八泉精進 (2014)

八泉精進 (2014)
08 /17 2014
ベネチアン・グラス
昨年の精進の「花火」と同じ工房とのこと
壺 (2)


床の間に、お花
花


清課堂の錫器
錫


まずは、蓮の葉に包まれて。
葉


白芋茎・山芋の摺り下ろしを寒天で・茗荷の甘酢漬
出汁の味といい、えもいわれぬ味わい。
茗荷


ほのかな胡麻油の余韻が口の中に拡がります。
胡麻


野菜の慈養たっぷりの雲片
ご飯にかけても、さぞ美味しいことでしょう。
雲片


隠元・南瓜・海老芋
南瓜の味付けは最高
ひろうすは、出来立ての味。
ひろうす


葡萄とオロシ大根の味わいは絶妙
梅・青柚子の皮の蜜煮の天麩羅、マッシュポテトの包み揚げ。
白和え
酢蓮
オクラ鮨と梅肉、梅肉のアクセントが絶妙
味噌大豆・薩摩芋
真ん中は、南瓜麩
八寸


栗に似せた薩摩芋
こだわりが凄いですね。
栗1


定番の、鰻蒲焼
山芋・海苔・湯葉
少しタレの味が濃いように思ったのですが。
鰻


かいわれ・白きくらげのお浸し
蒲焼のクドさを緩和しています。
かいわれ


白芋茎の酢の物
これはこれで美味しいのですが、かいわれのお浸しの後では、無くても良かったのでは。
芋茎


冬瓜蒸し・新銀杏
大豆摺り流し、生姜風味
椀


焦がし気味の風味が拡がるほうじ茶。辻利のもの。
黒楽の湯飲みも素晴らしい。
ほうじ茶


新顔はセロリ
漬物


炊き込みご飯
白舞茸・きくらげ・揚げ・人参・蒟蒻
ご飯


太陽のタマゴ
シーズン最後のものとのこと。
太陽


煎茶は、静岡。
湯飲みは、京焼き。
煎茶

毎年8月定番の、お精進。
どれほど手が掛かっているのでしょうか。
味も、完璧だと思います。
本家の黄檗宗大本山萬福寺でも、完璧に作ることのできる典座はいないとのこと。
これだけの普茶料理を食べることができて幸せです。

ミシュランガイド
東京・横浜・湘南
関西(京都・大阪・神戸・奈良)
北海道特別版
広島特別版
と出版され、今年は、「福岡・佐賀」が出版されました。
まさに、名古屋飛ばし(笑)

八泉さんは、私が行ったことのある京都の☆☆☆や☆☆に、味に関しては勝るとも劣ることは決してありません。
どこよりも美味しい。
本音を言えば、名古屋版が出版されても掲載されて欲しくないですね。
星目当ての客で予約が取れなくなるのは、最悪です。



スポンサーサイト

デッサン プリュス岡崎 (ランチ)

デッサン プリュス岡崎 (ランチ)
08 /14 2014
年に何回かの墓参りの度に通る幹線道路から一本入った住宅地にある一軒家。
外観


店内は、かなり混み合っており、この角度しか写せませんでした。
その後、満席となりました。
店内


相方が頼んだグラス・シャンパン、「R&Lルグラ・シャンパーニュ・ブリュット・ブラン・ド・ブラン」
私は運転手の為、泣く泣く我慢。
なかなか美味しかったそうです。
泡


ランチコースは3種類。
真ん中のコースを頼みました。
アミューズ・前菜2種・主菜、というコースです。
まずは、アミューズ
フルーツトマトのガスパチョ・牛タンの上に南瓜のポタージュ・ホタテのソテー・パートブリック煮詰めたスモークサーモンのタルタル・スティック
どれも、なかなか美味しく、その後に期待を持ちました。
アミューズ


自家製パン
左のブリオッシュはとても美味しかった。
パン


そのままで美味しいパンだったので、バターを使うことはありませんでした。
バター


コースといっても、選択する品々には追加料金が必要なものが多かったですね。
本ずわいがにと冷たいとうもろこしのスープ(要追加料金)
爽やかで癖のない味、なかなかの味です。
スープ


