賛否両論

賛否両論
09 /28 2013
今月、オープンしたばかりのお店です。
正面

カウンター席に案内されました。
都会的な雰囲気の店内。
7時頃には満席となりました。
店内

酒は、「菊姫・吟醸」と「三千盛・大吟醸」。
酒1

先附
鴨のロースト
茄子の煮こごり・九条葱
鴨は癖が無くさっぱりとした味わい。九条葱はとても甘く、次を期待させる味でした。
先附

揚物
じゃが芋と秋鮭、柿の揚げ物には驚きました。
味は普通。
野菜は金針菜、百合の花のつぼみです。これは美味しかった。
揚物

椀物
海老真丈はかなり甘めの味。
出汁は薄味というか、腑抜けに近い。
本当の出汁を引いていたら、赤字が出るのでしょう。
真丈の甘さが混じると、ちょうど良い味になりましたが・・・
椀

造り
戻り鰹・〆鯖の炙り・鯛
ネタが不満。
コストを考えたら仕方が無いのでしょうが。
胡麻醤油が面白い味でした。
造り

鰆の柚庵焼
味はまずまずでした。
大根おろしと思いきや、山芋を混ぜてあるとのこと。
食感は面白いのですが、爽やかさが無くなります。
魚

お薦めの酒から「賀茂金秀・特別純米」
飲みやすい酒でした。
酒2

鱧・梅・青海苔の茶碗蒸し
かなり濃い味でした。
蒸し

酒が残っていたので、サービスしてくれました。
日本酒と唐墨は本当に良く合います。
唐墨

ご飯は釜で。
ご飯釜

鯛ご飯でした。
ご飯1

癖が無く、とても美味しく味わえました。
ご飯2

赤出汁は甘口。
赤出汁

いぶりがっこ・昆布
香

この中から好きなだけ選べます。
水菓子献立

私は、焼もなか。
味は普通でした。
最中

相方は、「とり将プリン」と「杏仁豆腐」
プリンはブリュレの風味。
杏仁豆腐は巨峰のソースが乗っていて、とても美味しかったとのこと。
水菓子2

煎茶は香り不足。
煎茶

余った鯛ご飯は、お持ち帰りのサービス。
持ち

値段の割にはとても頑張っています。味も濃いめですが、しっかりしています。
しかし素材がイマイチ。
本物の日本料理を志向する向きには不満が残ると思います。
スポンサーサイト

フラスカティ(ランチ)豊橋 再々訪

フラスカティ豊橋(ランチ) 再々訪
09 /26 2013
今年もこの時期に私用で豊橋に行ってきました。
フラスカティに立ち寄るのも楽しみのひとつです。
バーニャカウダの野菜
野菜

ソースは相変わらずアンチョビの味が強い。
バーニャ

自家製パン
パン

フレッシュポルチーニ茸のスープ
期待にたがわず濃いめの味、まさに外国の味でしょうか。
スープ1

スープに浸けるパンのお代わり。
スープ2

赤ワイン風味 短角牛とポルチーニ茸のラグーのパスタ
これも予想通りの味。 
パスタ1

相方の、小海老とズッキーニのラグーで和えたフリッジ
かなり硬めのフリッジとのことでした。
パスタ2

定番のドルチェ
ここのドルチェは本当に美味しい。
ドル1

パンナコッタもジェラートも抜群。
ドル2

カプチーノの香りも充分。
カプ

ジラソーレ 再々訪

ジラソーレ 再々訪
09 /24 2013
今回は、今までと違ったメニューを楽しみました。
一本目の白ワインは、マールボロのソーヴィニヨン・ブラン。
白1

あさりのオーブン焼き
スープが美味しい。
浅利

鯛と桃のカルパッチョ
今回は黄桃でした。
カル

自家製ローストポーク
大根おろしのソースであっさりとしていて美味しかった。
ポーク

二本目は、シャブリ。
白2

ブイヤベース
サフランの香りというよりも、トマトソースの味。
魚介のトマト煮と言うべき。でも味は良かった。
ブイ

魚介のリゾット
やや硬めながら、魚介の出汁が良く利いていて、なかなかの味。
リゾット

どちらかと言えばB級グルメ的な味ですが、コストパフォーマンスと言う観点から見れば素晴らしいお店です。



蓬 (夕食)

