲気のお店(もちろん味も)が無いのは残念です。

イルマーレ(小田原)再訪

イルマーレ(小田原)再訪
11 /15 2015
夜の店内
落ち着いた雰囲気のインテリア。
店内


グループの予約でしょうか。
店内2


私の師匠の奥様が絵付けをされたプレートです。
プレート


まずは泡
カデルボスコ
リクエストはベッラヴィスタだったのですが、品切れということで、カデルボスコに。
泡


自家製グリッシーニ、変わった形です。
グリ


ストウッツィキーノ
鰯のフリット、ペコリーノチーズ
なかなか面白い味でした。
アミューズ


フォカッチャ
オーソドックスな味
パン


アンティパスト
鮮魚の盛り合わせ
とても手の込んだ組み合わせでした。
流石ですね。味はもちろん、楽しい料理でした。
前菜


白ワインはシチリアのプラネタ、シャルドネです。
白


金目鯛
パリっと焼き上げた皮が、とても香ばしい。
魚1


牡蠣のパスタ
パスタ1


前回のランチの訪れの時、泡・白・赤とチョイスしたのですが、その時は魚料理だけということを失念していました。
あとから気がつき、泡・白・白に変更しようと思ったのですが、来店した時には、それらを既に用意してくれてありました。
きっと料理もそれに合わせてくれてあるのだろうと、赤のままでいきました。
バローロ・ミケーレ キャルロ、カンヌビの畑のものです。
早くから抜栓しておいてくれたので、美味しく飲めました。
赤


卵のたっぷり入ったタリアテッレ
パスタ2


石鯛&大麦・ウイキョウのソース
赤ワインに合わせたのでしょうか、これは好みに合いませんでした。
ここでは肉料理が欲しかったですね。
魚2


ヘーゼルナッツのスフレ
スフレ


ヘーゼルナッツのアイスクリーム
ヘーゼルナッツが被りました。スフレは無くてもよかったかも。
アイス


カプチーノの香りは充分
カフェ



シュガー


この日のお酒
ボトル
イルーチの方が、好みに合うかな。


あびたろう

FC2ブログへようこそ!