私のもう一品
高原キャベツに包まれたクリーミーな小海老のテリーヌ、トマトと枝豆のソース
これも、夏らしい爽やかな味でした。
テリーヌ


相方のもうひと品
冷静パスタ
大満足だったそうです。
パスタ


お代わりのパン
フォカッチャとのことでしたが、これはパサパサしていてイマイチでした。
上に、オリーブオイルをかけてあります。
パン2


私の主菜
子鴨の胸肉のロースト(要追加料金)
少し焼き過ぎでしたが、味はまずまず。
肉


相方の主菜
手長海老のソテー・ドラオトマトリゾット添え・海老味噌風味(要追加料金)
これも大満足だったそうです。
魚


デザートは4種類から選択できます。
私は、自家製ラムレーズンのアイス
これは、美味しかった。
デザート1


相方のデザート
白桃の軽いムースグラッセ・すもものシャーベット
少し、くどかったそうです。
デザート2


コーヒーはホテルメイドの味
なにも入れずにそのまま飲むほうが良いと思います。
プチフールのパウンドケーキは素晴らしく美味しかった。買って帰りたいくらいでした。
コーヒー


砂糖とクリームは、きちんと用意されていました。
シュガー

万人受けする食べやすい味だと思いました。
微妙な味の深みや絶妙なバランスといった味わいには欠けますが、まずまず満足できました。
特に女性受けする味でしょう。
ガッルーラのフレンチ版という趣。



イタリア料理 アルポルトカフェ

イタリア料理 アルポルトカフェ
08 /13 2014
買い物の後、思い立って晩飯を食べて行こうかという時に気楽に立ち寄れるお店は貴重です。
今回は、ここに立ち寄ってみました。
正面


平日の午後6時頃なので、空いていました。
店内


グラス・スプマンテ
味のほうは・・・・
泡


前菜盛り合わせ
あ酒のツマミとしては、まあまあでしょう。
前菜


「白ワイン、飲み比べ」トイウメニューがありました。
マルヴァジーア・プンティナータ・ローマと、‶フマイオ″トスカーナ
シャルドネ50%・ソーヴィニヨンブラン50%の、‶フマイオ″のほうが、飲み易かったですね。
白


ボスカイオーラ
パスタ1


海老と九条ネギのパスタ
~柚子胡椒風味~
パスタ2


生うにのトマトクリームパスタ
どれも無難な味でしたが、これが一番好みの味でした。
パスタ3


牛ヒレ肉のタリアータ
パルミジャーノと良く合っていて、まずまずの味でした。
肉


パンナコッタ
ドル1


相方は
ガトーショコラ
ドルチェは極普通の味
ドル2


コーヒーはやや不満
コーヒー
まあ、予約無しで気楽に訪れることができるということで、良しとすべきでしょう。




ジラソーレ 7月

ジラソーレ 7月
08 /04 2014
この日は映画鑑賞の後に夕食に出かけました。
まずは、良く冷えた白ワイン。
白ワイン


トレッビアーノという品種、アブルッツォのワインです。
少し癖がありましたが、結構いけました。
白


定番の盛り合わせ
これで一人前。
盛


クロダイと桃のカルパッチョ
これも定番
桃


マグロとアボガドのタルタル
マグロよりアボガドの風味が勝っていました。
アボガド


赤イカのガーリックソテー
これは中途半端な味で、不満が残りました。
烏賊


手長エビのオイルパスタ・自家製フィットチーネ
ここのパスタでは一版美味しいと思います。
パスタ


ズワイガニとルッコラのクリームリゾット
これも、まずまずでした。
リゾット
何回か通ううちに、このお店の美味しい料理と、さほどでもない料理がはっきりしてきました。


この日の映画
マレ
元の話は「眠りの森の美女」ですが、これは逆の立場から見たもの。
原作とは違った話と考えたほうが良いかも。
途中から、「この結末しかありえない」と思っていたら、そのとおりになりました。
まあ、原作の、王子様のキスがオーロラを目覚めさせ、大団円といのも安直すぎますが。

それにしても、「アナ雪」といい、ディズニーがやる気を出すと凄いですね。


あびたろう

FC2ブログへようこそ!