ラ・グランターブル・ド・キタムラ再訪

ラ・グランターブル・ド・キタムラ再訪
07 /22 2014
前回と違って、広々とした部屋でした。
最後は満席となっていました。
室内


2014 夏の特別コース
メニュー


まずはシャンパン
ちょっとロゼを思わせる色です。
泡


ウイユ・ド・ペルドリとは、ラベルの絵の如く鶉の眼という意味だそうです。
ロゼ風の色合いは、ピノ・ノワールの果皮の色とのこと。
泡壜


まずはキッシュ
品の良い、あっさりとした味。
玉子豆腐の味わい。
キッシュ


ここのパンは、とても美味しい。
パン


残念ながら、バターの香りはイマイチ。
バター


別注の、スペイン産イベリコ豚の生ハム
脂のクドさを感じたのが、やや不満。
生ハム


鮪のタルタル・アボガド・いくら、オリーブオイルで
アミューズ


桃の冷製ポタージュは、確かに桃の香り。
底の方に雲丹とコンソメのジュレ。半分ほど残ったポタージュとかき混ぜて食べます。
なかなかの味でした。
スープ


白ワインのお薦めはソーヴィニヨン・ブラン
白


サンセールです。
味の表現は、まだまだできないのですが、ミネラル感溢れたとは、こういう味なのでしょうか。
白壜


全体的に魚料理は食べやすい味でした。
海老


伊佐木のグリルは品良く仕上げてありました。
魚


お代わりのパン
パン2


赤は好みで、ナパのカベルネ。
赤


スタッグス・リープを選択
しっかりとしたカベルネ・ソーヴィニヨンでした。
赤壜


肉は残念でした。
フォアグラはトロトロ、肉の香りはまったく無し。
ここでテンションは急降下。
肉


キャラメルのアイスクリーム
濃いめの味でしたが、なかなかのもの。
アイス


すべて異なったケーキ類
小皿は、フレッシュフルーツやドライフルーツ
デザート


黒糖の生地は、思ったよりあっさりめ。
ベリー


プチフールもまずまず
プチ


香りの良いコーヒー
デザートでテンションは再び上がりました。
コーヒー
個性的な味という訳ではなく、万人好みと言えるでしょうか。
味に深みやコクがないので、料理を楽しむには不満が残るかもしれません。
しかし、お酒やデザートや雰囲気など、トータルで楽しむには良いお店だと思います。


スポンサーサイト

喜むら庭 誕生日会

喜むら庭 誕生日会
07 /16 2014
身内5人での誕生日会を開きました。
まずは、シャンパン
バロン・ド・ロスチャイルド・ブリュット
オーソドックスで飲みやすい味でした。
泡


枝豆入りコンソメジュレ
牛スジの出汁とのこと
豆


自家製スーモクドサーモンと夏野菜
サーモンの下には、夏ミカン。
サーモンはそのまま食べるのが最高に美味しいのですが、夏らしく調理されていました。
野菜の香りが素晴らしい。
サーモン


朝採れコーンのスープ
甘過ぎるくらいの味でした。
スープ


白ワイン
ピュリニー・モンラッシュ(ルロワ)
ふくよかで品の良い味。
白


口直し
中にはいっているのは、アロエ
さっぱりとしました。
口直し


赤ワイン
まずはボーヌ・ロマネ・オー・ブリュレ(ミッシェル・グロ)
鮮やかな色合いと、柔らかで品の良い味わいです。

二本目は、我が家のブームである、ヴィッラ・ジェンマ
モンテプルチアーノの力強さを品良く味わうことができます。
赤


ロースト・ビーフをカットする、マスター
カット


一人前は、更に二切れありました。
柔らかく、クドくなく、とても美味しいロースト・ビーフでした。
肉


ブレービーソース
継ぎ足し継ぎ足し使っているそうです。
絶品の味でした。
ソース


別注のチーズ
まずまずの味ですが、アルパージュのそれには及びません。
チーズ


デザートのバースデー・ケーキ
自家製でなく外注のようです。
ケーキ


コーヒー
コーヒー


この日飲んだ、酒
ワイン
料理の味も当然ですが、マスターやマダムの素晴らしいホスピタリティ、5時間近かったでしょうか、とても楽しい時間を過ごすことができました。


吉兆名古屋ランチ7月

吉兆名古屋ランチ7月
07 /05 2014
映画鑑賞のついでの昼食です。
まずは、定番の香煎茶。
香煎茶


食前酒は「吉兆貞翁」
食前酒


この後は映画なので、少しばかり日本酒を。
これも「吉兆貞翁」。
酒


松花堂弁当です。
先附は、鱧・オクラ・若布・ジュレ
先附


海老真丈と胡麻豆腐
かなり濃い味の出汁でした。京都の中でも濃い味の嵐山よりも更に濃い、名古屋味にしているのでしょうか。
胡麻豆腐のもっちり感は素晴らしい。
椀


蓋を取ると、焼き魚から湯気が立ち上ります。
弁当


太刀魚の炙り・帆立・鮪・ちり醤油
太刀魚は美味しかったのですが、鮪はイマイチ。
造り


左上は定番の茶碗蒸し。
小鉢


笹の葉に包まれたのは、鱒の押し寿し。
品の良い味でした。
鮨


焼き魚は、鯛。
手前はえんどう豆の鞘。
焼き魚


炊き合わせも品が良い味。
煮物


ご飯の炊き具合が中途半端。
ご飯


左はエンドウ豆用の味噌、右はジャコとナッツの和え物でご飯のお伴。
伴


漬物は、浅漬け。
漬物


デラウェアのゼリー・青梅のシャーベット
ゼリーは、とても美味しかった。
水菓子


ほうじ茶
ほうじ茶


胡桃を、和三盆や紅芋で包んだお菓子。
なかなかの味でした。
小菓子


この日の映画
参勤交代 (3)
あまりに奇想天外で、ある意味バカバカしいとも言えるのですが、それが嫌味にならなかったのが不思議なところ。
まさに、笑いありの痛快時代劇でした。

冒頭のシーン、神戸 浩がいました。「たそがれ」や「鬼の爪」の直太です。
彼独特のキャラクター、なぜか、ほのぼのとした雰囲気が出ます。
このシーンもそうですが、物語後半における難問解決クリアのキーワード、最初の方にいくつか出てきます。
西村雅彦の演技は秀逸、彼の魅力が十分発揮されていました。
「花のあと」の甲本雅裕も短い時間の出演ですが、良い味を出していました。
柄本時生は、まだまだ親の七光り、発声から勉強すべきです。

治世者として、武士として、そして何より人として何が大切なのか、そして高い地位や金持ちになるよりも、本当の豊かさや幸せに生きるヒントをこの作品は教えてくれると思います。
後味の良い映画でした。





あびたろう

FC2ブログへようこそ!