蓬 (夕食)
09 /17 2013
おまかせコースです。
値段に関係なく、その日のお薦め食材を使って美味しいものを食べさせて欲しいとリクエストしました。

最初に先附としてでしょうか、さざえまで四品一緒に出てきました。
翡翠茄子
薄味ながら、しっかりとした味。
ほのかに鰹出汁の利いた上品な出汁加減、飲み干しました。
なす

銀餡
銀杏1 (2)

塩が添えられてありましたが、付けなくても充分美味しい。
銀杏2

白和え
これも薄味ながら、しっかりとした味。
薄味になると腑抜けた味になることが多いのに・・・・
白和え

サザエの壺焼き
塩味抜群
さざえ2

酒は、左から喜久酔大吟醸、真ん中は失念、右は八海山純米。
酒

椀物
無花果が丸ごと。
菊の花。
昆布出汁が勝った、マッタリ感溢れた好みの味。
無花果が不自然なく、存在していました。
椀1

造り
炙った魳・鯵・鱸・鯛、菊の花
どれも美味しかったのですが、鯵は乗りすぎというくらい脂が乗っていました。
造り

鮑・胡瓜・梨、を塩水?に浸けたもの。
口がとても爽やかになりました。
鮑

「あしたか牛」のしゃぶしゃぶ・胡麻ダレで
サシの量が絶妙で、爽やかに味わえました。
牛

鯵の鮨・茗荷の中に金山時味噌
鮨もさることながら、茗荷の美味しさは絶妙。
鮨

焼き魚 小型の甘鯛
これには驚き。甘鯛特有の癖が無く、極めて上品な味。
最高に美味しかった。
昆布の佃煮も絶品。
魚

飛龍頭と辛味大根
飛龍頭は、しっかりとした濃いめの味。でも美味しい。
飛龍頭

じゃこご飯
お代わりを、したかった。
ご飯

上品な京風赤出汁。
赤出汁

水菓子
小豆の水羊羹・葡萄
品の良い味でした。
水菓子

まごうことなき「蓬莱旅館」の味でした。
煌びやかさは微塵もありませんが、しみじみ美味しい。
すべての料理が美味しかった。家族四人、全員が大満足でした。
大好きだった「蓬莱旅館」が無くなってしまったこと、今更ながら残念でたまりません。



ふじ原 2013夏

ふじ原 2013夏
09 /11 2013
大分の地酒「ちえびじん」純米吟醸
少し甘く、後口のすっきりさが足りなかったですね。
酒1

料理は「おまかせ3品」をそれぞれ注文。
6品の二人で食べる方式です。
薩摩芋・マンボウの腸・茶豆・蒟蒻と根三つ葉、真ん中がゼンマイのとろろかけ
特徴の無い先附でした。
口取り

鱧の焼霜、大根のあしらいが鶴
鱧の脂の乗りがよかった。
鱧

鰆の炙り・生しゃこ・鯛・烏賊・〆鯖・鰹
〆鯖が生に近かった、もう少ししっかり〆てある方が好みです。
造り

和歌山の地酒「紀土」純米吟醸。
「ちえびじん」よりすっきりとしていて好み。
酒2

蛤の酒蒸し
かなり薄味でした。蛤は少し生っぽい。
蛤

鯛のあら煮、牛蒡に味が浸みていなかったのが残念。
鯛

トウモロコシ・雲丹の粉
トウモロコシは甘かった。
口直し

鮪のネギマ
タレがくどく、重く感じました。
ねぎま

岩手の地酒「浜千鳥」吟醸
「ちえびじん」と「紀土」の中間といったところでしょうか。
酒3

河豚の唐揚げ・ししとう
塩味がしっかり効いていました。この塩加減は、まさに居酒屋の味。
河豚

コース以外で、相方の注文。
蓮根饅頭
餡の味がかなり濃い目。
蓮根

にゅうめん
醤油味の汁がかなり濃いめ。期待外れでした。
にゅうめん

相方の注文
湯葉と野菜の雑炊、味が薄すぎたとのこと。
雑炊

漬物
香の物

薄い味のものと、濃い味のものが極端でした。
以前より味のバラつきが気になりました。
カウンター席で、隣のグループの中年婦人の一人が、タバコを吸いまくっているのには閉口しました。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!