ラ フェンテ

ラ フェンテ
04 /29 2015
スペイン料理のレストラン、東区からこの地へ移転してきたばかりです。
名古屋駅から則武の方へ歩いて数分の距離にあります。
階段


二階の窓から見えるのは、バル部門。
レストランは奥にあります。
全景


ドアは共通
ドア


「木の香も新しい」というのでしょうか、洗練された雰囲気です。
点内


まずは泡
泡


お勧めの泡
品種はマカベオ、チャレロ、パレリャーダ、シャルドネ
泡壜


デギュスタシオン
シェフおまかせコースです。
メニュー


本格的なスペイン料理は初めてなので、単に美味しいか美味しくないかしかわかりません。
なかなか面白い味でした。
口取り


自家製パン
香草がよく効いていて、美味しいパンでした。
パン


オリーブオイルの香りは不足
オイル


最初の白ワイン
白1


アルバリーニョという品種
なかなかいけてるワインでした。
白1壜


皐月マスは品良く仕上げてありました。
マス


クミン風味が特徴のスープ
スープ


ドライシェリーです
クミンととても良く合うからと勧めてくれました。
シェリー


確かにクミンの香りと交わると、別のお酒になりました。
シェリー壜


二杯目の白ワイン
白2


ベルデホという品種
ソーヴィニヨン・ブランに似た風味でした。
白2壜


パエジャに差し替えてくれました。
米1


しっかりとアルデンテ
とても美味しい一品でした。
米2 (2)


赤ワイン
赤


テンプラニージョという品種
実は、たまたま自宅でスペインの赤ワイン、「リオ・クネハ・インペリアル・グラン・レゼルバ」を飲んだ時に、急にパエジャを食べたくなり、このお店を予約したのです。
同じ産地のテンプラニージョでも、かなり違いを感じました。
赤壜


肉料理は二皿あります。
まず子牛
これは、まずまず。
肉1


次は成牛
これはイマイチ、少しパサついていました。
肉2


相方は、二皿めをイベリコ豚に替えてもらったのですが、こちらのほうが美味しかったですね。
豚


デザートはこってりと甘く、外国の味でした。
デザート


カプチーノも濃いめ
カフェ
なかなか良いお店でした。
次回は好きなものを、アラ・カルトで頼んでみようと思います。



スポンサーサイト

ザ・レストラン by アマン(東京)

ザ・レストラン by アマン(東京)
04 /23 2015
左端、スタッフが立っている所がレストランの入り口
外観夜


店内は照明を落としており、かなり暗かったです。
店内


窓側の席は、東京の夜景を楽しむことができます。
眺め



アマンメニュー (2)


まず、泡で。
フランチャコルタ・ベッラヴィスタのロゼを注文
最近は、シャンパンより、ベッラヴィスタのほうが好みです。
泡


アミューズ
新玉葱の葛寄せ、花葱・桜海老
桜海老の香りが効いていて、なかなかの味でした。
アミューズ


パンも、まずまず。
パン


左から、オリーブオイル・無塩発酵バター・塩
バター


黑鮑のカルパッチョ・本カワハギ
鮑の肝ソース
前菜


牡丹海老のミキュイ
ミキュイ


赤甘鯛の鱗焼
魚


赤ワイン
赤


日本語があまり上手でなく、なまりの強い英語のイタリア人スタッフがワインの担当だったので、赤ワインの相談は混乱しました。
トスカーナのサンジョベーゼ
赤壜


黒毛和牛のフィレ
肉


デザートは選択
チョコレートのムースグラッセ・木苺のソルベ
デザート1


バニラのパルフェ・あまおうのバシュラン
デザート2


プチフール
プチ


カフェオーレ
オーレ

感激するほどの一品もなく、可もなし不可もなしといったレベルでしょうか。
スタッフのサービスは、まだ、こなれていませんでした。



アマン東京

アマン東京
04 /23 2015
夕食時と同じ場所です。
ゆっくりとコース料理を楽しむことができりと楽しみにしていたのですが、なんと昨日まではビュッフェスタイルだったと言われました。
中国人の団体客がリクエストしていたというのです。
アマンでビュッフェスタイル、これではアマンではなくなってしまいます。
店内朝


