吉兆 帝国店

吉兆 帝国店
01 /27 2014
以前、ホテル西洋銀座にあったお店に行ったことがありますが、西洋銀座の閉館と共に閉店しました。
もう一度、東京吉兆の味を確かめたくて訪問しました。
正面


食前酒は、梅酒。
梅酒


コースは「竹」。
お品書きはありませんでした。
まずは八寸。
手前左から、数の子・才巻海老・黒豆・唐墨
二列目左から、鮟胆煮こごり・チシャトウ・卵焼き・黒豆・鶏の松風焼き・昆布巻き
八寸


じゃこ&おろし大根、馬の容器の中は、サーモン&いくら。
さほど手の込んだ八寸とは思えませんが、ひとつひとつはしっかりとした味でした。
いくら


まず、九平次の「別誂」
やや甘口。九平次は料理に合わないかもしれません
酒1


椀物
すっぽんの雑煮仕立て・京人参・青菜・大根
すっぽんの香りは充分しましたが、鰹出汁の味がはっきりとしていて京都の味とは違うなと感じました。。
椀


造り
サゴシ(出世すると鰆)・烏賊・鮪・クエ。付け合わせは、香茸・ぜんまい。
新鮮で美味しかった。
造り


ポン酢・醤油
醤油


吉兆貞翁
こちらの方が、すっきりとして料理に合います。
酒2


グラスは平凡。
猪口


1月は、口直しに赤飯が出るとのこと。薄味でした。
赤飯


焼魚
鮭の西京焼、万願寺とうがらし・紅白のチョロギ梅漬け
焼き加減は良かったのですが、鮭というよりサーモン。
魚


炊き合せ
蕗・海老芋・南瓜・京人参、向こう側に筍。
あっさりとした味付け。
野菜


ご飯は釜で出てきました。
釜


蟹ご飯
青味は、三つ葉の茎を細かく刻んだもの。
これも、あっさりとした味付けですが、なかなか美味しかった。
ご飯


赤出汁の具は、百合根と三つ葉。山椒と唐辛子が利いていました。
赤出汁


香り高い、ほうじ茶。
こういうところは流石。
ほうじ


パパイヤ・苺
パパイヤは甘かったですが、苺は甘さ不足。
苺

不味いものは無かったのですが、感激するような味もありませんでした。
何となく、スーッと流れて行ったような感じでした。
記憶にある西洋店と同じ傾向の味、関東の味で、まったり感を味わうことはできませんでした。


スポンサーサイト

レ・セゾン朝食(ア・ラ・カルト)

レ・セゾン朝食(ア・ラ・カルト)
01 /24 2014
お気に入りの、「レ・セゾン」で、ア・ラ・カルトの朝食。
相変わらず美味しいフレッシュスクイーズオレンジジュース。
ジュース1


コーヒーも美味しい
コーヒー


品の良いセット。こういうのを見るだけでも、心が和みます。
ミルク


私は、フレンチトースト。
15分~20分の待ち時間は我慢。
皮の部分はパリパリ、中はトロトロ。
オーキッドルームのそれとは、また違った美味しさ。甲乙付け難いですね。
フレンチ


蜂蜜とメープルシロップ
シロップ



相方はもちろん、エッグベネディクト。
やはり、ラ・メールのそれと双壁とのこと。
エッグ


ジュースのお代わりしてもらって、大感激。
昼食の予定があったので、朝はこれで充分。
お代わり

今半 名古屋 (ランチ)

今半 名古屋 (ランチ)
01 /15 2014
ミッドランドスクエアシネマでの映画鑑賞のついでに立ち寄りました。
正面

入り口を入ってすぐ靴を脱ぎます。
店内

窓からの眺め
南方向の眺めです。
眺め

私は、「網焼きステーキ御膳」。
鮪のすり身と豆腐からできているもの。
突き出し

刺身は、カンパチと鮪
まずまずの刺身でした。
刺身

硬めの茶碗蒸し
美味しくなかった。
一流店の味とは到底思えません。
茶碗蒸

ドレッシングはスーパーで買える味。
サラダ

ステーキは、もも肉。
ステーキ1

焼き加減は、さすがです。
ただ、柔らかいのが取り得といったところでしょうか。
ステーキ2

レモンをかけ、和からしを付けると、もも肉臭さが消えました。
レモン

相方は、「牛ポンズ焼き御膳」。
脂身の多い肉だったそうです。
焼き

ポン酢
ポン酢


ご飯

赤出汁は普通の味。
赤出汁


漬物

デザートは三種類あります。
芋の蒸し羊羹
大衆食堂の味と遜色はありません。
デザート1

相方は、マンゴーのシャーベット。
デザート2

映画館の入場券の半券でサービス
映画館のコーヒーショップよりはマシな味でした。
コーヒー


この日の映画
表紙

映画を観る限りでは反戦だと思うのですが、原作では、反戦というよりは日本軍上層部批判それと同時に現在の硬直した官僚制批判だと思います。

観終わった時には館内に暫くの間、静寂が訪れました。
久し振りに余韻が残った映画でした。

原作で、原作者が最も言いたかったことだと思えることのひとつが、映画では抜けていました。
まあ、それを出したら巨大メディアに潰されるかもしれません(笑)


喜むら庭 再訪

喜むら庭 再訪
01 /06 2014
年末の家族パーティで訪問しました。
シャンパンはテタンジュを注文。
泡


茶碗蒸し
上に乗っているのはメレンゲ
コンソメが利いた洋風の味でした。
蒸し


白ワインはソーヴィニヨン・ブラン。
白


自家製スモークドサーモン・スモークド鯛
牛肉のタタキ
丁寧に作ったということが、はっきりわかる味です。
サーモン


干し牛蒡のポタージュ
牛蒡の甘さと香りが充分楽しめました。
スープ


赤ワインは、ピノ・ノワールとカベルネ・ソーヴィニヨン。
赤


口直しの野菜、ポン酢のジュレ
野菜


牛ヒレ肉のステーキ
九州産の牛ですが、「安福号」の血統とのこと
証明書を見せてくれました。
肉


ご飯は、カレー or ガーリックライスの選択。
カレー


ガーリックライスは、本当に美味しかった。
これからは、これに限ります。
ライス


味噌汁
中身はアオサ
味噌汁


香りの良い、ほうじ茶でした。
茶


デザート
デザート


コーヒー
コーヒー


この日飲んだワイン。
ボトル

気さくなマスターとマダム。
とても楽しいお店です。



あびたろう

FC2ブログへようこそ!