ラ・フロレゾン・ド・タケウチ

ラ・フロレゾン・ド・タケウチ
01 /27 2015
右端の椅子のあるところがエントランスです。
全景


一番下のコースです。
タケウチ メニュー (2)


開店二周年記念ということで、シャンパンはサービスでした。
シャンパーニュ・コント・ド・ベリニ
シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%
泡


アミューズ
タスマニア産サーモンのタルタル
後味に余韻が残り、なかなか美味しい一品でした。
アミューズ


バターもオリーブオイルも香り豊か。
パン


グラスワインはおまかせ
M・シャプティエ クローズ・エルミタージュ・ブラン レ・メゾニエ 
マルサンヌ 100% ローヌ地方のワインです。
最初の一口は、かなり苦く感じましたが、すこしずつ柔らかくなっていきました。
下の料理には良く合っていました。
白1


天使海老はとても甘く、ズワイカニとアボガドのリエットは爽やかな味。
野菜も美味しい。
前菜


ムルソー
ヴォーシェール・ペール・エ・フィス
一杯目と違い、やわらかでふくよかな味わいでした。
白2


帆立貝や野菜はとても美味しかったのですが、青鯛は魚臭く、鮮度に疑問を感じました。
魚


シャトーヌフ・デュ・パプ  クロ・サン・ジャン
シラー ・グルナッシュ その他
ボルドーブレンドのような味。
赤


スモークした香りに満ちていました。
骨のまわりの僅かな肉も、なかなかの味。
肉


ほうじ茶のアイス。
美味しかったです。
デザート


この日のワインを揃えてくれました。
最後は、デザートワイン
ゲヴュルツトラミネール  ドメーヌ・リーフレ
アルザスです。
かなりの甘口でした。
ワイン


味や香りは普通
コーヒー


プチフールも普通
プチ
全体敵に食べ易い味でした。
ひとつひとつの味はしっかりしていると思いました。
人気が出るお店なのも頷けます。
しかし換気が不十分で、キッチンの匂いが服に移る可能性が大です。


スポンサーサイト

あらや滔々庵 1月

あらや滔々庵 1月
01 /25 2015
先附
セイコ蟹・胡麻豆腐&雲丹
にごり酒、右端は二杯酢
どれも美味しい。
先附け


酒は黒龍純米吟醸
飲み物リストを見ると、日本酒は僅かしかなく、ワインの品揃えが凄かったですね。
酒


造里
鯛・甘海老・ずわい蟹・鰤
品の良い鰤でした。
刺身


椀物
蟹真丈・大黒しめじ・生麩
昆布がやや勝った出汁味。
まずまずといったところ。
椀


八寸(三人前)
白和え・たらこ煮・サーモンの蓮根巻・穴子押鮨・蕪鮨・菜の花・ワカサギ甘露煮・鴨肉・ぬた・蟹の白菜巻・ベロベロ(かき玉汁の煮こごり)
きっちりと作ってありますね。
八寸


今回は、茹で蟹
さすが甘くて美味しい。
蟹


橋立港のタグです。
タグ



焼き魚
脂の乗ったノドグロでした。
ノドクロ


白子・大徳寺麩
白子


治部煮
すっきりとした味付け。
治部煮


鰤茶漬け
鰤を叩いています。
ご飯


臭みのない、澄んだ味で、後味が良い。
茶漬け


この組み合わせは洗練されていないですね。
水菓子 (2)


甘さ控えめの、きんつば。
菓子
「昨年より、美味しいのでは」という声があがりました。
聞くところによると、昨年末に料理長が代わったそうです。
進化していますね。



楼外楼飯店再訪

楼外楼飯店再訪
01 /15 2015
赤坂の名店、楼外楼、いろんな経緯を経て、いまの場所に移転しました。
30年ほど前に初めて訪れてから、移転や改装などで、4回ほど印象が変わりました。
今回、どのように変わったのか?
味はどうなのか?
興味津々、訪れました。
地下に降りていきます。
前回の訪れです。
http://puiko2000.blog27.fc2.com/blog-category-62.html

正面


中華料理と白ワインは、なんとなく相性が良いような気がしたので、今回挑戦してみました。
白1


フェーブルのシャブリ。
優しい味
ボトル1


前菜の盛り合わせ
とてもオーソドックスな味付けです。
冷菜


ふかひれとタラバ蟹肉のスープ
これも、ほのぼのとした味。
スープ


牡蠣の葱ソースかけ
葱ソースが絶品
牡蠣


ズワイ蟹爪の揚げ物
これは、桃花林の方が美味しいですね。
蟹


シャブリの飲み比べということで、カリフォルニア産を頼みました。
こちらのほうが華やかな味でした。
ボトル2


季節のタケノコと中国海苔の炒め
これも素朴で、ほのぼのとした美味しさ。
筍



北京ダックは、目の前で作ってくれます。
コック



ダック


和牛の黒豆ソース炒め
肉


海老とXO醤のチャーハン
炒飯



搾菜


お茶
冷めないような心使いは以前と同じ。
茶


マンゴープリンは、くどかった。
唯一の不満。
マンゴー

イルーチ(ランチ)再訪

イルーチ(ランチ)再訪
01 /12 2015
3テーブルしかないお店ですが、その中の個室を予約できました。
瞬間芸で撮った写真です(笑)
まずは泡。
ベラヴィスタを頼もうと思ったのですが、ロゼしか置いてなく、ロゼでいきました。
ロゼ


自家製パン
とても美味しいです。
パン


カルドンチェッリとボルロッティのスープ
優しい味なのですが、しっかりと余韻が残ります。
スープ


前菜
上から時計回りに、ヒメコダイ・ソウダガツオにドライトマト・鯖とマスタード・クロムツのフリッター・カンパチ・パプリカのムース・左へはみ出したのは、太刀魚・真中は豚肉のテリーヌ
小田原直送の魚です。
前菜


グラスの白ワイン
シチリアのトリプディウム・ビアンコ
これは素晴らしく美味しかった。
白


モンサンミシェル産ムール貝のパスタ
子ぶりですが、甘さを感じるムール貝でした。
抜群の美味しさ。
パスタ


赤ワイン
タウラージ ラディーチ リゼルヴァ
アリアニコを頼んでみました。
赤


泡と赤のボトルです。
ボトル


メイン料理
鶉の詰め物焼き
右上に隠れている菊芋のピューレが良く合いました。
肉


あまおうパイ仕立て・ヨーグルトのアイス
パティシエ顔負けのドルチェでした。
ドル


香り豊かなエスプレッソ
エス
コストパフォーマンスも味も抜群のお店です。


アンダーズ東京

アンダーズ東京
01 /12 2015
レストラン・タヴァンでビュッフェスタイル
(写真はホテルのHPより)
店内


いろんな種類の食器を揃えてありました。
向こう側はオープンキッチンです。卵料理を作ってくれます。
オムレツ・スクランブルエッグ・ポーチドエッグのリクエストができます。
キッチン


左からオレンジジュース・グレープフルーツジュース・ブラッドオレンジジュース・マンゴージュース・人参ジュース
残念ながら、フレッシュスクイーズではありませんでした。
ドリンク


パン類
味は、まずまずといったところ。
パン1


トースト系のパンです。
パン2


ヨーグルトやシリアル類
シリアル


ハム・スモークドサーモン・チーズ
ハムは、なかなかの味。
ハム


野菜
野菜


二人分です。
オムレツは美味しかったのですが、これで9000円以上とは、ちと高いですね。
セット

あびたろう

FC2ブログへようこそ!