旬香団人俱(あせび野)

旬香団人俱(あせび野)
06 /24 2015
伊豆湯ヶ島にある「あさび野」という旅館のダイニングです。
正面


両側に個室が並んでいます。
館内


我々が使用した個室。
個室


料理の項目の呼び方が違います。
献立


まずは喜久酔大吟醸
そこそこ辛口
喜久酔


次は、初亀大吟醸
これは、かなりの辛口でした。
初亀


最後は、磯自慢大吟醸
まろやかで、三つのうちでは一番好みでした。
磯自慢


蝦蛄、赤貝、生湯葉の琥珀ジュレ掛け
すっきりとして食べやすい味
箸付


八寸というところでしょうか。
青桃蜜煮が面白かったですね。
間引きした小さな桃を使うのでしょうが、確かに桃の香りがしました。
前物


御椀は典型的な関東の鰹出汁。
まずまずの出汁加減でした。
吸物


駿河湾・相模湾を控えていますから、魚はさすがに美味しいです。
造里


伊豆の山葵なのに、すりおろしが白い。
しかし香りは充分でした。
山葵


黄色いソースはクミンとパプリカ入り。
エスニックな味で美味しかったですね。
焼物


ロースハムが興醒めでした。
なぜ入れたのでしょうか。
中皿


養殖稚鮎
残念ながら、鮎の香りはしませんでした。
強肴


あっさりとした味付け
煮物


ほうじ茶
ほうじ茶


炊き込みご飯や赤出汁は、まずまずの味。
食事


南瓜ムースは少しくどかった。
マンゴーは外国物の味。
水物


お煎茶
煎茶
大向こうを唸らせるような味ではありませんが、不満のないものでした。
よく頑張っている料理だと思います。

スポンサーサイト

ラ・フェンテ 再訪

ラ・フェンテ 再訪
06 /17 2015
今回は、一番奥のテーブル。
前回は、右奥のテーブルでした。
店内



泡


かなりドライで若々しいスパークリング
泡壜


今回は安い方のコース
口取り
ホワイトアスパラガスのクレマと雲丹&コンソメジュレ(これはかき混ぜて食べます)・イベリコ豚の生ハム・イワシとナスのカナッペ
とても美味しい生ハムでした。
口取り


パンと
オリーブオイル
パン


オリーブオイルはダウロのもの
オイル壜


鮪と小ヤリ烏賊のソテー・トマトとバジルのソース&唐墨パウダー
鮪


これに合わせてくれた白ワイン
白1


前回と同じワインでした。
アルバニーリョ種、スペインらしい味でしょうか。
白壜1


野菜サラダ
下に見えるガスパチョが、なかなかの味でした。
上にのっているマンチェゴチーズも美味しいものでした。
サラダ


今回は、パスタのパエージャ
パスタ1


まさに海鮮焼きそばといいうイメージでした。
お米のパエージャのほうが好みかな。
パスタ2


アイオリソースもつうていましたが、少し塩辛すぎました。
ソース


二杯目の白ワイン
白2


ソーヴィニヨンブラン
フレッシュ過ぎるというか、若いというか、ストレート過ぎました。
白壜2


イベリコ豚肩ロースの炭火焼き・インゲン豆・ソーセージ
とても美味しいイベリコ豚でした。焼き加減も好み。
肉


それに合わせてくれた赤ワイン
赤


ティント・フィノという品種
しっかりと充実した味、これもスペインの雰囲気でしょうか。
とても料理に合うワインでした。
赤壜


デザートは選択
私が選んだのは、レチェフリータ(カスタードクリームのフライ)・バニラアイス
デザート1


相方が選んだのは、チョコとミントのアイス
デザート2


コーヒー&オレンジピール
コーヒー
スペイン料理にはスペインの泥臭いようなワインが良く合うと思いました。
イタリア料理にはイタリアの田舎っぽいワイン、フレンチには洗練されたフランスワイン。
料理とワインは、それぞれ歴史が作り上げた相性というものがあるのだと、感じさせるお店でした。
日本には、日本料理と日本酒という出会い物がありますね。
中華料理は、紹興酒に好みが分かれるので、アルコールの選択に迷います。



うな春 再訪

うな春 再訪
06 /10 2015
久しぶりの訪問です
正面


ガラスの向こうで、鰻を焼いています
焼き


まずは生ビール、骨煎餅も付いています
ビール


刺身は、鮑・鮪・平目
まずまずの刺身でした
ただ山葵は、本生本わさびと思える味
刺身


私は、特上丼
鰻丼


身の厚さもしっかりあり、なかなかの味でした
しかし残念なのは、ご飯
芯があるような硬さで、甘みもなし
タレご飯を楽しむことはできませんでした。
鰻


肝吸いの出汁は、しっかりしていました
吸い物


漬物
漬物


お茶
しっかりと香りは出ていました
お茶


相方は、特まぶし
まぶし


やはり、ご飯が美味しくないので、お茶漬けがイマイチとのことでした
まぶし2

あびたろう

FC2ブログへようこそ!