石葉(湯河原)

石葉(湯河原)
02 /19 2013
日本におけるミシュランの評価が信頼に足りうるものか、意見の分かれるところではありますが、とにもかくにも2011年から「☆☆」を取っている料理です。
暖簾

☆☆とは関係なく、「うち山」時代から中田氏の料理は大好きです。
追っかけをしていると言っては大袈裟かもしれませんが。
献立

食前酒は、自家製の金柑酒。
かなり甘かった。
食前

豆腐の上に乗っている蕗の薹の唐揚げの香りが素晴らしい。
出汁は鰹。
先付

酒は静岡の磯自慢大吟醸。
すっきりとして香りの良い酒でした。
酒

稲荷寿司の中には麻の実が入っています。
鶉は癖の無い味。
八寸

湯葉の摺り流しは少し温かったのですが、具は熱々でした。
塩鰤の皮がパリパリとしていて良いアクセントになっていました。
これも鰹出汁。
椀

とても甘い赤貝でした。
カサゴはあっさりとしていましたが、アサツキの香りは素晴らしく、モミジおろしも爽やかで素晴らしいものでした。
モミジおろしの横にあるのは鮟胆。
相変わらず、あしらいが素晴らしい。
造り

これは二人前。
大中寺芋はとても甘かった。
焼き物

鍋物は眼の前で作ってくれます。
鍋1

野性のクレソンの歯応え、香りは素晴らしい。湯布院の玉の湯を思い出しました。
長葱も充分甘く、鴨ももちろん美味しかった。
鍋

黒七味
黒

メヒカリの脂の乗りは素晴らしいのですが、ここでは少しクドく感じました。
揚げ

白和えの素晴らしさに料理のレベルを感じます。
止

浅利ご飯の入ったお釜。
釜

浅利ご飯も美味しかったのですが、すでに満腹でした。
とても残念。
ご飯

グレープフルーツゼリーの食感がザラザラしていたのは、どうしてだろう?
苺の甘さは、まずまず。
苺

おしるこは、品の良い甘さ。
腹一杯でも大丈夫。
甘

今回は、以前より渋めの感じ。
鰹出汁が多かったようですが、帰り際に出会った中田料理長は「少し前に良い鰹節があったので買い込んだ。そのことが影響しているかも。」との答えでした。
スポンサーサイト

八泉 2月 (2013)

八泉 2月 (2013)
02 /10 2013
今月のお花
メインはネコヤナギ。
花

いつもの立山。
酒

これで飲むと、いちだんと美味しく感じます。
酒器1


酒器2

金柑の蜜煮
和三盆糖とも思える上品な甘さでしたが、砂糖とのこと。
金柑

鮑・菜の花・長芋の炊き合せ
鮑

河豚の薄造り
甘さを充分感じる河豚でした。
てっさ

相変わらず美味しいポン酢。
ポン酢

河豚の白子
焼き加減・塩加減が抜群でした。
「旨いんだよなあ~、困ったことに・・・」
白子

甘鯛・百合根・きくらげの蕪蒸し
文句無しの銀餡。素材の素晴らしさを充分感じます。
蕪

鮪・細魚
いつもながら絶品の定番。
鮨

筍と青首鴨
それ以外は定番の八寸。
八寸

河豚と蕗の薹の唐揚げ
塩加減抜群。河豚の身の甘さ、蕗の薹の香り、素晴らしいものでした。
唐揚げ

赤貝・筍・うるいの酢味噌和え
品の良い酢味噌です。
酢味噌


蛤・麩・聖護院大根・焼葱
蛤の出汁、焼葱の仄かな香り、それを活かした薄味の出汁加減。
いつもながら絶品のお椀です。
椀

豆ご飯
ご飯


香の物

水菓子
パイナップルのスムージー
水菓子は、これで充分です。
水菓子

あびたろう

FC2ブログへようこそ!