いいつか

いいつか
03 /26 2014
表通りから少し入ったところにあるマンションの一階です。
遠景


ここが正面玄関。
全景


店内は、カウンターのみ。
店内1



店内2


雲丹と菜の花の辛子和え。
雲丹に新鮮さが無く、スタートとしては少しがっかり。
雲丹


酒は、賀茂鶴純米吟醸。
すっきりとしていて料理の邪魔をせず、飲み進んでいっても後を引くこともなく美味しい酒でした。
酒


きんきと春大根の煮付け
出汁の加減がとても良く、飲み干しました。
きんき


鮪の中トロ・たいら貝・マコガレイ
鯵の棒鮨
どれも品の良い味で、なかなかのものでした。
造り


肉は「いちぼ」、新じゃがの素揚げ、黄身酢添え
サシの少ない「いちぼ」は我が家でもブームです。
肉


茶筅で泡立てていたので、一瞬お抹茶に見えましたが、ホウレン草のすり流しでした。
品の良い味で、出汁加減もとても良い。
摺り流し


鰆の脂の乗りは、まずまずといったところでしょうか。
蕗味噌の和え物・ガリ
鰆


大将と出汁のことで話がはずんでいたら、目の前で鰹節を削り、一番出汁に加えて、味見させてくれました。
エグミの無い、とても上品な出汁でした。
出汁には、かなり拘りがあるようです。
出汁


ミル貝と青菜、人参の酢の物
オリーブオイルを少しかけてあるのが面白い味を出していました。
なかなかの一品。
和え物


とても美味しい赤出汁でした。
ご飯


ご飯の供に、ちりめん山椒
じゃこ


ほうじ茶も、まずまずの香り。
茶


蕗の薹のアイス・グレープフルーツのシロップ漬け
こういうい水菓子は、大好きです。
水菓子

名古屋味でなく、京風に近い味で好みです。
コース料金から考えたら、とても頑張っている料理だと思いました。
常連客が多いのも納得できます。


スポンサーサイト

ラ・ティーナ岡崎(ランチ)

ラ・ティーナ岡崎(ランチ)
03 /23 2014
私用で当地へ行った際に立ち寄りました。
郊外の一軒家です。
全景


普通の家の玄関です。
玄関


二階にも席があります。
右側のドアを開けるとテーブル席。
階段


家庭の食堂といった雰囲気。
店内


ホウレン草のオムレツ・お米のサラダ・鰯のコンフィ
正直言って、不満足。
前菜


自家製パン
グリッシーニは噛むとあじがありましたが、それ以外は不満足。
パン


鶉豆のスープ
優しい味で、ほのぼのする味。
これは、なかなかの味でした。
スープ


パスタは、三種類の中から選択。
二人分の量を二種類、という選択もできます。
浅利と水菜のスパゲッティーニ(二人分)
かんり、優しいい味。
オリーブオイルやニンニクをもっと利かせた方がほうが好み。
パスタ1


岡崎産ひら茸のトマトソース・フジッリ(二人分)
トマトソースの味はなかなかなのですが、これもパンチ不足。
オリーブオイルをもっと。
パスタ2


メイン料理
私の選択は肉。
おいくん豚ロース・ソテー
かりッとした焼き加減で、とても美味しいものでした。
肉


相方の選択
カジキマグロのパン粉焼き
これも、優しすぎる味で、パンチ不足。
魚


プリン・レモン味のスポンジケーキ・苺のソース
ドルチェは満足できました。
ドル


コーヒーは、まずまずの味。
コーヒー


シュガーの心遣いが嬉しいですね。
砂糖

全体的に、薄味というか優しい味付けでした。
イタリアンは、ニンニクやオリーブオイルをたっぷり利かした、ガツンとした味の方が好みです。
場所柄、あまり個性的にはできないのでしょうか。
値段の割には頑張っていると思います。
シェフとマダム?の接客は、とても心地良いものでした。



喜むら庭 3月

喜むら庭 3月
03 /09 2014
友人3家族、6人の会食。
まずは、テタンジュで。
泡


自家製ベーコン・筍・溶けたモッツァレラチーズ
香り高いベーコンでした。
ベーコン


白ワイン
白


ボルドーの白
ソーヴィニヨン・ブラン&セミヨン&ミュスカデル
白瓶


自家製スモークサーモン・牛たたき
サーモンも「たたき」も流石の味。
サーモン


じゃが芋のポタージュ・じゃが芋のガレット
濃厚な味で、とても美味しかった。
ここのスープはいつも美味しい。
ポタージュ


蕪の土佐酢ジュレかけ
文字通り箸休め、さっぱりとしました。
箸休め


赤ワイン
赤


この日の赤ワイン
スペイン・イタリア・チリです。
赤瓶


牛ランプのステーキ
ランプであっても選び抜かれた牛、香りの良い肉でした。
肉


自家製玉葱ソース・岩塩・醤油
塩


麻婆豆腐
私には辛かった。
豆腐


ガーリックライスは絶品。味噌汁はアオサ。
ライス


白胡麻のアイス・苺・グレープフルーツ
どれも吟味されています。
デザート


コーヒーは、まずまず。
コーヒー

気さくなマスターとマダム、最後は一緒になって酒盛りです。
料理も美味しい、ホスピタリティも最高。
仲間でワイワイやるには、最高のお店かもしれません。



あびたろう

FC2ブログへようこそ!