オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ (ランチ)

オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ (ランチ)
12 /28 2013
今回も映画鑑賞のついでです。
正面


店内はシンプルな造り。
店内


まっ昼間ですが、映画の前とあって、まずはシャンパン。
泡


「ヒラマツ」が入ると、どこか違いが出るのでしょうか?
泡2


塩味のマドレーヌ
小さなピザ
口取り (2)


蕎麦粉入りパン
米粉パンのような、もっちり感でした。
パン



バター


魚のムース
巻いてあるのは人参
これは、とても美味しかった。
この日一番の美味しいさでした。
前菜


次に白ワイン。
白1


グラスで用意されていたのは、やはりアルザスワイン。
白2


あかしゃ海老とムール貝を纏ったブランダート
下はマッシュポテト
まずまずの味でした。
魚


牛肉の煮込み ブランケット風
下はリゾット
牛肉はスジ肉風でしたが、あっさりとして食べやすかったです。
肉


クリームチーズのムース
オレンジのムース
爽やかで、口直しには最適。
プレ


シナモンのアイス
グラタンというよりクリームブリュレ風
デセール


コーヒーは普通。
コーヒー


プチフール
プチ

全体的に万人受けする食べやすい味付けでした。
値段を考えたら、ランチとしては、まずまずではないでしょうか。



「この日の映画」
パンフ1



料理1



料理2



料理3



料理4



料理5



料理7



料理8

「武士の家計簿」の二番煎じかもしれませんが、食道楽の人間にとっては興味あるシーンが満載でした。




スポンサーサイト

鉄板焼さざんか再訪

鉄板焼さざんか再訪
12 /03 2013
幼児同伴のディナーは場所が限られます。
ここで身内のお誕生日の食事会をしました。
通りは、南に向かう41号線でしょうか。
夜景


まずはシャンパン。
シャンパン1


ロワイエ・エ・フィス キュヴェ・ド・レゼルヴ
ピノノワール主体です。 
シャンパン2


冷製アミューズ
スモークドサーモン・カッテージチーズ
アミューズ1


温製アミューズ
紫大根・インゲン・生麩、柚子味噌
アミューズ2


白ワイン
少し濁っています。
白1


レ・フラール・ルージュ
「ラ・ソワフ・ド・マル」ブラン 
マカベオ種100%
無濾過でビン詰めされているためかなり澱がでているとのことです。
白2


帆立貝柱のポワレ チョリソー、オリーブ、チーズのサラダ仕立て
とても甘い貝柱でした。
帆立


舌平目のムニエル、焦がしバターのソース
焦がしバターがよく利いていました。
舌平目


溶かしたバターの中を、泳がせる様に調理するそうです。
調理1


話題作りのために持ち込んだ赤ワイン、ヌーボー。
赤1-1


さすがというか、えぐみがなく、すっきりとした味でした。
1/4ほど残して、次の赤を注文。
赤1-2


これはヒレ。
肉


4本目のワイン
赤2-1


カリフォルニア のカベルネ・ソーヴィニヨン
すっきりとし軽さで口当たりの良い赤でした。
赤2-2


ガーリックライス
和風の味付け。
とても美味しかった。
ライス


赤出汁
赤出し


漬物
漬物


デザートはサロンへ移って。
サロン


お店からのプレゼント。
ケーキ


クレームブリュレ
味は普通。
デザート


コーヒーは、ホテルテイスト。
コーヒー




あびたろう

FC2ブログへようこそ!