妙見石原荘

妙見石原荘
12 /30 2014
レストラン「石蔵」。
インテリア、凄く個性的です。
部屋



部屋1


半個室仕様ですが、すべて内装が異なっています。
部屋2



部屋3



部屋4



部屋5


私たちに用意された個室
部屋6


渓流がよく見えます。
部屋7


料理のグレードアップはしていません。
石原荘献立 ブログ


白ワイン
牡蠣に合わせてシャブリとのこと。
白



柚子釜の中に牡蠣が入っています。
なかなか美味しい。その後に期待が持てます。
柚子


酒は佐賀
東一(大吟醸雫搾り)と(大吟醸)の飲み比べ。
雫搾りのほうが純粋な味と感じました。
酒


冬日和と名付けられた前菜
サーモンの鮨・紅葉に形取った烏賊・車海老・薩摩鴨・辛子蓮根・慈姑煎餅
どれも、きちんとした味をしていました。
前菜


平目・真鯖(中に挟んであるのはポン酢ジュレ)
造里


伊勢海老
海老


伊勢海老につける黄身醤油
黄身の味が好みなら良いのですが、少し味が強すぎました。
黄身醤油


白味噌仕立て猪肉茶沢煮椀
少し甘目ですが、なかなか面白い味で満足できました。
椀


黒豚スペアリブ
さすが黒豚の本場、とても美味しい豚肉でした。
豚


口直しの林檎ソルベ
ソルベ


冬野菜焚合せ(二人分)
炊合せ1


これも少し甘目すが、優しく品の良い味付けでした。
炊合せ2


焼酎のサービス
私には芋焼酎、相方には米焼酎
焼酎


鹿児島黒牛蒸ししゃぶ
少し腹にきだしました。
しゃぶ


胡麻ダレ
胡麻


戻り鰹と薬味
お茶漬け用です。
鰹


かなり硬めのおこげ
握り


お茶漬け用の出汁茶
出汁茶


臭みも無く、なかなか美味しいお茶漬けでした。
茶漬け


漬物も美味しい
漬物


ほうじ茶
ほうじ茶


柿・洋梨・柘榴
甘さは、まずまずでした。
果物


黒糖アイス
甘さは、控えめ。
アイス


お煎茶
煎茶
全体的に少し甘目の味付けでしたが、温泉旅館のレベルを遥かに超えた、満足できる夕食でした。


スポンサーサイト

吉泉 お昼 (京都)

吉泉 お昼 (京都)
12 /20 2014
念願かなって修学院離宮の参観に行ってきました。
離宮から近い場所でお昼を食べようと思い、八泉の大将が修行されたお店であり、近年☆☆☆となったことから、ここを選びました。
あまり目立たない玄関です。
正面2


案内されたのは個室。
部屋


などの向こうは、下賀茂神社の糺の森。
窓


かりん風味の、柚子湯
ゆず


選んだ酒は、黒龍八十八号
酒


かなり華やかな味でした。
酒器


先附
先附1


中からは、茹で蟹
右下の器の中は、蟹味噌を固めたもの。上に山葵。
蟹味噌を崩し、蟹の身を入れてかき回して食べます。
左下の器の中には、蟹のせせり身と三杯酢。
かなりきつい味でした。
先附2


柘榴のゼリーと、もずくの酢の物。上には浜防風。
これも酢の味がきつめ。
ゼリー


椀物
椀1


蟹真丈・どんこ椎茸・針柚子
昆布出しですが、蟹真丈の甘さなのか、かなり甘めでした。
椀2


五島列島の剣先烏賊・温泉玉子・山かけ・山葵
山掛け


温泉玉子は固めの黄身
かき混ぜて食べろということでしたが、なんだかねえ~
山掛け2 (2)


