サンタキアラ

サンタキアラ
11 /29 2013
初めての訪問です。
正面


店内はテーブル席が4組で、こじんまりとしています。
店内2


正面奥が調理場でオープンキッチンとなっているのですが、換気が良くないせいか、油の臭いがこちらまで届いてきました。
スタッフはシェフとホールの女性の二人だけ。
ホールの女性が時々調理場を手伝っているので、客席がほったらかしになる時間ができてしまいます。
店内


グラスのスプマンテを注文しましたが、味は不満。
スプ


鯛のカルパッチョ
分厚い切り身でした。
前1


じゃが芋のフォカッチャ
全粒粉のパン
パン


サンタキアラという名のオリーブオイル
オイル


グラスの白ワインを注文するのが不安になり、ボトルを選択しました。
リースリングです。
白



白瓶


太刀魚
パルメジャーノ
前2


鰆の藁焼き
藁の焦げ臭さが良い味を出していました。
前3


赤座海老のパスタ
かなり甘口です。
パスタ


ヤリイカ墨のリゾット
癖の無い、食べやすい味でした。
リゾット


グラスの赤は、サンジョベーゼ。
赤


北海道産軍鶏のグリル・まこも筍
あっさりとした味。
肉


カタラーナ
フラスカティのそれには及びませんでした。
ドル1


相方の安納芋のモンテビアンコ
これは、なかなか美味しかったそうです。
ドル2


カピチーノは普通。
カプ


プチフール
プチ

全体的に万人受けする味だと思います。




スポンサーサイト

京大和 (昼食)

京大和 (昼食)
11 /19 2013
そだい今回は昼食です。
京正門


前回の訪れは夜だったので展望台の様子はわからなかったのですが。
http://puiko2000.blog27.fc2.com/blog-category-50.html
展望1


八坂の五重塔と左隅にかすかに京都タワーが見えます。
展望2


本館へは、このような坂を昇ります。
段1


上から見たところ。
段2


本館玄関口の屋根。
玄関


部屋の風情。
額は、三条実美の直筆。
額


酒は、「京大和」
酒器は、カガミクリスタル。
少し重く感じました。
鄙願のような、より軽いものが好みになってきたのでしょうか。
酒



献立1

献立2


黄味酢がクドすぎ。
ゼリー寄せは美味しかったのですが。
先附


昆布出汁の中にも鰹が利いていて、とても美味しい椀でした。
椀


鯛も鮪(中トロ)も、まずまず。
ツマが美味しい。
造り (3)


中に、雲子・百合根・銀杏などが入っています。
京大和の蒸しものは、べっこう餡というより、肌理の細かい玉〆がイメージなのですが。
蒸し

八寸は、紅葉狩りの野点弁当という趣です。
小鉢に入った辛子酢味噌和えが、とても美味しかった。
八寸1 (2)


奥の方に、諸子の甘露煮。
八寸2


甘鯛の塩焼き
上品な甘鯛で、なかなかの味。
しかし「蓬」の甘鯛には及ばない。
青味大根にまぶしてあるのは唐墨。
焼き


酢橘と醤油
醤油


素敵な湯飲み茶碗。
茶


総じて京野菜はとても美味しい。
焚 (2)


留椀は白味噌仕立て。
栗御飯は好みでないので残念。
ご飯


完熟柿は、とても上質。
こういう所に店の誇りを感じます。
果物


これは普通。
甘味


少しばかり感激が薄かったのは、昼食のせいでしょうか?
茶2




福臨門名古屋ランチ(2013)

福臨門名古屋ランチ(2013)
11 /16 2013
映画を観に行ったついでの昼食です。
窓際の席に案内されました。
遠くに東山タワーが見えます。
東


北の方角を見ると名古屋城が。
北東


紅葉は、まだのようです。
城


飲み物は、お茶で我慢。
お茶


前菜
蓮根・蒸し鶏・くらげ・牛スネ肉
福臨門特有の香りがしました。
前菜


左は葱油、右は豆板醤とXO醤
さすがに美味しい。
薬味


えのきと豆腐入り海鮮のとろみスープ
しっかりとした味で、レベルの高さは感じます。
スープ


点心4種類
2人で同じ種類を選びます。
大好きな、大根餅。
点心1


海老蒸し餃子
点心2


蟹フカヒレ餃子
点心3


小籠包
ここの点心は、本当に美味しい。
点心4


海老のマヨネーズソース、カシューナッツ添え
これは、かなりクドかったですね。
海老


香港風カレー炒飯
これは反対に腑抜けた味。
炒飯


ココナッツミルクの冷やしおしるこ
これは甘さ控えめでした。
これくらいサッパリしている方が、余韻が残って印象が良くなります。
汁粉


今回の映画
清州表紙 (2)


この4人の熱演は見応えがありました。
それぞれの個性を見事に発揮していたと思います。
そのほかにも、鈴木京香や中谷美紀の女性陣も頑張っていました。特に中谷美紀の演技は出色でした。
上質な喜劇といったところでしょうか。
藤山寛美の松竹新喜劇の趣であり、吉本新喜劇のお笑いではありません。
吉本好きには、好まれないかもしれません。
清州俳優 (2)



加賀屋 名古屋

加賀屋 名古屋
11 /14 2013
加賀屋というイメージで、これまで訪れることは無かったのですが、「期間限定懐石・松茸尽くし懐石 4500円」に釣られて入ってみました。
正面


堀炬燵の席と、仕切られたテーブル席があります。
加賀店内


酒は、「手取川」。
手取川


先附
胡麻豆腐・松茸水煮・剥き胡桃
先附

前菜
毬栗・柴海老・チー玉・丸十・鶏の松風・花豆・白身の昆布〆
前菜


土瓶蒸しは目の前で温めます。
コンロ


松茸は、アメリカ産。
上高地の「あずさ庵」の松茸とまったく同じ香り、味でした。
出汁は、真鯛の魚臭さに負けていて不満。
吸物


別注の「焼き松茸」
一人前です。
焼き


二人で楽しめました。
焼き1


お造り
鰤・鮪・甘海老
鰤は品の良い味でなかなか美味しかった。
加賀造り


揚げ物
松茸・椎茸・占地・赤平茸・茄子・甘長
茸類の天麩羅は大好物です。
揚物


松茸ご飯・能登の田舎味噌汁・香の物
松茸ご飯は、一応松茸の香りがしていました。
田舎味噌汁、変わった味ですがそれなりに美味しく感じました。
加賀ご飯


最後はほうじ茶
ほうじ

平均的な味でしたが、コストパフォーマンスはとても良いと思います。
上高地からの帰り、簡単に夕食を済ませたいと思っていたので、満足できたコースでした。




喫茶バグパイプ (高山)

喫茶バグパイプ (高山)
11 /13 2013
前回、高山の古い町並みを散策した時に気になっていた喫茶店です。
バグ外観


予定の特急まで1時間ほど余裕があったので、尋ねてみました。
バグ正面 (2)


中は、アンティークというか、雑然とした雰囲気でもありました。
店内1



店内2 (2)


上高地用の服を着て荷物を引いて歩いていたので、汗をかくほどでした。
時期外れの、アイスコーヒー。
香りも良く、なかなか美味しい味でした。
アイス


サンドイッチは期待外れ。
中身は家庭で作るものとなんら変わらず、なによりも、パンがパサパサでした。
写真でも感じがわかると思います。
サンド

この店を出て駅に向かって歩いている時、面白そうなお店を見つけました。
次の機会には、そこにしてみよう。



あびたろう

FC2ブログへようこそ!