相方は、「アメリカンブレックファースト」を選択。
まずは、このコースをアップしていきます。
苺と葡萄のフレッシュジュース
苺


パン類
パン朝


無塩発酵バターと塩・ベリージャム・アプリコットジャム
ペイストリーには不要と思えるのですが。
ジャム


ハチミツ
ハニー


ジンジャー&人参・マンゴー・青汁  3種類のジュース
3種


野菜の盛り付けが面白いですね。
サーモン


ジュースといい、フルーツ・野菜は盛りだくさん。
果物


黄身が硬く、溢れ出す感じがなかったようです。
レ・セゾンやベイスイートのそれに比べると、かなり劣るとのことでした。
ベネディクト1


茸類は美味しいのですが、ソーセージの味はイマイチとのこと。
茸



コーヒー


一方、私の選択。
フレッシュオレンジジュース
確かにスクイーズでしたが、俵屋やレ・セゾンのそれのような爽やかさは感じませんでした。
FOJ


これを食べたくて、アラカルトを選択したのです。
20分ほどかかると言われました。
ブリオッシュのフレンチトーストでした。
ブリオッシュそのものに甘さがありますから、少しばかりクドかったですね。
オーキッドルームやレ・セゾンそれには及びません。
フレンチ


コーヒーの藍は普通
コーヒー
部屋の素晴らしさに比べると、料理のレベルはイマイチだと思います。

2015ザ・パレスラウンジ(パレスホテル)

2015ザ・パレスラウンジ(パレスホテル)
04 /22 2015
アマン東京を出て、用事を済まし、遅めの軽い昼食を摂るため大手町に戻ってきました。
当初は六本木のホテルで昼食を摂ろうと考えていたのですが、予想外の雨で、濡れなくてすむ大手町に戻ってきたのです。
シーフードピラフ
以前に食べた時は、口の中に余韻が残り、本当に美味しいと思った一品。
しかし今回、あの余韻が全く感じられず、平凡な味になっていました。
ピラフ


ミックスサンド
サンド


これは酷かった。
パンはパサパサ、中身はどこにでもあるような味。
とても値段に値するような品ではありませんでした。
サンド2


カフェオーレは普通
どうしたのでしょうか?
今後、来ることはないかもしれません。
ケーキを買って帰ろうと考えていたのですが、止めました。
オーレ

京静華

京静華
04 /21 2015
平安神宮のすぐそばにある、目立たたない中華料理屋さんです。
階段


二人掛けのテーブル席が3卓、それにこの円卓と、受け入れは僅かしかありません。
テーブル

フカヒレ・春巻き・デザート以外は、素晴らしく美味しい料理でした。





お酒は、甕入り紹興酒
酒


筍と塩豚の蒸し物
筍


隠れていた筍
さっぱりとした塩味、柔らかい筍、なかなかの美味しさ。
筍2


鯛の中華風刺身
下のナッツの食感が相まって、面白い味でした。
前菜


鮑の肝ソース
鮑1


何かと肝を合わせようとする向きが多いのですが、私の好みでは、バター焼か焦がしバターソースが一番。
しかし食感は素晴らしかった。
鮑2


これは、無くてもがなの一品。
この分、値段を下げて欲しいと思えるものでした。
フカ


海老と辛くないチリソース。
これは素晴らしく美味しかった。
海老


雲丹・但馬牛・アスパラガス(グリーン&ホワイト)・豆苗の炒め物
これは普通の味
雲丹


春巻き
中に蛍烏賊が入っていましたが、少しばかり生臭かった。
春巻き


キャベツの甘酢漬け
キャベツ


蟹玉子炒飯
これは美味しかった。今まで食べた中で最高の炒飯。
炒飯


一方の担担麺、これは不満。
炒飯と半々にしてもらったのですが、炒飯だけの方が正解だと思います。
麺


杏仁豆腐
これも素晴らしく美味しかった。
豆腐


果物茶
お茶


私としては、ジャスミン茶の方が好み
お茶2


杏仁の滓で作ったクッキー・苺のシャーベット・黒胡麻の餅
これは普通の味
デザート

フカヒレ・炒め物・春巻き以外は、素晴らしく美味しい料理でした。


あびたろう

FC2ブログへようこそ!