メバチのカマの炙り
下に敷いてあるのは、かき氷。
脂の乗ったカマでした。
炙り


ちり酢
これもキツイ味。
ちり酢


なぜかここで赤飯。
これは上手に蒸し上げてありました。
上は栗
赤飯


炊合せでしょうか
蕪器


ふろふき蕪
八丁味噌が、やたらクドイ。
蕪


安曇川産子持ち鮎の鞍馬煮
これも、かなりの濃い味。
鮎


ほうじ茶
ほうじ茶


上に乗っていつのは白髪葱
雑炊1


すっぽん雑炊でした。
お餅も入っていました。
雑炊2


香の物
胡瓜と思いきや、ズッキーニの漬物。
香の物


水物
水物1


オレンジのゼリー
これが一番美味しかった。
水物2


ゼリーにコワントローを入れます。
容器はベネチアン
リカー


苺は、「さがほのか」
甘いぜりーの後からでは、酸っぱく感じます。
順番を考えて欲しいですね。
苺


自家製洋館
これは、甘さ控えめで美味しかった。
羊羹


お薄
抹茶


最後は、焦がし茶
良い香りでした。
焦がし
京都の☆☆☆、この程度なのでしょうか。
「青は藍より出でて、藍より青し」
八泉の大将、青の二乗くらい青いですね。


ル・マルタン・ペシュール再訪

ル・マルタン・ペシュール再訪
12 /11 2014
この日から暖炉がはいったそうです。
火の温もりは心地よいですね。
暖炉


まずはシャンパン
泡


ゴッセ・ブリュット・グラン・レゼルブ
ピノノワール・シャルドネ・ピノムニエ
美味しかったですね。
泡壜


アミューズ
一口サイズのハム入りパイ
金時人参のポタージュ
ポタージュが、ホッとした気分にしてくれます。
アミューズ


胡桃のパンとバゲット
胡桃のパンは自家製
パン


黒オリーブのペースト、クミン入り
クミンが入りと、とたんに外国の味になりますね。
バター


冷前菜に合わせた白ワイン
白1


トリンバック・ リースリング
セレクション ・ ド ・ ヴィエイユ ・ ヴィーニュ
白壜1


冷前菜
野菜のムース、上に雲丹
雲丹


温前菜に合わせた赤ワイン
赤1


日本のピノノワール
赤壜1


温前菜
マッシュポテト
レンズ豆・牛脛肉の出汁
豆


魚料理に合わせた白ワイン
白2


ロワールのシュナンブラン
白壜2


魚料理
金目鯛のポワレ、上に牛蒡
生クリームのムース
食べやすい味でした
魚


肉に合わせた赤ワイン
赤2


ポイヤック
カベルネソーヴィニヨン主体・メルロー少々
赤壜2


肉料理
いちぼのステーキ
焼き加減は抜群
肉


デザート
マスカルポーネのアイスクリーム
アイス


香り高いコーヒー
コーヒー


プチフール
プチ

俵屋 11月(2014)

俵屋 11月(2014)
12 /06 2014
献立


酒はオリジナル「俵屋」
酒


先附
魴鰹南禅寺蒸し
蟹奉書巻
平貝むしり
それぞれ、品の良い薄味。
先附


小茶碗
雲丹とろろ
薄味の極致
小茶碗


向附
三種類
向附


穴子薄造り
甘さ充分
穴子


甘海老醤油漬
プリンプリンとした舌触り
甘海老


寒鰤
とても上品な脂
寒鰤


椀物
鱧煮麺
この時期にしては甘さも充分の鱧
煮麺というところも面白いですね
椀


焼物(二人分)
柚子窯の中には粟麩と雲丹
笹鰈三種巻
椎茸の巻物
焼物


御凌ぎ
湯葉飯むし
中にちりめん山椒が入っていてアクセントになっていました。
御凌ぎ


温物
鯛含め煮
薄味で品の良い出汁加減
鯛はもちろん、野菜も美味しい。
温物


強肴
赤貝・烏賊・取貝、海産物の臭みが全く無く、さっぱりとしていました。
強肴


止椀
合せ味噌
止椀


水物
洋梨のコンポート・葡萄の甲州煮
こういう水物は良いですね。
水物


コーヒー
コーヒー


ポットにたっぷりと入っていました。
ポット


煎茶と定番の俵和三盆
お茶
京都で食べた和食の中で、最も薄味だと思います。


イノダコーヒー再訪(京都)

イノダコーヒー再訪(京都)
12 /03 2014
前回の訪問で美味しいと思ったクラブハウスサンド、パレスホテルのそれに感激してから比較してみたいものだと、再訪しました。
暖簾


今回は新館。
一階が喫煙可、二階が禁煙です。
ここは二階。
二階 (2)


一階の眺めです。
一階


伏見大社稲荷でさんざん歩き、汗をかいたためか、アイスオーレを頼みました。
オーレ


クラブハウスサンドイッチ
やはりベーコンは、滅茶苦茶美味しい。
サンド


本体は、パレスホテルのそれには遠く及びませんでした。
あらためて、パレスホテルのそれの美味しさを再認識しました。
サンド2


キルシュトルテは、まずまずといったところ。
ケーキ

あびたろう

FC2ブログへようこそ!